通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
これからのエリートだけが知っている仕事の強みの磨き... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
18点すべてのイメージを見る

これからのエリートだけが知っている仕事の強みの磨き方 単行本 – 2014/10/15

5つ星のうち 4.1 22件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,490
¥ 1,490 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • これからのエリートだけが知っている仕事の強みの磨き方
  • +
  • チームの仕事を間に合わせる技術
総額: ¥3,002
ポイントの合計: 58pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「もしも、マッキンゼー/BCG/モルガン・スタンレー/Yahoo!/スターバックス/A.T. カーニーといった
企業の出身者と同僚になって、一緒に必死に仕事をしたら、どんな感じなんだろう?」

本書は、そんな追体験が痛快に楽しめる一冊です。

そして、彼ら・彼女らと数年間一緒に仕事をしたかのように、
彼ら・彼女らが持つ「仕事の強みの磨き方」を、学び取ることができます。


■内容の概略

【前半】
P&G出身である著者は、ライフネット生命の立ち上げ期から上場までの時期に、
様々な困難なプロジェクト、試行錯誤する日々を通して、
上記のような企業の出身者達とミリミリ仕事をする機会がありました。

そこで、本書前半では、

Yahoo!ジャパン出身・・・堀江泰夫
A.T. カーニー出身・・・辻靖
スターバックスジャパン出身・・・中田華寿子
モルガン・スタンレー出身・・・堅田航平
マッキンゼー・アンド・カンパニー出身・・・枡野恵也
ボストン コンサルティング グループ出身・・・岩瀬大輔

という6人がそれぞれ、どのような強みを発揮し、どのようにその強みを磨き上げてきたかについて、
過去の「エリート本」にはないレベルで、仔細に実例を挙げながら紹介しています。

どのくらいの「リアル感」があるかは、下記無料ダウンロードに「堀江泰夫」の章が収録されていますので、ご覧ください。
cm-publishing.co.jp/tsuyomi_dl/

【後半】
後半では、前半の6人の実例を踏まえながら、彼ら・彼女らに共通する「仕事の強みの磨き方」について分析を行ない、
個人として/組織運営者として、それぞれ参考になる点をとりまとめています。

彼ら・彼女らの行動特性の共通項は:

1.目の前の仕事に没頭する
2.自分の強み以外の仕事は、どんどん他の人を頼る
3.限界まで仕事をしたときのセーフティ機構を持っている
4.プライベートの基礎構築と維持に注力している
5.自分の強みとやる気が出るスイッチが分かっている

といった点です。
これら内容の解説を行った上で、

個人としてどうやってこれらの行動特性を身につけることができるか?
組織として、どうやってこういう人材を集め、そして力を発揮させることができるか?

の2点について、ライフネット生命の事例を使いながらご紹介しています。


■主な読者ターゲット

・20代後半〜30代で、密かに自分には自負と自信がありながらも、こうした超有名企業出身の連中の実力がどの程度か、
そういう企業に転職してみたらどうなるか、といったことに興味のある方々

本書を通して、バーチャルにこうした面々と同僚になり、働き、何かを学び取るといった体験をすることができます。

・10〜100人規模のチームや企業を率いる立場の経営者・マネージャーで、
メンバーの強みに着目した運営をしてみたいと考えている方々

本書では、どうしたら「エッジーな強み」のある人材を集め、
そしてその「強み」を遺憾なく発揮させることができるかについて、ヒントとコツを得ることができます。


■原稿をレビューした方々の感想

「 今のお前は、それでいい。(チャレンジには)成功か学びしか無い。そういう勇気を与えてもらった感覚があります。
日本人は失敗を恐れるけれど、次につなぐ、失敗こそ価値だ、という世界観をズバリ伝えている一冊です。」(男性20代、Web系メディア勤務)

「スターバックス出身の中田さんの“エレガンス力"というのが、自分の琴線に触れました。
ゴリゴリにやるのがエリートだけれど、そうじゃないっていう所が。」(男性30代、広告代理店勤務)

「仕事=人生と思ってる人が多いのかな、ってなんとなくメンバーを見て思ったのに、
どの方もプライベートが充実してるというのがきちんと書いてあって、逆に焦りました。」(女性40代、金融機関勤務)

「リーダーは、不完全ですよね。それを認めないと、背伸びをしてしまう。人間が不完全。
それによって、ひとに支えられて、それで信頼関係が成立する。
この本で挙げている方は、優秀なんだけれど、不完全ということが分かっている。」(男性40代、経営者)


■この本をベースとした議論はこちらをご覧いただけます

この本に書いてある「仕事の強みの磨き方」を、各分野の腕っ節の強い人達はどう感じるか、どのようなことを思うのか?
そんな観点で、著者自身が本書を携え、議論を行ないに出かけた内容が、随時下記サイトURLにて記事としてUPされます。

inclusionjapan.com/category/article/


内容(「BOOK」データベースより)

