日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

こみっくがーるず

シーズン1
 (112)2018すべて
萌田薫子(P.N.かおす)15歳。職業高校生、そして4コマまんが家!まんが家専用の女子寮に引っ越してきた彼女は、同室の少女まんが家の小夢やTLまんが家の琉姫、少年まんが家の翼といった仲間に囲まれて、今日も楽しくネームにペン入れ、仕上げ作業に徹夜作業!かわいくて面白い、まんが家寮生活が始まります© はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
出演
赤尾ひかる本渡楓大西沙織
オーディオ言語
日本語
エピソードのレンタルには、このビデオの視聴を開始するまでの30 日と、開始してから視聴し終わるまでの48 時間が含まれます。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. 「アンケート ビリですか!?」
    2018/04/06
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    萌田薫子(P.N.かおす)は駆け出しの女子高生4コマまんが家!……なんだけど、初めて掲載された作品が雑誌のアンケートでビリになってしまう。メンタルを心配した担当編集者の編沢に勧められ、かおすはまんが家専用の女子寮に入居することに![コメディ/ギャグ]
    レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。
  2. 2. 「今日から学校でした」
    2018/04/13
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    入寮してからしばらくたったある日、かおす達は街にお出かけすることに。初めての大都会に翻弄されつつも、大型のまんが専門店に寄り道したり、女の子らしさ全開のクレープ屋さんで舌鼓を打ったり、仲間とともにまんが家生活をすっかり満喫している様子です♪© はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
    レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。
  3. 3. 「プニプニポヨンですね」
    2018/04/20
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    クレープ屋さんでの体験をもとに、新たなネーム(まんがの設計図)を編沢に持ち込んだかおす。しかし、そのイマイチな出来に、全面的なボツを返されてしまった!寮に帰ったかおすは、小夢たち寮のみんなに「何がいけなかったのか」を相談するが--© はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
    レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。
  4. 4. 「くんずほぐれつランデヴー」
    2018/04/27
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    〆切直前だという琉姫は、二日連続で徹夜をしてしまう。真面目な彼女はそんな状態でも学校に行くが、あまりの眠気にうつらうつら。しかしその様子は、はたから見ていると妙に色っぽくて、クラス中をざわつかせてしまうのであった……。© はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
    レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。
  5. 5. 「編沢さんコスプレするんですか?」
    2018/05/04
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    「夏だからだよ!」そんな小夢の一言で海にやって来たかおす達。しかし、まんが家高校生たちには「海で遊ぶ」という発想そのものがなく、小夢以外は水着を持ってきていなかった!さあ、レンタル水着を借りにいこう!© はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
    レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。
  6. 6. 「丸刈りにしてきます」
    2018/05/11
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ある蒸し暑い真夏の夜、入浴中のかおすは不審な人影を目撃する。しかし改めて見てみるとそこには誰もいない。すっかりおびえてしまったかおすは、小夢に付き添われて部屋に戻ることに。その時、かおすの背後から謎の黒い影が忍び寄る--!!!!© はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
    レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。
  7. 7. 「ここは天国ですか!?」
    2018/05/18
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    小夢の初連載が決定!素直に喜ぶかおすだったが、あまりにもまんがの進歩がない自分自身に、若干の焦りも感じている様子。そんなとき、怖浦先輩の原稿を手伝うことになったかおすは、意外な収穫を得ることができて……。© はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
    レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。
  8. 8. 「わんにゃんにゃんわんまつり」
    2018/05/25
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    またまたネームにボツをくらってしまったかおす。いいものが描けたと思っていただけに、今回はショックも大きそう。まんが家寮のみんなも一緒になって慰めてくれます。一方、学校のテストの時期も近づいてきて……。みんな勉強の方は、大丈夫?© はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
    レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。
  9. 9. 「かおスパイラル」
    2018/06/01
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    考えても考えてもネームができない!そんなスパイラルに陥ってしまったかおす。一方、同じくネームのできていない小夢は、気分転換にお出かけするみたい!自分にはない発想に衝撃を受けたかおすは、小夢の「こゆメソッド」を学ぼうと、一緒にお出かけすることに♪© はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
    レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。
  10. 10. 「みちるばっかり愛されてずるい」
    2018/06/08
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    世間はクリスマスシーズン!まんが家寮でもかおすと小夢は寮母さんと一緒にツリーの準備で大忙し。一方、寮の前には琉姫の姿が。なぜか浮かない顔で門の前を何往復もしているけど、一体どうしてしまったんでしょう?© はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
    レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。
  11. 11. 「人生のピークがきたんです」
    2018/06/15
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    学校で進路希望調査票が配られた。まんが家寮のみんなの第1希望はもちろん「まんが家」。しかし、調査票には第2希望まで書く必要がある。まんが家以外でなりたいものの話をするけど、翼だけはまんが家以外を1ミリもやりたくないらしく……。© はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
    レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。
  12. 12. 「いってらっしゃいませ 立派な漫画家さまたち」
    2018/06/22
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    かおす初の連続掲載!前編の原稿の評判は上々だけど、それはまんが家寮のみんなが手伝ってくれた箇所だった。さあこれから後編の原稿を、という時に寮の建て替えのためにみんなは一時的に実家に戻ることに。一人きりで自信を失ったかおすのもとに、意外な人が訪ねてきて--© はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会
    レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。

詳細

監督
徳本善信
出演
高橋李依上田麗奈津田美波遠藤綾七瀬彩夏
シーズンイヤー
2018
提供
myシアターD.D.
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.6

112件のグローバルレーティング

  1. 81%のレビュー結果:星5つ
  2. 7%のレビュー結果:星4つ
  3. 5%のレビュー結果:星3つ
  4. 4%のレビュー結果:星2つ
  5. 3%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

あんこっ2018/06/30に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
まさにきららアニメ
すっかりかわいくて「面白い」日常アニメを欲する体になってしまっていますが、結論としては見事その欲求を満たしてくれるアニメでした。

最初から面白かったのですが、1話の中の人繋がり的なネタのインパクトが強すぎてその後は若干の物足りなさを感じていましたが、徐々にその独特な笑いのセンスが垣間見え始め、中盤からはかなり笑えて、そして最後はちょっと泣けるとても満足できる作品となりました。

すでに2回見ていますが、また何回も見たくなるような良作です。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
はるかぜ2018/11/22に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
暖かい涙が溢れます
作家に限らず何か不安を抱えている方には是非見ていただきたい作品です。
主人公の性格は超がつくほど内向的で、見ていて辛く感じる面もありますが
それが自身と重なって見えたとき、作者の応援メッセージを強く感じられることと思います。
評価はその感情移入次第で分かれるでしょうが、私は涙が止まりませんでした。
夢を追っている方と、その夢半ばにいる方々におすすめです。
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
さかき2018/12/10に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
めちゃくちゃ感動した
最初はかおす先生のダメダメさにじれったくなる事もありましたが、気付けば全力で頑張るかおす先生を応援していました。あたたかな仲間に囲まれて少しずつ成長してゆき、苦しみながらも仲間にたくさん助けられて自分らしい作品を生み出していく、そんなかおす先生は涙なしには見られません。きらら作品らしいやさしい世界にまんが家の苦悩や仲間の大切さなど、いろいろな要素が詰まっている素晴らしい作品だと思います。本当に最高です。観る事が出来て良かった。
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
アルマ2021/03/03に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
主人公の主体性のなさを受けいられるかどうかがすべて
この作品が気に入るかどうかは、かおす先生がかわいく見えるかどうかにすべてが掛かっているといっても過言ではないでしょう。

日常アニメのゆるふわ行動に腹を立てるなんてそもそも日常アニメに向いていないので帰って寝ろ!
……と、いつもなら言いたくなるのですが、かおす先生に限っては例外的な行動を都度とってしまうのです。

例えば、
漫画家、漫画が好きといいながら、すぐネガティブになり漫画への取り組みが半端になる……だけならともかく、他人の原稿を手伝った際に「デジタル専門」と伝えずアナログ原稿をやり出し失敗を繰り返し、失敗を誤魔化そうとしてさらに失敗、〆切り前の漫画家にさらに手を煩わす、といった負のスパイラルを続けていきます。
ですが、この作品の仲間はみんなべらぼうに性格がいいので許してくれます。

そしてかおす先生はさらに落ち込む!!!!!

