この空の花 -長岡花火物語 (DVD通常版) がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

この空の花 -長岡花火物語 (DVD通常版)

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,700
価格: ¥ 3,427 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,273 (27%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:6¥ 2,880より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • この空の花 -長岡花火物語 (DVD通常版)
  • +
  • 野のなななのか [DVD]
総額: ¥8,127
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 松雪泰子, 高嶋政宏, 原田夏希, 猪股南
  • 監督: 大林宣彦
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ビデオメーカー
  • 発売日 2014/04/08
  • 時間: 160 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00I7L8IU8
  • JAN: 4562374850040
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 48,560位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【特典映像】
・「野のなななのか」予告篇
・森市長×大林監督スペシャル対談
・この空の花 予告篇
・TVスポット集
・特報
・長岡シティガイド(仮)


【封入特典】
・長岡ロケ地マップ
・この空の花 絵はがき


■ストーリー
大林宣彦監督が新潟県長岡市の花火大会をモチーフに描くヒューマンドラマ。
長岡市を取材に訪れたひとりの女性新聞記者が、過去と現在を繋ぐ不思議な体験を重ねていく様を綴る。
主演は松雪泰子。共演は高嶋政宏、原田夏希ほか。


内容(「キネマ旬報社」データベースより)

大林宣彦監督が新潟県長岡市の花火大会をモチーフに描くヒューマンドラマ。長岡市を取材に訪れたひとりの女性新聞記者が、過去と現在を繋ぐ不思議な体験を重ねていく様を綴る。主演は松雪泰子。共演は高●嶋政宏、原田夏希ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
 あらすじ:2011年の夏、かつて東京で恋人同士として暮らしていた片山健一から、彼の故郷の新潟県長岡市に招かれた、ジャーナリストの遠藤玲子。彼女は片山と別れたあと、故郷の長崎・天草で新聞記者をしていたが、かつて中越地震の被災地となり、またそれもあって東日本大震災の被災者をいち早く受け入れていた長岡に関心を持っていた。彼女は、同じく長岡で地元の新聞記者として、第二次大戦時の長岡大空襲について調べ、「まだ戦争に間に合いますか」という連載記事を書いていた、井上和歌子という記者の案内で、その地を見て回る。元恋人の片山は、高校教師として、8月1日の長岡花火大会に際して、元木花という名前の女子高生が脚本を書いた「まだ戦争に間に合いますか」という舞台劇を上演すべく、準備を進めている。そこに、伝説の花火師・野瀬清治郎や、長岡大空襲を紙芝居で語る老婦人・元木リリ子など多くの人々がからみあいながら、物語は進んでいくのだった‥。話はおよそこんな感じだが、この映画は、内容を要約してもあまり意味がない。そうしたストーリーに還元できない「映画の力」を持った作品である。大林宣彦監督は、若い頃から実験的な作風で知られるが、70歳を越えてなお、これだけ斬新でパワフルな作品が作れるというのは、ちょっと信じられないことだ。ジャンル的に言えば、この作品は反戦映画ということになろう。しかしながら同時に、過去と現在とがめまぐ...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Hatesina トップ500レビュアー 投稿日 2014/8/11
形式: DVD Amazonで購入
監督が「この空の花」を戦争や震災にたいしてひとつの論文を書くように作り上げた」と語るように、ストーリーは終始反戦的メッセージで、説明的で説教臭くすらある。しかしながら、それを越えて観るものを揺さぶる力がこの映画にはあります。不自然としか言いようがないカット割り、セリフ回し、CG合成、テロップ使い。でも一度観たら忘れられないシーンばかり。
広島と長崎への原爆投下、長岡空襲、第五福竜丸被曝事故、中越地震、東関東大震災、福一原発事故。この日本の戦争や災害、事故の記憶をどう継承していけばよいのか、そのヒントがこの映画にはあります。

2012年4月7日劇場公開とありますが、クリエイターからの311への応答としてあまりに素早い反応にも関心しました。

気になる点
『野のなななのか』の予告が再生すると最初に流れ、とばすことができません。繰り返し観るとさすがにウンザリします。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
久しぶりの大林ワールドを満喫しました。この映画は、いろいろなエピソード、イメージが交錯しながら、平和へのメッセージを紡ぐ作品。
こういう映画をもう一度、見たかった。大林宣彦監督に乾杯!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
これほど素晴らしい映画はかつて見たことがない。

映画を見始めて、最初は戸惑うかもしれないが、語られる事実を知るにつれ、いつの間にか引き込まれている自分に気付くはず。

見終わったあとは、あなたも長岡を旅した気分になるはずです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告