本書では、国内外を代表する有名企業の出身者たちが、試行錯誤・悪戦苦闘し、チームとして難題に取り組み続けた「ライフネット生命」というプロジェクトの中で見せた様々な能力発揮の場面を紹介しつつ、そこから学べる点、活かせる仕事のスキルをとりまとめている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2014/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844373811
  • ISBN-13: 978-4844373810
  • 発売日: 2014/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 342,457位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
実名で記してあり、興味がそそられる企画ではあったのですが、抽象的に賛辞する内容が余りに多く、加えて、同僚に気を使いすぎて内容が表面的になっている感じがしました。ポジショントークが入ってしまったのだと思います。前職場のライフネット生命の宣伝をするためによく書くという要素と、前職場の同僚がエリート揃いと強調することで著者自身をも宣伝するという要素があるのかなという気がしました。

誰が見ても納得するような成功体験があり、それはなぜ成功したのかという背景を探った作りだったら良かったのですが、著者が紹介する人物の良かったと思う点を●●力と名づけて、ただ羅列しているので、その項目を挙げた必然性が薄く感じました。そして、個人的に良いと思った点を拾い上げている感がぬぐえませんでした。そのため、記載内容に整理された感がなく、更に、なぜそれがいいのかという納得感が薄かったです。この本のタイトルを私が名づけるなら「ライフネット生命勤務者観察日記」という感想です。会社で働いている同僚が読むことを前提に、その人が読む本であるからいいところを思ったことをひたすら列挙した観察日記かなと。実名が仇になった気がしました。

中身も、随分細かいことも書くなあという感想です。例えば、几帳面な人と組んで仕事すれば、その仕事に細やかさが出るという説明があります。別に間違ってもいませ
...続きを読む ›
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
評価が良かったので、読んでみました。
ライフネット生命に集まったエリートたちがどのような強みを持ち、仕事をし、成果を残したのかが記されています。
マーケティングだったり、財務だったりと、エピソードも豊富な印象を持ちました。
確かに、このような人たちと仕事をしたら、厳しくも楽しそうで、もっと成長するかも、と感じる本です。

しかし、果たして自分はどうなんだろうか、と考えるとあまり参考になるところはありませんでした。
たぶん、求めていたものが違ったと思います。
強みやキャリアであれば、ほかの方々の本をお勧めします。

120%の力を出さないと達成できない仕事をすること、などをスポーツで限界に挑戦することに例えてアドバイスをしていますが、
なかなか難しいのが現状です。
もともとエリートである人がエリートな環境で思う存分に仕事をしている、そんな雰囲気が強く残りました。
(読んで良かったとも思ってはいます)

ライフネット生命に関しては、
大手資本の競合もネット生保に参入し、実はライフネット生命が特別安いわけでもない、という声もあり、
契約件数が伸び悩んでいるのではないかと思います。
一時的なはやりだったのかも、という懸念があります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
あーなるほど。
ライフネットに少なくないアンチがいるのは恥ずかしくもなくこういう本を出すところにあるのだろうね。

ネット保険はブルーオーシャン、グロース株と散々謳い、今や株価は上場来安値を更新し続け(つまり上場後に株主になった人は全員損を抱えているということ)、契約純増数はずっと前年割れ、赤字決算を連発し、それでいて社員の平均給与だけは一流。

五つ星付けているレビュアーはライフネットや著者の身内では無いと胸を張って言えますか?

この本を読む前に四季報の7157を一読することをお勧めする。

「経営者の考えは、株価に現れる」こう宣ったのは誰か。

打率1割バッターの打撃論などいらない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 平易で読みやすいものでした。この本は、就職活動している学生が読む○○本といったものの延長線上にあるものでしょう。本の内容にもある通り、座学は実学に勝てません。著者は、著者のブログやその他の著作を総合すると、アウトソースされる予定であったP&G IT(出世コースといわれる、マーケティングや人事ではない)から二年ちょっとで転職し、人事コンサルに移った後、大手クライアントにイノベーション提案したがクレームを貰い担当を外され、その後ライフネットに移ったそうです。著者自身が、いわゆる「組織で」イノベーションや改善を実際に行った経験は薄く、著者自身の座学によって後天的に過去の経験に意味づけしている内容と推測されます。著作の誇大表現は、学生サークルのノリが感じられました。

 また、この著作で説明される働き方は、エリートの働き方でなく、フリーランス(逸れ者)の働き方だと思います。著者も含めて紹介されている方々の何名かはライフネット生命をすでに退職されております。本物のエリートは、既得権益である組織の中でボスマネジメントを行い、社内政治、組織のドグマと闘いつつ、「組織のニーズ」に応えた働き方をしています。

 ですので、この著作の宣伝文句を当てにするのであれば、著者のネタ本の自己啓発業界の原典といわれる本が沢山ありますので、この著作より原典を読むのが良いか
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック