通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この子はこの子でいいんだ。私は私でいいんだ―これで... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

この子はこの子でいいんだ。私は私でいいんだ―これで、子どもの未来が輝く 単行本 – 2004/12/3

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • この子はこの子でいいんだ。私は私でいいんだ―これで、子どもの未来が輝く
  • +
  • 翼ひろげる子―子どもの生きる場所は、家庭、学校、友達の3つ。そのどれか1つにでも自分のことを受け止めてもらえるならば、子どもは生きていける
  • +
  • 思春期にがんばってる子―お母さんもお父さんも、おまえのことが大好きだよ。たとえ学校へ行けなくても、おまえは、とってもいい奴だよ。
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

子どもを守ろうとするならまず、お母さんを支えなければなりません。子どもたちの様々な問題の解決を、「母親のサポート」「子育て支援」の視点からとらえなおします。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

明橋/大二
昭和34年、大阪府生まれ。精神科医。京都大学医学部卒業。国立京都病院内科、名古屋大学医学部附属病院精神科、愛知県立城山病院をへて、真生会富山病院心療内科部長。児童相談所嘱託医、小学校スクールカウンセラー、富山県児童虐待対応相談チーム委員、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと副理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 1万年堂出版 (2004/12/3)
  • ISBN-10: 4925253174
  • ISBN-13: 978-4925253178
  • 発売日: 2004/12/3
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 111,030位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
輝ける子シリーズで、具体的な対処法といった内容です。
お子さんがいらっしゃる家庭にぜひ、一冊。
特に父親、おじいちゃん、おばあちゃんにも呼んでもらいたい本です。
そして、子供に関わる方すべての方にお勧めします。
さまざまなサポートの仕方が具体的載っています。
「子供を守ろうとするなら、まずお母さんを支えなければなりません。」
私自身も さまざまな価値観の中で振り回され、
その中で下された善悪で母親が悪いと烙印を押され、
身動きできないでいました。
不登校の親がたどるこころの過程の第6段階もとても納得!!
どこまで受け容れたらいいのか、悩んでいるお母さんには、必見です。
最後に「相手を固定する言葉の作り方」は、子育てだけでなく、
人間関係でとてもお得なお話です。
何度も読み返して、ぜひマスターしたいと思います。
母性の事は、ひとつも書いてないのですが、
無くした母性を自然と取り戻せた様です。
母性が無いと言ってしまうのは、簡単ですが、問題点を責めなくても、
私は私のままでいいと分かるだけで取り戻せる事も教わったような気がします。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まだ子育て真っ最中なので、文章がひとつひとつ響いてきました。
以前、子供の担任の先生に
「この子はこどもらしくない。お母さんの愛情不足では」といわれたことがあります。
その時、とても責められている気分になりました。
そしてその後、私は育児には向いていないのかと、苦しい思いをしたのを思い出しました。
当時、本当は愛情たっぷりの優しいお母さんをやりたいのに、それが出来ない。
誰かにそれをわかって欲しかった。。。と思いました。
そういう思いが、この本を読んで癒されたような気がします。
子供が1年間不登校をしていた時期がありましたが、
本文にある、5段階を経てきました。
今、ようやく、タイトルのとおり、この子はこの子でいいんだと思えるようになりました。
何かあったら、おまじないのように、「この子はこの子でいい。私は私でいい」と唱えるようにして気持ちを落ち着かせています。
「男は仕事、女は仕事、育児、家事」
という環境の中でめいっぱいがんばっているお母さんへのエールがいっぱいつまっています。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
以前から、この方の本には癒され勇気付けられてきましたが、今回のこの本は極め付け。子育てに悩む多くの母親を救う事でしょう。どういう子育てをして行くかという事を考える時に、子供だけに焦点を当てるのではなく、その母親にもスポットを当てるという、いままでに有りそうでなかった視点です。子育て本の中には、「~~すべきだ」とか「~~した方がよい」といった、アドバイスというか決めつけ的なコメントが多くて却って読んで落ち込むといった事も有るかと思いますが、この本にはいっさいそういう表現はなく、「それでいいじゃないか、一生懸命やってきたんじゃないか」という温かい文章が溢れています。子育てに悩む全母親にお勧め!
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
よくある話の中の一冊だったと思いました。悪くもないけど感動もない。。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私の持っている、数少ない泣きながら読んだ本。
私が特に心に響いた一節は
『事情も知らず、根拠もなしに「子供がかわいそう」などと、言うべきではない』
と言う著者のひと言。
義母も実母も、夫すら言ってくれなかったひと言がこの本には書かれてありました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
診療のかたわら年50回の講演をこなしているカリスマ心療内科医の明橋医師の本です。
ジャンルとしては子育ての本になりますが、決して母親向けに具体的な子育ての手順を書いた本ではありません。子どもが成長してくるにつれて、親や周囲の人が持つ悩みや疑問に、丁寧に答えている本です。
母親のみならず、父親やその他のすべての人が読んだらいいのではないかと思える本です。
子どもに問題があると、親が責められがちですが、それは間違っていると著者は指摘しています。周囲の声で悩んでいる親にとっては、とても励まされる本ではないでしょうか。
私には子どもがいませんが、心の「自立」ということについて、この本を読んで参考になる部分はとても多かったです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告