+ ¥262 配送料
通常6~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Bisco Club が販売、発送します。
+ ¥247 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


これから10年、新黄金時代の日本 (PHP新書) (日本語) 新書 – 2006/10/1

5つ星のうち3.8 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥2,376
¥2,376 ¥1
お届け日: 2月4日 - 9日 詳細を見る

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本経済はなぜよみがえったのか?好景気はいつまで続くのか?人口減少や格差社会など不安要素が払拭されたわけではない。さらに中国やインドの台頭が脅威となっている。それでも著者は、「恐るるに足らず」と力説する。改革は着実に成果をあげている。日本は、“イギリスの復活劇”と同じような道を歩んでいるのだ。世界で最も信頼性の高い経済誌『エコノミスト』前編集長が、日本の近未来を肯定的に予測する。また、経済だけでなく、靖国、原爆、テロ、EU問題についても論考。世界潮流が見えてくる一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

エモット,ビル
1956年ロンドン生まれ。オックスフォード大学で政治学、哲学、経済学の優等学位を取得。英国『エコノミスト』誌ブリュッセル支局員、ロンドン経済担当記者を経て、1983~86年、東京支局長として日本に滞在。その後、ビジネス部門編集長となり、1993~2006年、同誌編集長を務める。日本のバブル崩壊を予測した90年の著書『日はまた沈む』がベストセラーに。2006年2月には、日本経済の復活を宣言した『日はまた昇る』(草思社)を刊行し再び話題となる

烏賀陽/正弘
京都大学法学部卒業。幼少をニューヨークとロサンゼルスで過ごす。東レ(株)に入社後、ニューヨークと香港に駐在し、同社マーケティング開発室長を経て独立。現在、著述業に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : PHP研究所 (2006/10/1)
  • 発売日 : 2006/10/1
  • 言語 : 日本語
  • 新書 : 221ページ
  • ISBN-10 : 4569656390
  • ISBN-13 : 978-4569656397
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
5 件のグローバル評価
星5つ
23%
星4つ
39%
星3つ
39%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

VINEメンバー
2007年7月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2007年11月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2007年4月24日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2006年11月3日に日本でレビュー済み
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2007年1月21日に日本でレビュー済み
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告