¥1,485
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
これからの英語教育の話をしよう がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

 全てをチェック
何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


これからの英語教育の話をしよう (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2017/8/17

5つ星のうち3.8 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,485
¥1,485 ¥1,009
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • これからの英語教育の話をしよう
  • +
  • 「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか
  • +
  • 「なんで英語やるの?」の戦後史 ——《国民教育》としての英語、その伝統の成立過程
総額: ¥7,425
ポイントの合計: 75pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

藤原康弘(ふじわら やすひろ) 名城大学外国語学部准教授(第二言語習得論・応用言語学)
仲 潔(なか きよし) 岐阜大学教育学部准教授(批判的応用言語学・英語教育)
寺沢拓敬(てらさわ たくのり) 関西学院大学社会学部准教授(言語社会学・応用言語学)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

藤原/康弘
名城大学外国語学部准教授(第二言語習得論・応用言語学)。研究領域は国際英語の視点からの語用論、コーパス言語学、および英語教育学。著書に『国際英語としての「日本英語」のコーパス研究―日本の英語教育の目標』(ひつじ書房、2014年、英語コーパス学会奨励賞受賞)など

仲/潔
岐阜大学教育学部准教授(批判的応用言語学・英語教育)。研究領域は社会言語学、異文化コミュニケーション論から見たことばの教育

寺沢/拓敬
関西学院大学社会学部准教授(言語社会学・応用言語学)。研究領域は日本社会における外国語をめぐる政策・制度・言説。著書に『「なんで英語やるの?」の戦後史』(研究社、2014年、日本教育社会学会第6回学術奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
5 件のお客様によるグローバル評価
星5つ
53%
星4つ
22%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
25%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年1月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年10月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年11月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告