中古品
¥ 997
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに擦れ、傷みあり。ご注意:この商品は併売(EK)のため品切れの際はご容赦ください。商品の状態も展示疲労している場合があります。包装後、都内より発送いたします。(音楽)T
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

これだけは知っておきたい 土田京子の 説き語り 和声法講座 単行本 – 2009/7/18

5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,066 ¥ 996
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「分かる日本語で書かれた和声法の教科書」土田先生が、やさしい言葉で語る和声法の初の入門書

西洋音楽の歴史の流れの中で「和音」というもの、一緒に鳴り響くいくつかの音をどのように重ね、響かせたら美しいか。ある和音が鳴ったら、そのすぐ後をどんな響きのグループが引き受けたらきれいだろう…、それらが研究されたものです。この「和声法」は、西欧の音楽家たちが何百年もの間、工夫を重ねて残してきた「経験則」、「智恵の固まり」なのです。(本文より抜粋)和声法と聞くと、敬遠しがちな理論書です。そんな「難しい?」から脱却し、身近なことからひも解いて行きます。一度挫折した経験のある方に、お勧めの1冊です。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

土田/京子
東京都立駒場高校音楽科を経て、東京藝術大学作曲科卒業。トロント王立音楽院ピアノ科卒業。1977年から1994年まで聖徳学園短期大学(現聖徳大学)音楽科講師。1994年から2007年まで、同志社女子大学音楽科講師。東京・京都・福岡・熊本にて音楽研究グループ“ティータイムトーク”を主宰。東京・練馬にて、音楽教師の再教育塾「説き話り音楽塾」を主宰、豊かな教師力の養成に全力を挙げている。現在「アカンサス音楽教育研究所」所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 152ページ
  • 出版社: ヤマハミュージックメディア; A5版 (2009/7/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 463681651X
  • ISBN-13: 978-4636816518
  • 発売日: 2009/7/18
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 451,442位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.6

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
芸大和声のサマライズ本です。
1〜2と3の一部を簡単にまとめた本で、類書がほとんど無いことも併せて非常にお勧めのはずなのですが。
著者が妙な工夫をしてしまったため、台無しになってしまいました。

転回形を記述する際、芸大和声では、添え字で数字を付けます。
ところが、この本では、欧米型?の記法になっているため、芸大和声との整合がとれなくなっています。
結果、非常に読みにくく(転回形はいたる所に出てきますから)、サマライズ本として役に立たなくなってしまっています。

この本を読もうとされる読者は、大部分が芸大和声に入る前の初心者か、勉強中or後によく解らなかったのでおさらいしようとする、
いずれにしても初心者の方ではないかと思います。
(逆に言うと、芸大和声を一通り理解したレベルの方であれば、読んで役に立つ点はありません)
そうした読者にとって、転回形の記述問題は致命的だと思います。

著者は、留学の際不自由だから、欧米型の記述にしたと記載していますが、これはかなり奇妙な話です。
留学するレベルにある方が、この本を手にするとは思えないからです。
想像ですが、これは著者のこだわり、つまり、単なるサマライズ本にはしたくないという見栄みたいなも
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
独りよがりの比喩に溢れ、かえって混乱すると思います。ある程度わかった人が読むと、比喩を理解できますが、丁寧にわかりやすくと思うあまりに回り道のくどい説明。文量に対して中身は薄く、全く時間の無駄でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
和音記号が、日本でよく用いられている、ローマ数字ではなく、西洋で一般的に用いられている、「数字付き低音」で書かれている。なじみがない点で、読みにくさは感じるが、バッハや、モーツアルトのスコアなどを読むときに役に立つ。

内容も、わかりやすく、親しみやすい言葉で書かれている。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ほら吹き VINE メンバー 投稿日 2013/4/10
形式: 単行本
いかにも、たのしく学べそうな表紙ですが、中身はひどいです。
わかるように書いてくれていません。
藝大和声の問題点をあげているのは、結構ですが、それを克服した記述にはなっていません。

ほかにも和声の本はありますので、そちらをお勧めします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
和声関係の本は色々読み、わからないページを何時間もかけて考えましたが、結局は理解・実感できないままでした。この本は、ハーモニーの性格や機能を、非常に感覚的にわかりやすく教えてくれます。また他の和声学の本と違って、バロックの数字付低音を読むのに、ほぼそのまま使える記述になっているのがうれしいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告