中古品
¥ 250
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 zakka cozy cafe
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付きです。 中古品の為、経年程度の使用感はあります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

この中に1人、妹がいる! (MF文庫J) 文庫 – 2010/8/21

5つ星のうち 2.8 37件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,798 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

在学中に彼女をつくれ。 ただし――この中に1人、妹がいる! 将悟は父の遺言に従って政財界のお嬢様たちが多く通うこの学園に編入した。「在学中に伴侶となる女性を見つけること」つまり彼女を作ることが遺言だったのだ。ところが将悟には顔も知らない生き別れの妹がいることが判明する。そして将悟の誕生日、差出人不明のケーキが届き、携帯の着信音が鳴る。「お誕生日おめでとうございます、お兄さま。お慕いしております」――どうやら妹もこの学園にいて、将悟に正体を明かさずに近づこうとしてる!?将悟は妹と“正しく” 再会して彼女を作れるのか!? 魅惑の変則ラブコメ始まる!

内容(「BOOK」データベースより)

将悟は、父の遺言に従って、政財界のお嬢様たちが多く通う深流院学園に編入した。「在学中に伴侶となる女性を見つけること」…つまり彼女を作ることが遺言だったのだ。ところが将悟には、顔も知らない生き別れた妹がいることが判明する。そして将悟の誕生日、差出人不明のケーキが届き、携帯の着信音が鳴る。「お誕生日おめでとうございます、お兄さま。お慕いしております」―どうやら妹もこの学園にいて、正体を明かさずに将悟に近づこうとしてる!?将悟は妹と“正しく”再会して彼女を作れるのか!?魅惑の変則ラブコメ、始まる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 261ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2010/8/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 484013488X
  • ISBN-13: 978-4840134880
  • 発売日: 2010/8/21
  • 梱包サイズ: 14.5 x 10.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 628,713位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 アマ 投稿日 2017/6/12
形式: 文庫 Amazonで購入
よく、この程度の文章能力でデビュ-させたのか理解できない・・・
イラストで衝動買いしましたが、ここまで内容がないものを平気で文章に出来る能力には尊敬したします。
続きを読みたくないと思わせる作者の文章能力は流石ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
発想と設定は悪くないがそれを生かせてない。
ある程度のご都合主義や主人公補正などは許容できるがこれはひどい。
典型的なハーレムもご都合主義も主人公補正もそれなりの理由があるならば納得できるがその説明もない。
後半になって明記されていたが、そのエピソードの薄っぺらさや無理やりというか強引さときたらもうね。
実の妹がキーになっているラノベは初めて読んだがこれほどとは思いもよらなかった。
妹系のラノベはこれが水準なのだろうか。
何度か挫折して読み終わってみれば、全く続きが気にならないという始末。
続きを買うことはまずない。
あ、でもイラストは良かったです。
このレビューで気分を害された方には申し訳ないですが僕には合わなかったようです。
辛辣なレビュー失礼します。
期待していただけに残念でならない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
他の方のレビューにもありますがストーリーが酷すぎて気持ち悪いです。良くこんな酷いもんがアニメ化なんてしたと思いますね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
設定はいいけど、長編にした場合結局妹がわからず最後まで引っ張るわけだから辟易とする。
主人公が妹が誰かわからないのをいいことに恋人になろうとするのをずっと見てると、イライラしてヒロイン全員捨て置きたくなる。
メガネは完全に時代遅れ。

チョロインがキャピキャピしてるだけがメインでも平気って方はイケるはず。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公の設定に許容があるなら、お読みください。
聖人君子な主人公のニーズがあるのでしょうか。
人間は、弱い面があった方が面白みを感じますし、共感もできます。

典型的なハーレムラノベですが、ここまでご都合主義には、唖然とします。
主人公への女性からの好意を見せ場としても、どうなのかなと思います。

CUTEG さんのイラストは、素晴らしいと思います。

辛辣なレビュー、すいません。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
全体的に都合が良すぎる印象を受けました。
そして登場人物達が現れてすぐいきなり主人公にデレるので、正直あまりの
唐突な展開とテンポについて行けませんでした。

キャラの行動も理不尽なことが多く、いまいちすっきりしない読了感でした。
オチが次巻に続く感じで終わったので、そのせいかもしれませんが。

面白さは後半に行くにつれてじわじわくるので、全体的に考えてこの評価に
しました。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「この中に1人妹がいる!」というタイトルには、かの名作『おねがいツインズ』を思い出させるものがあるが、中身は似ても似つかぬ内容。
大企業の御曹司であり将来に向けて英才教育を施されたという設定の主人公だが、作中の描写を見ていても、ナンパの方法以外いったい何を学んだのか疑わしくなる。主人公に限らず、どうしてこう日本人作家の描く「お金持ち」は全然それらしく見えないのだろうか。不思議といえば不思議。
さて、本書の面白さは、主人公が出会う魅力的な女性たちのなかに1人「妹」が含まれており、それがわからないため手を出せないという設定にある。妹なら家族になれる。他人なら恋人になれる。それがわからないグレーゾーンの関係は両者が入り混じった独自の面白さがあるように思う。ただ、本作では恋人関係に到達するのをぎりぎりで押しとどめるストッパーという役割しか果たしておらず、結果、よくある寸止めラブコメになっている。それがいいのだ、と言われれば一言もないが、妹なら家族になれることをもうちょっとポジティブに扱ってほしかった(ひたすら主人公に迫ってくるヒロインに対して、そんなことを考えられるわけないのだが)。
誰が妹であるかを、妹本人は知っていて、主人公は知らない、という関係の非対称性を基軸にしたことは、結果として「主人公が女性に振り回される話」以外の展開を不可能にする不自由な選択だったように思われる。この第1巻しか読んでいないが、そのうち「1人以外全員妹」になりそうな予感(筒井康隆か)。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー