Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 44 (4%)

Kindle 価格: ¥880

(税込)

獲得ポイント:
54ポイント (6%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[竹中平蔵]のこの制御不能な時代を生き抜く経済学 (講談社+α新書)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


この制御不能な時代を生き抜く経済学 (講談社+α新書) Kindle版

5つ星のうち3.7 7個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥880
新書 ¥924 ¥1
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

著者について

竹中 平蔵
1951年、和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行入行。大阪大学経済学部助教授、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て、2001年より小泉内閣で経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣などを歴任。現在は東洋大学グローバル・イノベーション学研究センター長・教授、慶應義塾大学名誉教授などを務める。著書に『大変化 経済学が教える二〇二〇年の日本と世界』(PHP新書)、『400年の流れが2時間でざっとつかめる 教養としての日本経済史』(KADOKAWA)、『世界大変動と日本の復活 竹中教授の2020年・日本大転換プラン』(講談社+α新書)ほか多数。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

竹中/平蔵
1951年、和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行入行。大阪大学経済学部助教授、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て、2001年より小泉内閣で経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣などを歴任。東洋大学グローバル・イノベーション学研究センター長・教授、慶應義塾大学名誉教授などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1772 KB
  • 推定ページ数: 144 ページ
  • 出版社: 講談社 (2018/6/21)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07DHHYC32
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 204,295位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
評価の数 7
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
ベスト1000レビュアー
2018年9月14日に日本でレビュー済み
形式: Kindle版Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月22日に日本でレビュー済み
形式: 新書Amazonで購入
2018年10月5日に日本でレビュー済み
形式: Kindle版
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月9日に日本でレビュー済み
形式: 新書Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年10月10日に日本でレビュー済み
形式: 新書
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月1日に日本でレビュー済み
形式: Kindle版Amazonで購入
2019年3月4日に日本でレビュー済み
形式: 新書
click to open popover