通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この国を出よ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

この国を出よ 単行本 – 2010/9/29

5つ星のうち 3.8 72件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 535 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • この国を出よ
  • +
  • 現実を視よ
  • +
  • 一勝九敗 (新潮文庫)
総額: ¥3,661
ポイントの合計: 145pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

誰が日本をダメにしたのか? 警世憂国対論。

中国がGDPで日本を抜き去り、韓国ではサムスンやLG電子が急激に業績を伸ばす一方で、我が国では、依然として景気回復が遅れ、900兆円以上の借金を抱えて立ち往生している。
大前研一氏と、同氏と交流のある柳井正氏の2人は、そんな日本に警鐘を鳴らし、世界に飛び出す必要性を説いている。実際にユニクロでは、世界戦略を進め、上海やパリなど世界各都市に旗艦店を出店して大成功を収めている。
・誰が日本をダメにしたのか?
・「ユニクロ」はなぜ世界へ出るのか?
・そして、ビジネスマンと企業はグローバル社会で
どう戦えばいいのか?
2大論客による警世憂国対論集。

●主な内容(予定)

「もう黙っていられない」――柳井

「『失われた20年』に失った300兆円」――大前
「絶望的なのに能天気な国民」――柳井
「負け戦に突き進む『ミッドウェー後』とそっくり」――大前
「もはやレールの先は断崖絶壁だ」――柳井
「ジャパン・パッシングが本格化している」――大前
「『実行しない』『信念もない』為政者たち」――柳井

「グローバル時代に生き残る人材となるために」――大前

ほか

編集担当者からのおすすめ情報
世界が注目する経営者、柳井正ファーストリテイリング会長兼社長(CEO)が初めて語る「憂国論」。
そして、屈指の経営コンサルタント・大前研一氏とともに論じる「復活への処方箋」。
そして、「グローバル時代に生き残る人材になるにはどうすればいいか」がわかる。ビジネスマン・企業経営者はもちろん、学生やキャリアウーマンなどにとっても必読の書です。

出版社からのコメント

世界が注目する経営者、柳井正ファーストリテイリング会長兼社長(CEO)が初めて語る「憂国論」。
屈指の経営コンサルタント・大前研一氏とともに論じる「復活への処方箋」。
そして、「グローバル時代に生き残る人材になるにはどうすればいいか」がわかる。
ビジネスマン・企業経営者はもちろん、学生やキャリアウーマンなどにとっても必読の書です。

●読者特典●
本書巻末に記載されたURLにアクセスいただくと、
株式会社ビジネス・ブレークスルー(代表:大前研一氏)が
提供する特別映像が無料でご覧いただけます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 210ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/9/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093897298
  • ISBN-13: 978-4093897297
  • 発売日: 2010/9/29
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 72件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,417位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
当書の価値は言及するまでもないが、気になる点が幾つかあるので敢えて星は1つ減らした。政治・経済・人材に触れた各所においてそれぞれ評価すべき点と批判的に見るべき点があると考える。当書の激励に全力で応えつつ、批判的な視点も忘れずに両巨人を超えてゆこうとする「蛮勇」こそ読者に求められている。

日本の財政が破綻必至であるとの指摘は正しい。「政治家は口先だけで何も実行していない」とする指摘も正しい。しかし最大のバラマキは子供手当などではなく年金と医療である。予算額を見れば明らかだ。積み立て、納税した額より多く貰おうとするから大赤字になるのだ。(北欧諸国は育児支援に多額の予算を投入して女性就労率を引き上げ、一人当たりGDPを高めている)

日本の経済界にもロールモデルが少ないとの指摘は鋭い。資産課税も現下の状況における最適解だ。しかし「日本の税率が高過ぎてやる気を失わせる」は単なる都市伝説である。オランダ・デンマーク・スウェーデン・オーストリアは日本より所得税・付加価値税ともに日本より重いが、一人当たりGDPはいずれも非常に高い。豪州も実は最高税率が高い。「重税で成長率低下」との仮説は実証研究で否定されている妄言だ。

