通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
これ、食べていいの?: ハンバーガーから森のなかま... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2015年初版発行。帯つき。◆中身:上部に一部小さなよれあり。よごれ、書き込みなく、本文は問題ないです。◆カバー:うすい擦れありますが、読み癖等なく、よい状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

これ、食べていいの?: ハンバーガーから森のなかまで――食を選ぶ力 単行本 – 2015/5/25

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/5/25
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,176
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • これ、食べていいの?: ハンバーガーから森のなかまで――食を選ぶ力
  • +
  • ジェーン・グドールの健やかな食卓
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 124pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

何を食べていいか、どんな食物を選ぶべきか。世界の食物連鎖の現状をつぶさに伝えた基本図書。全米ミリオンセラー。

内容(「BOOK」データベースより)

そのひとくちは、どこから来たのか?そしてどこへ向かうのか?世界的大ベストセラー『雑食動物のジレンマ』を書いたポーランさんと一緒に考えてみる。体はあなたが食べたものでできている。だから知っておきたい、食のからくり。食えらびで、未来は変わる?持続可能な食えらびとは?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 315ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2015/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309247105
  • ISBN-13: 978-4309247106
  • 発売日: 2015/5/25
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 388,268位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 アカンサス トップ1000レビュアー 投稿日 2016/4/26
4つのパートの冒頭がそれぞれ『お品書き」風になっている。

1が車中でマクドナルド
2が自宅でスーパーで買えるオーガニック食材を使った料理
3が持続可能な地産池消の農場でのBBQ
4ではついに森で狩りをして獲ったイノブタを料理してパーティーを開く。

ただ、工業的な食の問題点を指摘するだけではなく、作者の体験した
4つの食卓を、読者も共にしたような臨場感があり、より深く感じ、
考えさせてくれる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
題名を見ただけで、「こんなの読んだら何も食べられなくなるから・・」とフライドチキン大好きの知人は目をそらしました。私自身は、食品のルーツをかなり分かっていると思っていたけれど、この本を読んで、恐ろしいとか、ああいやだとか、困ったことだ、というのはやめて、今一度生きることの基本、食べることに向き合うようにしようと思いました。知っていれば誰にでも少しでも選択の余地はあるというのが、この本の前向きになれる価値です。数値や図面をふんだんに配置してあるものには、教科書の様に面白くないものが多いですが、この本は読みやすくわかりやすいです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アメリカで100万部のベストセラーになった「雑食動物のジレンマ」の、中高生向け要約版。
「雑食動物のジレンマ」は上下巻の2冊組で量が多く、読破するのが大変ですが、こちらは適度な分量だったので短時間で読み終えられました。

内容は、ジャーナリストである著者が、アメリカで食されている食事を
(1)「工業的に作られた加工食」
(2)「有機食(オーガニック)」
(3)「自然食(自然農法&狩猟採集)」

の3つに大別し、それぞれの食の実態について詳細に、具体的に書いているというものです。

著者の問題意識は、アメリカで流通している食事はすでに自然の摂理に則った健全な食事ではなく、ほとんど工業製品だ、ということにあるようです。ファストフードでも、清涼飲料でも、シリアルでも、食品がどこから来ているかを認識できないほど高度に加工されてしまっているためです。

(1)の工業食の部分では、清涼飲料、菓子、食肉などが実はすべてトウモロコシをベースに作られていることが示唆されています。トウモロコシは遺伝子組み換えであること、石油から製造される大量の肥料が投入されていること、本来穀物を食べない牛に無理にトウモロコシを与えて急速に肥育していること、など、なかなかショッキングな内容が忠実に描写
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告