通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びる... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 単行本 – 2010/5/22

5つ星のうち 4.1 293件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972 ¥ 99

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
  • +
  • それをお金で買いますか――市場主義の限界
  • +
  • ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)
総額: ¥6,259
ポイントの合計: 190pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

『ハーバード白熱教室』NHK教育テレビにて放送中(2010年4月4日~6月20日、毎週日曜18:00~19:00、全12回)!

ハーバード大学史上最多の履修生数をほこる超人気哲学講義、待望の書籍化!

推薦:宮台真司氏



1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか? 金持ちに高い税金を課し、貧しい人びとに再分配するのは公正なことだろうか? 前の世代が犯した過ちについて、私たちに償いの義務はあるのだろうか――。

つまるところこれらは、「正義」をめぐる哲学の問題なのだ。社会に生きるうえで私たちが直面する、正解のない、にもかかわらず決断をせまられる問題である。

哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。

アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。

ハーバード大学史上空前の履修者数を記録しつづける、超人気講義「Justice(正義)」をもとにした全米ベストセラー"Justice: What's the Right Thing to Do?"、待望の邦訳。

内容(「BOOK」データベースより)

哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。ハーバード大学史上空前の履修者数を記録しつづける、超人気講義「Justice(正義)」をもとにした全米ベストセラー、待望の邦訳。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 384ページ
  • 出版社: 早川書房 (2010/5/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152091312
  • ISBN-13: 978-4152091314
  • 発売日: 2010/5/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.5 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 293件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,729位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
巷の噂ではものすごく売れているという政治哲学の本。ハーバード大学で政治哲学を教えているということだけど、その講義がものすごい人気で、テレビでも放送されたほど。日本でも、現在、NHK教育テレビで『ハーバード白熱教室』として放送されている。
学生時代、「正義論」については関心があったので、ロールズやノージック、ドゥオーキンらの著作は読んだけど、そんなに万人受けするものではないと思うが、テレビの影響があるとはいえ、日本でもこんなに読まれるということは、やはり、内容的にもいい本なのだろう。

読んでみると思った以上に読みやすい。翻訳者の力量もあるのだとは思うが、著者の非常に論理的な構成力と、上手に具体例を交える能力のおかげで、とても分かりやすく説得力のある内容になっている。
最も感心したのは、アリストテレス、ロック、カント、ベンサムなどの過去の哲学者から、ロールズ、ノージックといった現代の哲学者まで、彼らの主張を丁寧に紹介しながら、巧みにそれを、経済格差など現代の社会問題にあてはめ、コミュニタリアンとしての自分の主張につなげていくところ。

一時期、ロールズの正義論に魅かれていた(といってもちゃんと理解してたわけじゃないけど。)自分でも、著者の主張に肯いてしまいそうになる。

でも、ちょっと危ない。
...続きを読む ›
8 コメント 856人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「検察官の兄が、殺人犯の弟を匿うべきか?逮捕起訴すべきか?」
「難破された者が生き残るために救命ボートの定員を減らすよう、殺人を起こしてもいいのか?」

など「究極の2択」を使って、哲学をしていきます。割に面白く、そしてけっこう難しい。
経済学や社会学(統計を使った)でよく使われる方法で、詳細は「ソーカル事件」でググって頂くといいのですが、この手の議論では、非常に納得できる場合ほど穴が大きく、彼の場合もまたそうだ、と言うことです。

要するに「AかBか?」で始めてるんだけど、実はすでに「A」と言う結論ありきなんですね。で森羅万象から証拠や事実を集めているように見えて、実はAにとって都合の良いモノしか集めていない。だから絶対に答えはAになる。
だから本人は「まぎれもなくAだ」と言ってるんだけど、周りから見ればだいぶズレがある、ってことは多いわけです。

問題は彼が、バリバリの共同体主義だと言うことですね。
だから「裁判官」のようにフェアに見えて、実は「検察側」なんです。で「検察側」にとって都合のいい話ばかりする、
検察官の彼に裁判官のポジション(政府の要職など)を与えれば、ズルいですよね。
弁護士側がどんなに上手に訴えても、敵わなくなる。

レト
...続きを読む ›
8 コメント 619人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 サンデルは2010年に「白熱教室」が日本でもブームになって、授業を盛り上げるテクニックがすごいとばかり言われている印象がありますが、本書を読んでみると、サンデルが提起している哲学的な課題そのものが、現代の日本人にとっても非常に重要なものであることが分かります。

 サンデルの専門は政治哲学・道徳哲学です。つまり、「正しい行い」とか「正しい社会制度」を作ろうと思ったときに、「正しい」とはいったいどういうことなのかについて、徹底的に掘り下げていく哲学です。
 サンデルは、道徳や正義について考えるとき、まず始めに具体的なケースを想定するのが良いと言います。たとえば4人が乗ったボートが漂流しているときに、1人を殺して残りの3人が生き延びるという選択は正しいのかどうかといった具体的なケースです。その次に我々は、“直観的”に「こうすべきなんじゃないか」という道徳的判断を下します。そして、その“直観”に理屈を与えるために、道徳的判断の「原則」のようなものを探して考えを掘り下げていくわけです。

 道徳的な価値観に関わる問題は、そもそも人によって意見が大きく異なるものばかりだから、答えを出すのがとても難しい。しかし、考えを深めていくためのヒントはいくつか存在する。サンデルは、哲学の歴史を振り返ると、正義や道徳をめぐる議論というのはだいたい3つのパ
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
売れるためだと思いますが、『これからの「正義」の話をしよう 今を生き延びるための哲学』は原著者にあまりに失礼じゃないかと思います。

原著のタイトルは『Justice What's the Right Thing to do?』 つまり、『正義 正しい行いとはなにか?』「正義」とは何か?普遍的な話をしようという本であり、内容は正義とは何か?何が正しくて、何が間違いなのか?です。

そこに”これからの”「正義」、”いまを生き延びる”などという限定的な意味合いはなく、このようなタイトルはちょっといただけないと思います。

NHKの番組を一度観たことがあって面白かったので買いましたが、タイトルだけみたら胡散臭くて買わなかったと思います。

「正義」とは何か?正しい行いとは何か?に分かりやすく答えてあり、とても良書だと思います。
1 コメント 171人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック