Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 216
(税込)
ポイント : 2pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[堀内厚徳]のこの剣が月を斬る(1) (週刊少年マガジンコミックス)
Kindle App Ad

この剣が月を斬る(1) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 216
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1 ¥ 1

紙の本の長さ: 192ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

沖田宗次郎(沖田総司)、9歳。父親のいない少年は剣術道場「試衛館」に預けられ、兄弟子・嶋崎勝太(近藤勇)と運命的な出会いをする…。後に歴史上最強の剣客集団「新選組」を結成する少年達の涙と絆の青春時代。彼らは決してスーパーヒーローではなかった。何者でもない自分に悩み、社会に打ちのめされ、それでも仲間と共に夢を見た。この物語は「時代劇」ではない。一歩を踏み出せずにいる全ての少年達に贈る、「君の物語」。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 53928 KB
  • 紙の本の長さ: 195 ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/9/16)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LLAVBY6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
沖田の少年時代から始まります。ヒロインが出てきたり、妖怪みたいな人間(敵)が出てきたりして、キャラ重視で本作独自の解釈を入れまくった作品になるのかな~と思ってました。しかし、青年時代に入ってからは歴史に名を残す事件が描かれ始めるなど、ちゃんと時代考証をした話も入ってきます。
1巻の時点では少年時代の話で盛り上がりに欠けるため評価は★★★にしましたが、青年時代に入ってからは面白くなるので今後のストーリーに期待しています。
ただ、青年時代に入ってからも人間らしからぬ敵キャラ(個性を誇張したようなキャラ)が出て来るのはあまり好ましくありませんが……見せ場を作るためかもしれませんけれど。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
新選組って、みんなどこか欠けているというか、みんなちょっとずつダメな奴らの集まりだから、面白いと思います。この漫画は、そういう「人間」としての新選組の生々しさがよく描けていて、熱い。1話目の宗次郎の勝太のシーンは、泣けました。自分の青春時代を思い出すというか、こんな仲間がいたら楽しかったろうなぁというか。ストーリーは、王道に史実をたどっているようで、実はけっこう新解釈も加えていたり、よくできた漫画。雑誌でも追っているけど、藤堂平助や斎藤一のキャラが斬新で、2巻で登場するのが楽しみ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
新撰組ものは何作品も読んでいますが、新しい切り口もあればどこかで見たような内容もあり。
沖田総司という人物は、口は悪くても丁寧なものいいだったり、そこまで現代っぽい話し方をしないという描かれ方をいつもしているからか、一番下にも関わらず今時の少年のような話し方をするところがちょっと新鮮でもあり、違和感を感じるところでもあります。
それから、個人的な意見ですが、少女漫画のような絵の線の細さ、ときどき太めの線もありますが、絵に勢いを感じません。
絵はそれなりと思うのですが、線に物足りなさをとても感じます。
まだ話も始まったばかりということで、今後に期待したいと思います
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover