この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

こんどこそ!レイヤーの使い方が本当にわかる本 (絵師マスターズガイド) 大型本 – 2012/3/3

5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2012/3/3
"もう一度試してください。"
¥ 18,409 ¥ 254
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

レイヤーを使いこなしてクオリティアップ!
レイヤーの使い方がわからない、やたらとレイヤーが増えてしまって管理できない、乗算? オーバーレイ? なんだそりゃ。
そんな迷える絵師に贈る、レイヤーテクニック講座。知ると知らないとでは絵の出来もグっと変わってくる!

専門学校の講師でもあるおぎのひとし先生が、これまでの指導の経験をもとにレイヤーの扱い方を伝授!
分ける必要がないのにレイヤー分けして混乱してしまったり、レイヤーの機能を使えば簡単にできることを
手作業で長時間かけてやっていたり……生徒たちが陥りやすかった落とし穴を徹底フォロー。
PhotshopとSAIではレイヤー機能が異なり、その結果両ソフトに適したレイヤーの使い方もそれぞれ異なります。
そんな両ソフトの使い方の違いも丁寧に解説!


CHAPTER 0 イラストメイキング
CHAPTER 1 レイヤーの基本
CHAPTER 2 レイヤー便利な機能
CHAPTER 3 ソフトごとのレイヤー機能
CHAPTER 4 レイヤーの活用方法

内容(「BOOK」データベースより)

乗算、焼き込みリニア、スクリーン、オーバーレイ、調整レイヤー、レイヤー効果、ペン入れレイヤー、クリッピング…etc。レイヤーでできること、使いどころがわかる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 128ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2012/3/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797368640
  • ISBN-13: 978-4797368642
  • 発売日: 2012/3/3
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 372,740位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

レイヤーだけでなく、それに付随してよく使う機能&基本的な機能の解説もあるので、初心者にはかなり有意義な本だと思います。デジタルソフトの機能を駆使して、いかにもCG!という絵を描きたい方にはおすすめです。(ただし初心者とはいっても、ある程度の経験がある人でないと内容を理解するのは難しいと思います)

ですが、デジタルであってもアナログに近い塗り方をする人や、露骨にCG感がある絵は好まない人には…微妙かもしれません。私も、基本は少ない(せいぜい2〜3枚)レイヤーにぐりぐりと色を重ねていくアナログに近いスタイルなので、この本で解説されている十数枚ものレイヤーを使う方法は、あまり参考になりませんでした。ですがそれでも、デジタルの恩恵をより効果的に享受するために、機能を熟知しておくのは有意義なことですし、いくつかの解説は私のスタイルでも応用できるものでした。

個人的に一番良いと感じたのは、それぞれの合成モードの効果と使い方が詳しく解説されている点です。いくつかのモードの比較例も載っていて、狙う仕上がりによって使い分けるポイントがわかります。

お値段の割に、私個人として参考になる部分が少なかったため☆3つとしますが、人によっては大いに役立つ本であることは間違いないです。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Photshopは持っているものの、機能を使いこなせていなかった。オーバーレイなんだそりゃってまさにそのとおりで、通常以外のモードがイラストで「何に使えるのか」が分からず手もつけていませんでしたが、やっと分かりました。ベースの色さえカッチリ塗っておけば、レイヤーの機能でわりと簡単に影とかの塗りが見栄え良くなるのが分かって、今までレイヤーを増やしては色を選ぶのに苦労しながら塗り重ねていた手間と時間がなんだったのかと。空気遠近法と環境光をとりいれる手法はちょっと感動しました(しかも簡単)。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
いわゆるテクニック満載集ではなく、レイヤーって何?といった基本的なところから解説があるので
初心者の方から役に立つ本だと思います。
私もそうですがレイヤー関してきっちりと勉強し直したい人にも向いている内容かと思われます。
とくに合成モードの解説が非常にわかりやすく、それだけで読んだ価値がありました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
レイヤーやsai,Photoshop でのイラストの描き方が今一つわかっていなかったので、購入。
確かに独学でやるよりも、わかりやすいです。(Webサイトで探してもあると思いますが私はゆっくり読み込んで実践したい派なので)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告