通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
これならわかる! 英語冠詞トレーニング がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに微スレはありますが、冊子内部書き込みや破れ、致命的な折れ跡等なく状態は概ね良好です。クリアパックにて防水簡易包装した後、迅速に発送いたします。お届けした商品に万一不備がある場合は返金保障いたしますので、評価入力前にお気軽にご連絡頂ければ責任を持って対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

これならわかる! 英語冠詞トレーニング 単行本 – 2012/8/9

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/8/9
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,350

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • これならわかる!  英語冠詞トレーニング
  • +
  • わかりやすい英語冠詞講義
  • +
  • aとtheの底力 -- 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

石田秀雄
東京都生まれ。上智大学経済学部および外国語学部を卒業後、東北大学大学院経済学研究科、大阪教育大学大学院教育学研究科、北海道大学大学院文学研究科で学ぶ。現在、京都女子大学文学部教授。専攻は、英語教育学・英語学。著書に『わかりやすい英語冠詞講義』(大修館書店)がある。


登録情報

  • 単行本: 197ページ
  • 出版社: ディーエイチシー (2012/8/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887245319
  • ISBN-13: 978-4887245310
  • 発売日: 2012/8/9
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 117,099位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 マーク・ピーターセンの「日本人の英語」の冠詞の説明は、いかにも禅が好きそうな日本通の外国人の説明としか思えませんでした。そこで、もう少しわかりやすい解説はないものか、と思い、「これならわかる!英語冠詞トレーニング」(石田秀雄、DHC)、「ネイティブが教える本当の英語の冠詞の使い方」(デイビッド・セイン、研究社)、「英語の冠詞がわかる本」(正保富三、研究社)、「aとtheの使い分け 〜ネイティブのセンスを1日で覚える(冠詞だけ極める)」(Amelia Richardson、Kindle版)の4冊を読んでみました。それぞれに特長がありますが、一番わかりやすかったのはこの本でした。
 「ネイティブが教える本当の英語の冠詞の使い方」(デイビッド・セイン)、「aとtheの使い分け 〜ネイティブのセンスを1日で覚える(冠詞だけ極める)」(Amelia Richardson)は、どちらもネイティブの方なので、非常に説明は明快です。ネイティブの感覚だと、ある程度意識的に気にしているのはこういう部分なのか、という意味で勉強になります。セインの強引に訳した例文や演習部分はためになりました。Richardsonは、本当に短い本ですが、一番肝心なところに説明が絞られているので、読んでいる間は「これだけでいいのか」ととても気が楽になります。どちらも明快な本なのですが、逆に言うと、あるところから先
...続きを読む ›
1 コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
意外にもというか、語学関係とは無縁と思えるDHCの出版によるものだが、
内容はこれまで読んだ、どの冠詞関連の書物よりもわかりやすかった。
日本人学習者にとって、もっとも理解しにくい冠詞の入門書として、また、
中級レベルの学習者にとっても、学ぶべき点が多い本だ。
また、小テストがたくさんでているのも、学習書として適切だと思う。
2 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
日本人が何気ない状況で正確な冠詞を用いることはできない、と思う。Native English speakerのようになれるはずがない、と思う。日常の会話の中で、できるだけ正確な冠詞を用いること、英語論文を執筆するときにできるだけ正確な冠詞を用いること、このことに関してはこの本で十分だと思います。決してレベルが低いと言っているわけではありません。一読の価値はあると思います。さらっと通読してください。2回以上。『英語の冠詞がわかる本[改訂版] 』よりもずっと実践的だと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
冠詞は日本人にとって非常に難しい分野だと思います。でも学校ではそれほど時間をかけて学んでいません。自分も英文を読んでいる際、名詞の前に a, the が付いていたり無冠詞になっていたりしても、ほとんど気にせず読み進めていました。そして読み終えた英文を分かった気になっていました。
この「これならわかる!英冠詞トレーニング」は、単なる穴埋め問題ではなく、英文を解釈する問題がメインで構成されています。その問題を解くことによって、英文を書いた人の気持ちや書いた時の状況が分かるようになりました。冠詞があるときとない時、定冠詞か不定冠詞かで、英文に込められている意味が違う事を学び、今まで以上に英文を読むことが楽しくなりました。また、わからない単語特に名詞を調べる際、今までは辞書の最初に出てきた意味を覚えていましたが、この本で冠詞を学ぶことによって可算名詞と不可算名詞の両方の意味がある場合にはその両方に注意を払うようになりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告