Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,263

¥ 141の割引 (10%)

(税込)
ポイント : 11pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[落合陽一]のこれからの世界をつくる仲間たちへ
Kindle App Ad

これからの世界をつくる仲間たちへ Kindle版

5つ星のうち 4.0 35件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,263
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 997

商品の説明

内容紹介

これから世界がどう変わるのか、伝えたい。

「コンピュータがもたらす新世界で輝くために、大切にすべきことがわかる一冊!」
Nakajin ( SEKAI NO OWARI )

 * * *

著者・落合陽一氏は、28歳という若さにして、世界的にも「社会を変える」と見られている最先端の研究者だ。

2015年には、米the WTNが技術分野の世界的研究者を選ぶ「ワールド・テクノロジー・アワード」を受賞する快挙を成し遂げた。
月刊『文藝春秋』(2016年2月号)では「日本を元気にする逸材125人」に選ばれた。
「現代の魔法使い」と称され、「嵐にしやがれ」「サンデー・ジャポン」などメディアにも数多く出演、メディアアーティスト としても活躍する異才だ。

落合氏は、コンピュータが人間の生き方に根本的な変革を迫っているという。

世の中のすべてが変わる。

たとえば、これまでのホワイトカラーの仕事は、何もかもコンピュータに持っていかれる。
勉強していくら知識を得ても何の役にも立たない時代になる。

そんな世界で生き抜くためにどうすればいいのか。

落合氏は若者たちに熱く語る。
「魔法をかけられる側になってはいけない。魔法をかける人間になれ」と――。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

内容(「BOOK」データベースより)

人呼んで「現代の魔法使い」。世界が注目する異能の研究者が語る「すべてが変わる近未来」―「ほんとうの21世紀」がやってきた今こそ、知っておくべきことがある。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2467 KB
  • 紙の本の長さ: 180 ページ
  • 出版社: 小学館 (2016/4/2)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01CZK0B2Y
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,266位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
IT化が急速に高まっている今、一番大事なのは「論理的な言語能力」だと言っていて、子育て中の親としては、
ほっとするやら嬉しいやら、そうかそうか、と胸がすく思いもし、斜め上からの子育て指南書にもなってました(笑)

親の視点で読んだ感想は、
・園からの帰り道の会話をもっと掘り下げて思考体力を養う手伝いをする。

『抽象的な感覚を言語化するために質問を重ね、
ブレイクダウンしてあげる。
思考を深めるための助け舟を出してあげる。』

・ネット検索の答えで満足せず
『検索で知った答えを自分なりに解釈して、
底に書かれていない深いストーリーを語ることが
できるかどうか。』

・将来の夢を子供と一緒に考える時に

『・それによって誰が幸せになるのか
・なぜいま、その問題なのか。
 なぜ先人たちはそれができなかったのか。
・過去の何を受け継いでそのアイデアに到達したのか。
・どこに行けば、それができるのか。
・実現のためのスキルは他の人が到達しにくにものか。』
の視点を持つこと。

・『自分が解決したい小さな問題』を大切にすること。

毎日怒ってばかりのママですが、良い視点を学ばせてもらいました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
◾️自分の専門を見つける為の5つの問い
●それによって誰が幸せになるのか。●なぜ今、その問題なのか。なぜ先人たちはそれができなかったのか。
●過去の例を受け継いでそのアイディアに到達したのか。
●どこに行けばそれができるのか。
●実現のためのスキルはほかの人が到達しにくいものか。
例として「ウナギトラベル」
「ウナギトラベル」が連れて行くのはぬいぐるみ
◾️「言語化は最高の思考ツール」
◾️「思考体力のある人間」
抽象的な感覚を言語化する。
◾️ホワイトカラーに変わる「クリエイティブクラス」
◾️重要なのは、「言語化する能力」「論理力」「思考体力」「世界70億人を相手にすること」「経済感覚」「世界は人間が回しているという意識」「専門性」である。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の言うことは確かに納得がいくし、コンピュータ社会でよりよく生きるための先駆けとなろうというテーマはその通りだと思うんだが
今の日本の教育は、未だに高度経済成長期モデルの中でノーマルに生きていく人間を作るためのカリキュラムで作られてる以上
コンピューター社会に対応できない人間を量産していくことになるのだろうし・・・そこを変えるためのアプローチを進めていかないと
不幸な若者は減らないと思うのが悲しい
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 フォート・リー トップ1000レビュアー 投稿日 2016/7/2
形式: 単行本
著者の落合陽一さんは、魔法使いのような不思議な魅力を持った科学技術者兼アーティスト。
振動エネルギーで重力を無力にできるマジシャン。
科学技術の成果を、不思議なアートの形に創造し直す魔力を持つ科学技術者。
私たち聴衆に、目で見えるように、手で触れるように、変形してくれるアーティスト。
超音波で膜を振動させる技術を応用して、シャボン膜上に美しい映像を浮かび上がらせる、
なんて芸当も実現できるマジシャンなのです。

本書は、これから自分の進んでいく道を模索している若い人たちへのエールの書。
コンピュータを友として、新世界をつくっていくクリエイティブ・クラスへの挑戦者たちへの
熱い「檄」の書です。

著者はこう言っています。

いま、人間はコンピュータと向き合うことで人間自身を見直す時期に来ている。
今日の人工知能環境では、自分の苦手な仕事や他人でもできる知的処理の仕事は、
コンピュータが自分の代わりに行ってくれる、そういう世界になっている。
クリエイティブ・クラスの人たちにとって、人工知能は自らの存在を脅かす敵ではなく、
自分の欠点や弱点をよく知ってくれる「親友」となるはず。
コンピュータは、人間の第二の頭脳
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
当たり前のことだが、コンピュータでできることをわざわざ人間がやる必要はない。ただの無駄だからだ。

人間しかできないことをやればいいのだ。ただ、簡単ではない。

多くの人間が、ぱっと思いつく仕事のほとんどが将来コンピュータで代替可能なことなのだ。

こういう人間は、将来コンピュータの下請けとして搾取されることになる。現代の資本主義体制が、資本主による労働者の労働価値の搾取であるならば、将来はコンピュータによる下請け労働者の搾取という新しい構造ができあがることになる。これは、なるほどな!と私も思った。

現在のホワイトカラーとブルーカラーの対立構造が、やがてクリエイティブ・クラス(代替不能な確固たるポジションを築いた人間)とその他搾取されるもの構造へ変わることも筋が通る。なぜなら、今のホワイトカラーがやっている仕事は、ほぼすべてコンピュータで代替可能だし、そうしたほうが効率的で経済的だからだ。(ただ、労働法制など他分野の制度面で、労働者側の政治的対抗圧力が機能することになるだろうから、一瞬でシフトチェンジという訳にはいかないだろうが)

偏差値の高い大学に行くことに意味はない、とまでは言えないが、ホワイトカラーになることを至上目標にしてガリガリガリガリただ闇雲に暗記して無理をしていくの
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover