この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

こんなサッカーのコラムばかり雑誌に書いていた。 (サッカー批評叢書) 単行本 – 2001/2

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 349
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   この人のサッカー愛は、あまたのサッカーファンや評論家をねじ伏せる静謐なパワーを持っている。本書は、1999年夏から2000年末まで週刊サッカーマガジン誌に掲載されたコラム「バックスタンドの眼」を主体とする批評エッセーである。著者が1960年代から続けているサッカー観戦を通した生の知識と思考が生きており、一般的なサッカージャーナリズムが拾い損ねた側面に丹念な目配りを示している。「情報飽食時代の只中で、その著者ならではの個性を輝かせることは針穴に糸を通す作業に等しい」と著者自身は述べているが、本書はその難しい作業を十分にこなしており、「金切り声を簡単に発しない蹴球退屈男」であるディープなファンに楽しみを与えてくれる。

   日韓OB戦、エポック社のサッカーゲーム、Jリーグ中堅選手の訃報、1980年代の日本人欧州プロ対決、弱すぎる甲府をはじめとするJ2チームへの愛情、印刷物フェチとしてのパンフレット類の収集、サッカー離婚、女子サッカーやフットサル、totoに関する先行取材と研究、Jリーグ日程作成の秘密、独特のスタンド観戦術、Jリーグ選手協会訪問など、着眼点のおもしろさを挙げればきりがない。その博覧強記ぶりには驚かされるばかりだが、著者の観戦と批評のキャリアからすれば、もっと独断と偏見に満ちてもいいから論考的内容が増えることを期待してしまう。それほどまでに、サッカーのフェティッシュ(マニアックな愛玩対象)が満載された充実のコラム集である。(松木晃一)

内容(「BOOK」データベースより)

サッカージャーナリズムの欠落部分を埋める「同時代批評」。佐山ワールドが横溢!珠玉のサッカーコラム集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 367ページ
  • 出版社: 双葉社 (2001/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575291994
  • ISBN-13: 978-4575291995
  • 発売日: 2001/02
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,511,715位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2008年6月29日
形式: 単行本
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告