平気で選挙干渉を行い、小学校の段階でエリート以外の人を切り捨てて教育するシンガポールの陰鬱な側面も忘れてはならない
...続きを読む ›
1 コメント 233人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
個人的には駄作だと思いました。
前提としては、私は大前さんも柳井さんも尊敬しています。しかし、本としては駄作だと感じます。駄作の理由は大きく3つ。

'1)最終書の結論を先に大きく掲げるべき。
  前半はひたすら批判。202ぺーじのうち前半78ぺージ(38.6%)はほとんど政治批判。
  政治家の実名、党をあげてボロクソに書いてある。たしかに日本の借金900兆円はひどい。でもそれは誰でも批判できる。
  政治批判だけで明確な改善点を前半でまったく提唱していない。大前さん&柳井さんらしくない。そして二人の批判合戦が対談形式でエスカレートしていくだけ。
  政治批判はだれでもできる。最終章の”経営改革案”がポイントでしかも大前さんらしいロジカルでいいこと書いてあるのに、短く目立っていない。
  大前さんが真剣に考えていないのか、もしくは編集長の思惑なのか、本当に大事なポイントが最終章で簡単にかかれている感じ。残念。
  批判しているほうが、本の売上はのびるのだろうか。なんだか安い週刊誌みたい。
  最終章には「よい政治家育成」といういいことが書かれている。しかし、大前さんも柳井さんもまぎれもない事実として「人を育てられていない」。
  だから説得力が低い。
...続きを読む ›
1 コメント 191人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 上司から面白いよと言われて読み始めました。柳井さんの本は「一勝九敗」
を以前読んで面白かった記憶があります。大前さんの本は数冊読みましたが。
最近は読んでいません。他のレビュアーの方が指摘しているように、同じ内容
が多く、昔のご自身の実績や最近の仕事の広告が多い印象があり、敬遠をし
ていました。

 私は2003年から上海で仕事をしており、そう言う意味ではこの本の趣旨を実
践しております。といっても、企業の派遣駐在員で本社組織の中での仕事・待
遇に限られるので、広い意味で言えば日本の○○支店と変わらないとも言えます。

 それでも、異文化での業務は非常に刺激が多いのは事実です。仕事の進め方
や企業人の倫理、態度としては日本が優れていると思うことは多いですが、仕
事は利益を出してなんぼの世界でもあります。実際に中国式で高収益をあげて
いる企業・個人は星の数ほどいるという現実を見ないといけないと思います。

 この本のまとめに書いてある、「日本人よ海外に出よ、そして将来戻って来
い!」というのが印象的でした。私も当面は上海で仕事を頑張ろうと思ってい
ます。将来的には日本企業の組織ではなく、現地企業、起業などのシビアな
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
かぎ括弧でくくられた会話的な文章が続いたり、それぞれの発言に対する相槌の言葉が多発するような対話集ではないが、それぞれの発言を受けてそれぞれが発言の真意を汲み取り思想を深めているよい対話集だと思った。このような対話ができる人を見つけられたら、そして自分がそこまで高められたら、さぞかし楽しい人生であろう。

世界の流れ、その中における今の日本の置かれている状況の客観的分析、そして今後日本人として行うべきことを、理屈だけでなく実務から来る経験に基づいてわかりやすく洞察、提言している。

さらに「稼ぐ」ということを「人の役に立つモノやサービスを作って、その代わりにお金をいただき、そして納税をするという社会貢献をすること」と明快に定義して、「稼ぐ」ことの重要性を訴えることを主題としている。一般的に日本語でお金を稼ぐというと必ずしもいい響きはないが、このように定義されていれば、最初の段階で変な後ろめたさを感じて躊躇することなく、自分の人生と社会を良くするための行動として捉えて迷うことなく邁進することができる。

たしかに彼らがどこかの著作や講演で述べていることの総編集的な部分もあり、彼らの著作にたくさん触れている人にとっては新味はないと感じる。が、むしろそれだけ思想と実行にブレがない証拠だととらえることもできる。それよりもこれまで彼
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー