通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少のスレ・キズ・折れ等ありますが、比較的良好です。簡易クリーニング後、丁寧にビニール包装し、2営業日以内に発送します(配送日時の指定は対応不可)。特に記載がない場合、帯やハガキは付属しません。手書きの領収書が必要な場合は必ずご注文時にご連絡お願い致します(発送後の領収書発行は別途送料必要)。書き込みにつきましては、あくまでユーズド商品ということで、万一の微細な見落としに関しましてはご容赦ください。また、複数商品の同時注文による送料割引は対応しておりません(それぞれに送料必要)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 文庫 – 2011/11/25

5つ星のうち 4.0 314件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,980 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 117

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  • +
  • それをお金で買いますか (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  • +
  • ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『ハーバード白熱教室』NHK教育テレビにて放送中(2010年4月4日~6月20日、毎週日曜18:00~19:00、全12回)!

ハーバード大学史上最多の履修生数をほこる超人気哲学講義、待望の書籍化!

推薦:宮台真司氏



1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか? 金持ちに高い税金を課し、貧しい人びとに再分配するのは公正なことだろうか? 前の世代が犯した過ちについて、私たちに償いの義務はあるのだろうか――。

つまるところこれらは、「正義」をめぐる哲学の問題なのだ。社会に生きるうえで私たちが直面する、正解のない、にもかかわらず決断をせまられる問題である。

哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。

アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。

ハーバード大学史上空前の履修者数を記録しつづける、超人気講義「Justice(正義)」をもとにした全米ベストセラー"Justice: What's the Right Thing to Do?"、待望の邦訳。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

「1人を殺せば5人が助かる。あなたはその1人を殺すべきか?」正解のない究極の難問に挑み続ける、ハーバード大学の超人気哲学講義“JUSTICE”。経済危機から大災害にいたるまで、現代を覆う苦難の根底には、つねに「正義」をめぐる哲学の問題が潜んでいる。サンデル教授の問いに取り組むことで見えてくる、よりよい社会の姿とは?NHK『ハーバード白熱教室』とともに社会現象を巻き起こした大ベストセラー、待望の文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 475ページ
  • 出版社: 早川書房 (2011/11/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150503761
  • ISBN-13: 978-4150503765
  • 発売日: 2011/11/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.5 x 10.9 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 314件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 563位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
・サノーさん一言コメント
「超越した論証術が語る「正義」の定義。個と集団から生まれた根本概念がなにかを探り、それがもたらす人類の未来を推測する」
【サノーさんおすすめ度★★★★★】
・ウノーさん一言コメント
「人それぞれの「正義」と全体としての「正義」。その深遠を学ぶ機会となる一冊です」
【ウノーさんおすすめ度★★★★★】

・サノーさん、ウノーさん読書会

サノーさん(以下サ):日本でもブームとなったサンデル先生の「正義」についての講義だ。
ウノーさん(以下ウ):漠然とした「正義」を様々な主義主張から読み解いていく手法は、鮮やかでお見事としか言えません。
サ:鋭い「思考実験」が「横糸」で、哲学や論証からの引用が「縦糸」、それによって鮮やかに見えてくる模様が「正義」とはどういう概念で、どのように捉えれば「生き延びること」ができるのか、を浮き彫りにしている。
ウ:あら、やけに抽象的ですね。ここに書かれている思考実験は、いわゆる「究極の選択」です。1人の犠牲が多数を救うのは正義なのか、多数の求めがあれば、個の自由は制限されるのか、生まれついた環境が違えば「正義」そのものが変わるのか、それらの根本的な問いを突き付けることによって、いかに私たちが無思考で、方向性をもたずに
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
読書を始めたばかりの僕としては読むのだけでも疲れました。
もっとも哲学も初心者ですが。。。
でも、内容は非常に面白かったです。
動画と並行して読むと入りやすかったですね。
また、定期的に読みたいと思います。
☆3つは初心者にはっていう意味で、僕はマックスお気に入りです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2010/6/27
形式: 単行本 Amazonで購入
「正義と不正義、平等と不平等、個人の権利と公共の利益が対立する領域で、進むべき道を見つけ出すにはどうすればいいのだろうか。この本はその問いに答えようとするものである」。

著者は、政治哲学を専門としており、ハーバード大学で人気の「Justice(正義)」の講義を担当している。本書は、その講義から誕生したものだ。

大きくは次の3つの理念を意識しながら、市場、自由、倫理、権利、義務、個人と国家の関係、宗教において、相反する考え方や具体例を紹介しながら、現代における正義のあり方について読者に自主的に考えさせる内容になっている。
・幸福の最大化
・自由の尊重
・美徳の推進
また、その中で、ジェレミー・ベンサム、ジョン・スチアート・ミル、イマヌエル・カント、アリストテレス、ジョン・ロールズの哲学思想のポイントについて、現代における適用例や具体例を列挙しながら分かりやすくまとめている。

基本的にこの著者は中立的な立場をとりながら様々な視点からの意見やその反論を読者に次々示そうとしているが、同時に自分なりの考え方や哲学も持っており、特に終盤ではそれがくっきりと浮かび上がる。また、アメリカの学生向けの講義なので、日本人にはあまり馴染みの無いテーマも登場する。それから、どうやらこの著者はミルトン・
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この手の本は新しい発見より再確認的な感覚が強いのですが、まさに読んでいて非常にためになる本でした。
個人的な感想ですが、例えば民主主義は理想ではないが歴史的に妥当な落とし処のように
結局、何が正義で正しいのかと言うより、どう正義かを定義(落とし処)するかが重要だと思いました。
人間が個人であるように、多数を1つにまとめる事など不可能ではあるが、落とし処を見つける努力はすべきである。
それを再確認するような本だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
・正義とは何か?何が世の中で本当に正しいのか?と言ったことを考えさせられた

・ただ、英語の本を翻訳された書であるせいか、意味が読み取りきれない箇所が多くあった

・テーマとしては、社会人として理解し考えるべきことであることは間違いないので、また時が経ってから読んでみたい
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しらま VINE メンバー 投稿日 2010/6/14
形式: 単行本 Amazonで購入
正義という妙に手垢のついた概念を手際良く分類・分析してみせた政治哲学の入門書。まず正義の極端な形である功利主義とリバタリアニズムを批評し、次いでカントの道徳哲学、ロールズの正義論、アリストテレスの目的論、集団主義を紹介している。様々な事例を取り上げながらも、個別の文脈に惑わされず、そこで主張されている正義の論理構造を丁寧に抽出して思考実験にかけてみせる過程が実に鮮やかで面白い。論理で正義は導けないが、正義は論理を内包している。そしてそこには必ず綻びがある。その類型を頭に入れておけば、独善的な正義を振りかざす連中を論破するのにさぞや便利なことだろう。だが、それだけでは単に悪趣味な相対主義とニヒリズムで終わってしまう。

著者自身はそれを乗り越えた先で、人間社会の伝統である集団主義に落ち着いた。西洋流の個人主義と自由主義にようやく足を突っ込み始めたばかりの日本人には奇妙に思えるかもしれないし、旧主派を勢いづかせる恐れすらある。しかし、360度回転したことは、必ずしも同じ位置に戻る事を意味しない。同一軸上の別の地点にたどり着くという螺旋状の軌跡を描くことだってあるだろう。そのような発展的な軌跡は、議論と対話という揺さぶりによって初めて実現する。

自分の正義と信念はそうした揺さぶりを経ているだろうか?何らかの前提条件に囚われてはいないだろうか?著者
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー