通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
こんとあき (日本傑作絵本シリーズ) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【メール便にて、迅速に発送致します】中古のため表紙に使用感、表紙とページ部分に多少の経年によるヤケがございます。しかし、読むには差し支えないコンディションです。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ) 大型本 – 1989/6/30

5つ星のうち 4.9 98件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 447

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)
  • +
  • はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)
  • +
  • ぐるんぱのようちえん
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 103pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   「あき」のおもり役としておばあちゃんのところからやって来た、キツネのぬいぐるみの「こん」。あきが大きくなるにつれて、こんもだんだん古くなり、とうとう腕がほころびてしまった。「さきゅうまちに かえって おばあちゃんに なおしてもらってくる」というこんに、あきは「わたしもつれてって」。2人だけの、大冒険が始まった。

   しっぽを電車のドアにはさまれたり、犬に砂の中に埋められたり…。次々と大変な目にあっても「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と言い続け、あきに心配をかけまいとする、こん。おばあちゃんの家を目指し、こんをおぶって広大な砂丘を必死に歩く、あき。互いを思いやるふたりの友情に、胸が熱くなる。

   なんといっても魅力的なのは、こんのキャラクター。すいすいと電車に乗ったり、おいしい駅弁に詳しかったりと妙にたくましく、世慣れしているのがおかしい。そして、必死であきを守ろうとするけなげなその姿が、読み手の心をぎゅっとつかむ。(門倉紫麻)

内容紹介

こんは、あきのおばあちゃんが作ったキツネのぬいぐるみです。あきが成長するにつれ、こんは古びて、腕がほころびてしましました。あきはこんを治してもらうため、こんと一緒におばあちゃんの家にでかけます。あきは、電車でこんとはぐれたり、犬に連れさられたこんを探したりと、何度も大変なめにあいます。こんとあきは無事におばあちゃんの家にたどりつくことができるのでしょうか?互いがかけがえのない存在であるこんとあきの冒険の物語。


登録情報

  • 大型本: 40ページ
  • 出版社: 福音館書店 (1989/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834008304
  • ISBN-13: 978-4834008302
  • 発売日: 1989/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 27.6 x 21 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 98件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,569位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 やっかー 投稿日 2016/12/11
形式: 大型本 Amazonで購入
15年以上前に母が娘に読んで聞かせてくれていたものです
こんとあきの関係が娘とクマのぬいぐるみの関係と重なり、
しっぽが切れてしまったときは皆で涙した思い出があります
成人した娘が、この本を思い出して探しましたが見つからずずっと探していました。
ネットで見つけ即購入しました」
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
まず大人が読んで、不覚にも泣きます。胸にぐっときます。おばあちゃん子なら、さらに倍増です。
ファンタジーですが、ぬいぐるみのこんはしゃべります。
擬人化しているなあと思いながら読み進めているうちに、気づいたらその世界に自然と入っています。
それはあきの世界に入った証拠。
あきの世界に入ってからの物語の展開は、大人が読んでも自らが体験した子供の世界を甦らせてくれとても懐かしく、
昔接した祖父母の温かさも思いだし、忘れかけていた子供のころの自分を大人になった自分が振り返ることができる、そんな作品です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
娘の大大大好きな本です!!「足跡」はこの絵本で知りました。絵本を読みながらこれはなんの足跡なのかお喋りしていましたね。
林さんの絵本は絵が素敵で、どの絵本も娘はお気に入りです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
娘は自分と2人のおばあさんを思ってか真剣に読んでもらっていました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
(追記;郵便局で、林明子さんの童画の記念切手を発見❤この絵本の最後の挿絵も入って、どれもあきにそっくりの愛らしい童女に胸キュンです。)

-------------------------------------------------------------------------------------

この絵本は、母親の私が、なぜだか泣けてくる本です。

理由は、あきが、うちの娘の幼い時にそっくり、だからです。

赤ちゃんのあきが、少しづつ成長していく絵は、娘が大きくなってきた姿そのもの。
ふっくらした赤いほっぺも、つぶらな瞳も、よちよち歩く姿も、髪の毛まで。。。日本人の小さな女の子は、みんな似ているのかな?とにかく瓜二つで、娘のちっちゃな時の姿が、いやでも重なってしまうのです。

ーそう、こんなに、可愛かった。そう、こんなだった。こんな感じで眠っていて、こんな感じで歩いて、こんなふうにお座りしてよく人形遊びしていたっけ。。。
旅に出た時も、こんなふうに窓の外を見て、ちょっと緊張していて。。。(だめだ、もう鼻水も涙もでてくる。。。)

こんの帰りを待っていて、ひとりぼっちで不安な時のあきも、私が娘をしかたなく一人で待たせざるをえなか
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
ぬいぐるみを持ち歩いている女の子の空想を描いているのではなく、ぬいぐるみが人間と何となく共存している、ふわっとした世界観です。このぬいぐるみのこんがそれはもう健気で泣けます。終わりに近づいた辺りでこんがあきを安心させようと何度もつぶやく様子が、そんなになってまで、と辛く、子供に読んであげる際には涙声になるのを必死で抑えています。うちにも育児担当でこんと同じように子供の様子を見てきたぬいぐるみが二人いますが、共感を禁じ得ないでしょうねぇ。大事にしてあげたいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
ぱく…
野良犬が「こん」を、くわえて行ってしまうところで、
いつ読んでも、娘たちはドキドキします。

でも、「あき」が
砂丘に埋められたぺっちゃんこの「こん」を見つけ、
おばあちゃんが、お風呂に入れて、元どおりにしてくれると、
娘たちも、ほっとします。

お休みの一冊に、よく、読みました。

ほころびのできた
ぬいぐるみのきつねの「こん」を、
遠方のおばあちゃんの家まで、二人(こんとあき)で出かけて、直してもらうお話です。

きれいな砂丘の挿し絵に、
鳥取砂丘をかけ上がり、海を眺めた記憶が、絵本と重なります。

それにしても、
行きの新幹線?で二人が食べている「おいなりさん弁当」のおいしそうなこと!
プリンがついてるなんて、最高です。

挿し絵を見ながら
いつも、うらやましいし、
新幹線の駅弁コーナーで、無意識に、探している私が、いまだにいます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す