なので周りはまた励ます!!!!!!!!!!

こういった流れがこみっくがーるずに置けるストーリー展開です。
この作品はかおす先生が主体的になにか行動をとって、チャレンジして、紆余曲折をえながら解決に至る……ようなことはひとつもありません。
基本的にかおす先生がありえないくらい良い人たちに囲まれてカウンセリングをされていく話です。

こういった「頑張り屋さんだけどから回ってしまうがめげずに頑張る」系のキャラクターは尊さもあり、できることじゃなくてやりたいことをやるのは非常に立派と思うのですが、かおす先生の場合は、かおす先生の代わりに周囲が苦労というコストを支払い続ける構造なのが非常に釈然としません。

とはいえ、こういった「苛立ち」を覚えてかおす先生に辛く当たってしまいたくなる心情は、これまでかおす先生が周囲と関わってきて晒されてきた他人の視線と同様であることに気づきます。友達を作らずに漫画を書いていたのは、学校生活ではそうやって他人を怒らせて孤立していたからこそでしょう。

なのでやはり、この作品は傷ついたかおす先生をカウンセリングするお話である、との評価になります。

クズがカウンセリングされる話が面白いのか? と思いかけますが、かおす先生は数々の問題を起こしても非はないのがキモです。だからクズではなく絶対に良い子なのです。良い子なのに腹が立つ、は成立するのです。

そう、かおす先生を一言で分類するなら、

A D H D

です。

特に序盤は「なんでまわりの人間が精神科に連れて行って発達障害の検査を受けてやらせないんだ!?!?!? 典型的な症状の目白押しじゃん!?!?!?!?!?」と動揺して視聴中極度の緊張を強いられ、そして最後までダメだしだけでまともな方法論など言わず漫画家を追い詰める担当編集の悪手連打にたじろいでしまいました。おまえ最後まで追い詰めてただけのくせに成果が出たときだけ「がんばりましたね」ツラしてんじゃねーぞ!!!

ちゃんと診察を受けて投薬をしてもらえていたら生きにくさも軽減されたろうになぁ……と同情してしまい、癒やされるどころの話ではありません。いや絶対このアニメそういう目で見るものじゃないんだけど……。

ちなみにクリエイター系物語として期待するような面白みは特になく、かおす先生が漫画を面白くするために努力や工夫をするパートはありません。台詞などで練習をしている的なことはありますが、それがストーリー展開に関わってくることはないので、ヒロインたちが漫画家であることすら忘れても見られる話がほとんどです。

度々、話の最後に日常パートで起こったことをネームに落とし込んで担当編集にもっていくパートはあるのですが、話のオチとして出てきた挙げ句にリサーチ不足など当人の努力不足から来るギャップネタで落としてくるので「マジでやる気あんのか?」とゲンナリしてしまいます。

最終盤には漫画家としての活動にフォーカスがあたりますが、かおす先生がたくさんネームを切るのもそうせざるを得ない状況になっただけであり、うまくいったパターンもかおす先生ではなく彼女にそのアイディアを生ませることになった他人ありきでした。

総括すると、
他人や環境など外的要因でしか行動のできないかおす先生のカウンセリング物語。
そんな身も蓋もない感想になってしまいましたが、
何度も言うように、かおす先生の行動を許容できるなら、エモいきらら系日常アニメとして見ることは充分に可能です。
自分には無理でしたが、という話です。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
パンダ野郎2018/12/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
楽しさ穏やかさの中に寂しさもある作品(ネタバレあり)
一年の期限つきの寮という最初から終着点が見えてた作品でしたが、その寂しさを感じさせない楽しいアニメです。
ギャグもテンポよくて久々にきららアニメのBlu-rayを買い揃えました。

ギャグアニメでBlu-ray買い揃えることは少ないんですが、この作品は面白いだけではなく、毎回何か安心できるような穏やかな終わり方に癒されてました。

このまま何事もなかったように続けばいいのにと思ってましたが、終わりはちゃんとやってきます。
最終巻で退寮という現実を突きつけられ、さらに皆が一足先に退寮してなお、一人寮で泣きながら踏ん張って漫画を書くかおす先生の姿に成長を感じ、より寂しさを感じてました。

追い討ちだったのは最後の最後。
新しく建てかえられた寮が今風のコンクリート造の建物だったこと。
穏やかな物語が繰り広げられてきた温もりあるかつての寮の面影はどこにも感じられず、
さらに寮母さんの「おかえりなさい」も、かおす先生が寮母さんと初めて出会った階段で、寮の全貌がほとんど描かれてなかったことから「この寮で新しい物語が始まることはないんだ」「本当にここで終わるんだ」と思い、感慨深さと同時に寂しさが込み上げてきました。

未読なので原作がどのような展開かわかりませんが「せめてかつての寮と似たような木造で建てかえてたら次の物語も」と残念な気持ちもあります。
個人的な我が儘ですが、寮としての収益と耐久を考えた現実路線ではなく、二期を期待できる余地を少しでもいいので残して欲しかったです。

ぬぐえない寂しさはありますが、
「穏やかな気持ちになりたい」そんなときにまた見たいと思える、そんな作品に出会えてよかったです。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
からみそ2019/01/31に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
8話でギブアップ
典型的なきららアニメ。
典型的な4タイプの女の子がほんわかとした日常を過ごします。
それは良いのです。
キャラも個性的で可愛いです。

ただ

プロになって金を貰おうかと思ってる人間、
金を貰ってるプロが相手をしてくれている状態、
それらをどうしても考えてしまって主人公のレベルの低さに気持ち悪ささえ感じます。
漫画家になろうとしてるやつが、日常あったことを毎度毎度絵日記にしてるだけ。
思いつきで描いたことだけならまだしも、小学生レベルの画力を毎回注意されている。

そして何より主人公の知性の低さと精神病。
ハッキリ言います。これは一般的に知られてる心の病気です。
周囲から自分への視線ばかり気になり病的に自己防衛に入る。
周囲のことは考えず独りよがりな自己完結ばかり。
自己顕示欲、承認欲求は人一倍高いくせに周りが見えず努力も人並み以下。
それを周囲が優しく見守る物語。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
exam2018/06/09に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
毎回「あばばば」が楽しみ。
かおすちゃんが可愛すぎる!
この手のアニメの「主人公の天然っぷり」があまり好きになれない派だったが、この作品の主人公は開始数秒で好きになった。
(こんなポンコツでどうして漫画家になれたの!?)
声優さんもあまり知らない方(声優さんに詳しくない&あえて調べない派)だったが、主人公のキャラにあっていてとても良い。
クリエイター目線系の内容も、かなりありポンコツでも努力して好きな物の目標を目指し頑張る姿は、やはり泣ける。
毎回のようにある「あばばば」が、密かな楽しみ。
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
江戸っ子ぷらいむ2018/09/25に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
自己肯定に苦しみ、漫画家を目指すオタクの女の子。
この作品の主人公である、漫画家の「かおす先生」は極度に自虐的で、何をするにも周囲の助けがなければ何一つやり遂げることのできないような、無能を体現したかのような存在です。

そんな雑魚で哀れなかおす先生も、女子高生とは思えない性癖(40代のおっさんのような)と、女子高生とは思えない外見(小学生のような)のギャップと純粋なオタク愛などが合わさり、とても愛おしく感じると同時に、かおす先生が漫画家として成長しようと努力すればするほど、かおす先生を「がんばれ!」と応援したくなってきます。

作品の根幹にあるテーマは「自己否定からの脱却」と割と重めに感じますが、ゴールが明確になっている分ストーリーにぶれがなく、それでいて日常系コメディらしく表情豊かで可愛らしいタッチで描かれているので、とても見やすく、見終わった後に充実感がありました。

かおす先生の次回作を、楽しみに待っていたいと思います。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示