通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
これだけ! KPT がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ毎日発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

これだけ! KPT 単行本 – 2013/8/23

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 902

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • これだけ!  KPT
  • +
  • これだけ!  PDCA
  • +
  • これだけ!  SWOT分析
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「なかなか事象の共有ができない」「リーダーとメンバーの問題意識にズレがある」「問題を洗い出してもその先が続かない」というリーダーの悩みを解消するために、視覚的にわかりやすく、導入コストもかからず、かつ効果もダイレクトに実感できるという、便利すぎるフレームワークが「KPT」です。仕事や活動をふりかえり、「継続(keep)」「問題点(problem)」「挑戦(try)」の3つの視点で整理する「KPT」を徹底解説します!

内容(「BOOK」データベースより)

Keep:いいところ、Problem:悪いところ、Try:改善のためにやること。これらをしっかり共有するだけで業績&チームワークは劇的にアップする!シンプルで効果絶大!すぐに使える新手法!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: すばる舎 (2013/8/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4799102753
  • ISBN-13: 978-4799102756
  • 発売日: 2013/8/23
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 133,993位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
Keep, Problem, Try(KPT)という3つの視点からの振り返る、手法に関する実用書。

もしあなたの周辺でPDCA、PDCAと念仏のように唱えられていても、あまり気にしない方がよい。PDCAでは何も起きない。ものごとは行ってみてはじめてわかることがある。PDCAではなくDCPAが大切なのだ。

しかし、DCPAと唱えるだけでは足りない。DのあとのCPAをどのように回すのか、それをシステムとして検討すべきだ。そして、DからのCPAは素早く、回転数を高く行いたい。実施容易性が重要なのだ。

CPAに迷ったとき、本書はあなたを助けてくれる。特に第3章「実践! KPT(基本編)」は実用的だ。実際の現場で、Keep, Problem, Try(KPT)をどのように具体的に運用するのか、どんな点に注意すべきか、どのような効果が期待できるのかが極めて実践的に示されている。

読みやすく、そして実用的な本書は、KPTに初めて触れ役立てたいと思ったときに最適といえる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
KPTは、ふりかえりのフレームワークである。「けぷと」と呼ぶ。

A4用紙を横にして、左上半分、左下半分、右半分に枠ができるよう線を
引く。それぞれの枠に、Keep、Problem、Tryを埋めていく。

うまくいった行動の中で次も続けたほうがよいことを「Keep」に書く。
未だ問題となっていることがあれば「Problem」として挙げる。
「ダメなところを直す」「よいところをさらによくする」を「Try」に記す。

本当にこれだけ。
だが、人を巻き込み、PDCAの「C」と「A」を加速させるのだ。

---

模造紙と付箋紙。ホワイトボードとボードマーカーも相性が良い。
手作り感満載だがバカにすることなかれ。数々のソフトウェア開発現場、
大手企業でも採用されている。

私も愛用者の一人。手軽さと楽しさがある。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今迄、何となく、ふりかえり会でKPTをやっていましたが、
この本で本当の意味を知ることができました。
KPTの手順もよく分かりましたし、
KPTとPDCAの関係からCAP-Dの紹介は感動しました。
この方法で実際にやってみたいです。
そしてKPTの指標がどうなるか楽しみです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
KPTで会議をすると、不思議と混乱や無駄な脱線、不公平がなくなる。
ふと気付けば、KPTはファシリテーションを自然に行なえる手法だった。

KPTをやるためには、この本は最適。この本を読んで実行すれば、会議が変わっていく。
仕事の質が上がっていることを実感できた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
タイトルはKPTとあるが内容は仕事のやり方を良くし、チームを育てて行くために必要な知識がもれなく書かれている本です。実践的な内容が多く、何からやればいいのかわからないという新米リーダーや自分のチームにマンネリ感を感じ始めている人に特にお勧めです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
keepにやってよかった事、problemに問題、tryにやりたい事を整理するのフレームワークがKPT

このフレームワークのすごい事は単独で使用するのでなく、使い方が多様である事

人事評価自己評価なら、keep をのべ、problem をあげ、対策としてtryを言う。
人事評価面談上司側なら、keepを確認、problemを質問、アドバイスでtryにもっていく。
会議なら、意見をkeep problem tryに整理していく事で会議効率が上がる。

PDCAと組み合わせる事でPDCAサイクルも回しやすくなる。
KPTは、問題解決補助ツールである。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告