通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
これからの建築理論 (T_ADS TEXTS 01... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ソフトカバー・小口共に中古として良好な状態です。B6
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

これからの建築理論 (T_ADS TEXTS 01) 単行本 – 2014/12/29

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2014/12/29
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 812

booksPMP

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • これからの建築理論 (T_ADS TEXTS 01)
  • +
  • T_ADS TEXTS 02 もがく建築家、理論を考える
総額: ¥3,132
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

建築理論は、いま何を論じられるのか?
東京大学での議論から見えてくる建築の危機と継承される使命。
日本と西洋の“食違い"から未来が浮上する!

槇文彦、磯崎新、原広司ら、世界の第一線で活躍している建築家、建築評論家を一同に集め東京大学で行われた2つのシンポジウムを収録し、登壇者への個別インタビューとエッセイを加え、日本と海外における「建築理論」の現在について多角的に迫る一冊。

★T_ADSとは
東京大学建築学専攻Advanced Design Studiesの略称。最先端の建築デザイン教育と建築文化の向上に寄与することを目的として、隈研吾・千葉学・小渕祐介研究室が中心となり東京大学内に創設された組織。従来のように個々の研究室が独自の研究をおこなうだけでなく、グローバルとローカルが共存する社会で求められるテーマを分担した複数の「ラボ」が横断的に活動をおこなう。

【本書「FORWARD」(隈研吾)より】
1990年代以降、建築理論は世界的に停滞していて、静かであると言われる。建築家がグローバル経済の激流に翻弄され、考える時間、精神的余裕がなくなったからだとも言われる。しかし、9.11、3.11以降「考えざるを得ない状況」がわれわれの前に、すでにはっきりとした姿で現れている。その状況が、このシリーズをはじめるきっかけとなって、われわれは踏み出すことにした。

【主要目次】
Foreword(隈 研吾)
Preface(小渕祐介)
Symposium これからの建築理論(槇 文彦×磯崎 新×原 広司)
Essay 建築で何を学ぶのか(千葉 学)
Interview 都市と建築の思考とヒューマニズム(槇 文彦)
Essay 槇文彦の建築論――モダニズムの先(大野秀敏)
Interview 都市と建築をかき混ぜる物語(磯崎 新)
Essay 磯崎新から引き継いだこと、断ち切ろうとしたこと(青木 淳)
Interview 建築は、その気になれば先取りできるはずである(原 広司)
Essay 原広司から学びとったこと(小嶋一浩)
Symposium プロジェクション&レセプション(ジェフリー・キプニス×シルヴィア・レイヴィン×ジェシー・ライザー×梅本奈々子×ブレット・スティール)
Interview 建築文化を持続させるもの(ジェシー・ライザー+梅本奈々子)
Interview 建築が作動するところ(ジェフリー・キプニス)
Interview 建築のマルチ・プラットフォームは建築家に何を与えるのか(シルヴィア・レイヴィン)
Afterword(木内俊彦)

著者について

東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies
最先端の建築デザイン教育と建築文化の向上に寄与することを目的として、隈研吾・千葉学・小渕祐介研究室が中心となり東京大学内に創設された組織。従来のように個々の研究室が独自の研究をおこなうだけでなく、グローバルとローカルが共存する社会で求められるテーマを分担した複数の「ラボ」が横断的に活動をおこなう。


登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 東京大学出版会 (2014/12/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4130638505
  • ISBN-13: 978-4130638500
  • 発売日: 2014/12/29
  • 梱包サイズ: 18.2 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 344,505位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2015年2月4日
Amazonで購入
コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告