Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[宮本福助]のこの度は御愁傷様です (モーニングコミックス)
Kindle App Ad

この度は御愁傷様です (モーニングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 236ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

松吉・竹子・梅夫の三兄妹は、幼少の頃から現在まで、破天荒な父に迷惑かけられっぱなしの人生を歩んできた。そんな父・坂上徳造が七十八歳の生涯を閉じた。これでもう父に振り回されることはなくなったと思いきや、父の本領はその死によってますます発揮されることに。父の遺言は「遺産分配はダーツで決めろ」。残されたいいトシをした三兄妹のいい迷惑な物語。どうにも懲りない人たちの笑って泣ける人間模様!!

著者からのコメント

ここまで読んで下さってありがとうございました(宮本福助)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 66539 KB
  • 出版社: 講談社 (2008/7/25)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00O0UHQ8A
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
このところ、コミックモーニングを読まなかったせいもあってか、恥ずかしながら、作者宮本福助を知らなかった。
たまたま、朝日新聞の日曜版のコミックの紹介記事(朝日の漫画本紹介記事はなかなかいいんです)で、本作が取り上げられており、興味を持って買ってみた、と言うのがほんとのところです。

いやぁ、楽しいですねぇ。
この作品は。
絵としては、谷口ジローにちょっと似るかな、と、要するにうまいわけです。
しかも、谷口ほど「劇画」ではない。少し肩の力が抜けたような画調は、作品の雰囲気によくあって、ほっとした暖かみがあります。
ストーリーは、肉親の死を扱っているんですから、本来は「笑い」や「明るさ」とは縁のないもの、と思われるのに、本作は真逆です。
祖父はなくなりながら、いつもそこにいる。そんな思いをひしとさせられる、とてもとてもウォームハートフルな大人のすてきな作品でした。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
帯に書かれた『遺産分配はダーツで決めろ〔父はそう言って逝った〕』
『残された子供たち(中年)のいい迷惑な物語(喜劇)』のコピーに興味引かれて購入。
文字通り、祖父が亡くなったことで巻き起こるドタバタドラマです。
生前を放蕩三昧で送り、自分の死後まで身内大騒ぎのアトラクションに仕立てあげてしまう型破り祖父ちゃん・・。
振り回される子供達と孫一人・・
わらわらと登場する隠し子(ヤクザ)や愛人、そして祖父の友人共を巻込んで、はてさて、遺産の1億の行方はいかに・・!?

と、まぁ、そういう内容です。
昔のホームドラマとかファミリードラマには、こういうドタバタ喜劇結構ありましたよね(「時間ですよ」とか「寺内貫太郎一家」とか・・)。
まぁ、ちょっと荒唐無稽なストーリーではあるけど、
終わりまでドタバタパワーは衰えず、楽しく読めました。

ドラマ化するなら、映画化するなら、配役は誰が良いかな〜・・なんてつい考えちゃったりして。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
このお祖父さん、亡くなっているのにここまで生きている息子・娘をかき乱すなんて。

 こんな人がいたら、数々のお爺さんの友人や、息子さんたちが
お祖父さんの生前での文句を言いながらもちゃんと実家に集まるのが分る気がするなぁ〜。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover