通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫) 文庫 – 2016/5/20

5つ星のうち 3.1 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • これは経費で落ちません!  ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)
  • +
  • 経理部は見ている。 (日経プレミアシリーズ)
  • +
  • 人事部は見ている。 (日経プレミアシリーズ)
総額: ¥2,430
ポイントの合計: 168pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

森若沙名子、27歳、彼氏なし。入社以来、経理一筋。きっちりとした労働と、適正な給料。過剰なものも足りないものもない、完璧な生活をおくっている、はずだった。
最近、そんな気配のなかった同期に恋人ができてしまい、少し迷いが生じている。ある日、営業部のエース・山田太陽が持ち込んだ領収書には「4800円、たこ焼き代」。経理からは社内の人間模様が見えてくる?

内容(「BOOK」データベースより)

森若沙名子、27歳、彼氏なし。入社以来、経理一筋。きっちりとした労働と、適正な給料。過剰なものも足りないものもない、完璧な生活をおくっている、はずだった。最近、そんな気配のなかった同期に恋人ができて、少し迷いが生じている。ある日、営業部のエース・山田太陽が持ちこんだ領収書には「4800円、たこ焼き代」。経理からは社内の人間模様が見えてくる?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 256ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4086800829
  • ISBN-13: 978-4086800822
  • 発売日: 2016/5/20
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 46,952位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 奉先 投稿日 2016/6/13
形式: 文庫
天天コーポレーションで働く様々な人間が、時に厳しく、時に優しい(?)沙名子の内なる声を通して上手く表現された作品でした。続編を期待します!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ことあるごとに「経費では落ちません。」って言葉が出てくると思ったけでど、
全く出てこなかった。
イメージと違ったかな。

内容としては
石鹸メーカーの経理部に勤める地味だけどしっかり者の独身27歳、OL森若を取り巻く物語。
日々が足りてることを大切にする主人公だが、経理関係のどたばたに巻き込まれる...。

経理の専門的な話はなく、さくさくと読めます。
ただ、様々な人の名前と呼称が出てきて、誰が誰なのかが分かりにくかったかな。

だんだん太陽を応援したくなります!
がんばれ!
続編があればいいな。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いわゆる「お仕事小説」好きですが、コレは結構、バランスの良い作品だと思う。
このテの小説は、仕事と人間模様のバランスが重要。
「仕事」に振り過ぎると薄っぺらい内容になり、「人間模様」に振り過ぎるとその仕事でなくてもよくない?ってなる。
主人公の仕事、スキル、性格の組み合わせがありそう、と思わせてあんまりない。

単体小説としての評価は星4つ。
途中でワケのわからんキャラクターがガーッと出てくるので「なんこれ」ってなります。
同じ作者で「風呂ソムリエ」って小説がありますが、それが1部みたいなモノで、本作が2部。同じ会社の別部署を描いています。
風呂ソムリエに登場したキャラクターのその後がちょいと描かれているので、続けて読むのがオススメ。
両方合わせて星5つです。

ちな、風呂ソムリエは(評価は投稿してませんけど)単体だと星3つですかね。本作と比べると何やらぼんやりとした印象です。
どうでもよろしいですが、天天コーポレーションは美人率高すぎですな。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公の森若さんがすごく魅力的でした。
ここで終わるのかー!って登場人物の今後が気になる終わり方だったので、続編があればぜひ読みたいです。
でも登場する女性たちの、「良い人たち・仕事が出来る女」はみんな化粧っ気があまりないけれど美人で、「問題を起こす女」はみんな厚化粧、っていう設定は少しベタというか、ステレオタイプだなあと感じる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
天天コーポレーションの経理担当の話ということで、どんな内容かと思いましたが、森若さんのさばさばした性格がいい感じで好感を持てました。次回作を期待します。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 27歳のできる美人経理部員、森若沙名子、石鹸で名を馳せた「天天コーポレーション」で企画部、開発部、秘書課の友人や天然の部下たちと業務をこなす。
「青木、祐子」のさっパリとした、文体が流れるように物語に引き込む。女子の性格描写が面白い、毎日のお化粧のバランスに心の変化を見る。
 一人暮らしの女子の生活の思考、希望、恋人募集、が生き生きと描かれる。
これはブレイク間違いなしの、作家。
次回作を大いに期待。書店ガールとは違う、冷静で緻密な文体、展開にかなり描ける力量あり。
 男子にもオススメ。
追記、大阪の駅前書店で、3段山積みに、また見直されてます。作家さんへ、続編期待しています。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
馴染みの書店を訪ねる度に目についていた本作のタイトル。
また、『4800円、たこ焼き代』など、興味をそそるブックカバーの裏のあらすじ。
そして、「たちまち4刷!! 大重版! 今、売れに売れてます!」との帯の文字。
積読本がたくさんあるため結構我慢してきましたが、とうとう我慢ならず、本書を購入し、一気に読了。

ズバリ、申し上げます。
私にとっては、あまり面白味を感じない作品でした。

ただ、本作の主人公と同年代だったり、同種のお仕事をされいたり、同様な境遇にいらっしゃるような読者の方々にとっては、面白い部分もあるのかもしれません。

読了後に実感するのは、やっぱりタイトルって大切で、影響力あるねぇ...ということ。
いい意味でも、悪い意味でも。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー