Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 600

¥ 48の割引 (7%)

ポイント : 17pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[暁 なつめ]のこの素晴らしい世界に祝福を! 2 中二病でも魔女がしたい!【電子特別版】<この素晴らしい世界に祝福を!> (角川スニーカー文庫)
Kindle App Ad

この素晴らしい世界に祝福を! 2 中二病でも魔女がしたい!【電子特別版】<この素晴らしい世界に祝福を!> (角川スニーカー文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] この素晴らしい世界に祝福を!(角川スニーカー文庫)の15の第2巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 600
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 220
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ



商品の説明

内容紹介

「……金が欲しいっ!」もうすぐ迫る冬に馬小屋暮らしは辛すぎる。生活拠点の確保が急務だ。そんなカズマに「屋敷に住み込みで悪霊退治をして欲しい」と願ってもないチャンスが訪れるが……!? 電子版特典として、電子限定書き下ろし短編『紅魔族は知能が高い』を特別収録!

内容(「BOOK」データベースより)

「…金が欲しいっ!」カズマは異世界で初めての冬を迎えようとしていた。本格的な冬に馬小屋暮らしは辛すぎる。生活拠点の確保が急務だ。そんなカズマに「屋敷に住み込みで悪霊退治をして欲しい」と願ってもないチャンスが訪れる。普段はポンコツ駄女神でも、こと除霊に関してはエキスパートのアクアがいるので、二つ返事で依頼を引き受けたカズマだったが…!?「小説家になろう」で人気を博す異世界コメディ第2巻が登場!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 9349 KB
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2013/12/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GZK5SCY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,048位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
ダンジョン捜索とパーティーの入れ替えなど、どれをとってもアニメで語ってほしいレベルです。
特にパーティー総入れ替えは、いつものメンツがいかに駄目なのかがひしひしと感じます。そこもまた面白おかしいです。
デストロイヤー内に残されていた日記、アニメは声優さんの演技でかなり笑わせてもらいましたが、原作ではかなり端折られていて、クモやパンツのくだりを想像すると腹がよじれます。ちょっと作画的にエリスが残念だったなとは思いますが、原作絵はみな可愛らしいです
サブタイトルの中二病でも魔女がしたい。これは京アニの中二病を意識せざるを得ないですが、この巻のヒロインはめぐみんであるからこそこのタイトルなのだと解釈しました。ヒロインであり主人公でもありますね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ATM-09-RSC トップ100レビュアー 投稿日 2016/3/18
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白いです。出し惜しみがなくて、テンポが良く、話がどんどん進んでいきます。文章も明快で、気持ちの良い作品です。この第2巻で、すでにTVアニメの一期分に、だいたい追い付きました。無駄な引き延ばしをしない、作者の創作姿勢に好感が持てます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 K-Black トップ1000レビュアー 投稿日 2016/7/27
形式: 文庫 Amazonで購入
面白く読まさせて頂きました。

今作では、ダンジョンの探索とパーティの入れ替えに、最後はデストロイヤーとの闘いです。
主要メンバーの4人に、ウィズ等のサブキャラも登場し安定した面白さです。エリス様は冒頭だけの登場で可哀想でしたが。
パーティメンバーである、アクア・めぐみん・ダクネスの3人の個性的で面白いので、ちょっとカズマが羨ましいですね。

ただ、インパクトで言えば1巻の方が上だと思いましたが、楽しめましたので満足してます。
第2巻は、サブタイトルからして、めぐみんがメインなのかなと思ってましたが、
京アニのあの作品からタイトルをパロッただけの感じでしたね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメ見る前に読んだ方が良かったかな。どちらにしろ面白いけど。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
めぐみん可愛い
めぐみん可愛い
めぐみん可愛い
可愛いよめぐみん可愛いよ
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
2巻ではカズマの多彩(?)さがついに発揮されてきます。
後は、エリスの初登場やウィズが本格的に出てきたりとやっと登場人物が揃ってきた感じですね。
1巻に引き続きWEB版と変わらない面白さです。

個人的にはダストはもっとガタイのいい、筋肉ムキムキなのをイメージしてたので意外w
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
原作とストーリー上の大きな差異はありませんが、コピペしてるわけではないので細かいところでの変更が楽しめます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
セリフの言い回しや少し変わった世界観は一環と同様にセンスを感じさせらますが、
登場人物の行動などはより生き生きとしてきたと思います。
自分は普段ライトノベルは全く読まないのですが、これは大変面白いと思います。
早く続きが読みたい!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 きと 投稿日 2016/5/13
形式: 文庫
デストロイヤーの日記で大爆笑。話がテンポよく進んで行き、非常に読みやすかった。軽い感じでバカやってる感があって笑える。笑える面白いライトノベルをお探しの方には是非とも読んでいただきたい。中高生には受けが良さそう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 WEB小説ですが、WEBに氾濫する最強主人公がバッサバッサと悪を斬る物語ではありません。
 主人公は最弱ですしそれを囲む仲間達は好意に溢れていますが、行動は常に最低で、いつも主人公の足を引っ張ります。そして襲い来る敵達はあまりにも強大で・・・。
 この物語はそんな弱弱しくもなまけものの主人公が手段を選ばず、強大な敵達を打ち破るお話です。「こ・・この卑怯者め~」はいつもほめ言葉です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover