通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/26

5つ星のうち 4.9 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,850 ¥ 1,435

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック
  • +
  • 「この世界の片隅に」公式アートブック
  • +
  • この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
総額: ¥5,128
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

熱烈なファンを抱えるこうの史代原作の「この世界の片隅に」が、今秋11月に劇場アニメとして公開される。
第二次大戦時の広島の軍都、呉を舞台に一人の女性、すずの生活を描く。
戦時の生活を細密に描き、読者の圧倒的共感を博した原作の魅力を存分に映像化!
その製作現場を紹介。ロケハン写真、膨大な資料の一部、メイキングのプロセスも紹介。
片渕監督とこうの史代、キャストの面々のインタビューも掲載予定。

内容(「BOOK」データベースより)

クラウドファンディングで話題沸騰のアニメ『この世界の片隅に』は、どのように作られたのか?その裏側を徹底解説した公式ムック!片渕須直監督、のん(すずさん役)をはじめとしたスタッフ&キャストインタビュー。映画化への道のり/ビジュアルストーリー/設定・原画・背景画ほか。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 104ページ
  • 出版社: 双葉社 (2016/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 457531188X
  • ISBN-13: 978-4575311884
  • 発売日: 2016/10/26
  • 商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,419位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 柚子水 投稿日 2016/12/9
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
やっと買えました!読みごたえあります。すずさんや登場人物のいろんなパターンが見れるのが楽しかったです。
あと、みなさん書いておられますが、待てば定価で買えますよ!わたしも待ちましたが、その価値のある内容です。劇場パンフレットはまだ入手できてないのでなおさら・・・
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は勧められて映画を観ました。とても良かったのですが、観落とした部分、聞き取れなかった部分に大事なものが隠れているように思いました。
映画館で入手したパンフレットには書かれていたかったので、今度は家族と一緒に観る時に確かめようようと計画し、2度目を見るまでの間にこの公式ガイドブックを読んでみました。おかげで観落としを思っていた以上に教えられ、2度目の鑑賞が深まりました。
で、3度目を観る前に、また本書をおさらいすることと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
作品の設定資料集だが、とにかくスタッフのこだわりが半端ではない。
戦時中の食べ物を自分達で作り、藁ぞうり作りにまで監督みずから体験している。
ここまでいくとアニメのガイドブックという枠をこえて、「呉」の郷土史や産業考古学的価値までありそうだ。
とにかく、調べれるものは徹底的に調べようということだったようで、スタッフの努力には頭が下がります。
映画を観たときはヒロインのすずさんはとにかく地味なスタイルの印象しかなかったのですが、あれ?
こんなに色々衣装がえをしていたのかとあらためて思ったのでした。映画をご覧になった方はぜひ一冊
お手元においてみてはいかがでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
上映開始から3日目に劇場へ行くも…パンフレットが入手できなかったので「公式ガイドブック」である本書を購入しました。
本誌に掲載されている記事を順に簡略化して書くと以下の通りです。
1.原作とこうの史代。
2.映画化への道。
3.イラストつき登場人物紹介。
4.すずと社会の出来事年表(地図つき)
5.日記調に描くビジュアルつきストーリー 前編。
6.声優さんインタビュー。
7.ビジュアルつきストーリー 中編。
8.この世界の~辞書。
9.劇中に登場したファッション一覧。
10.同じく食べ物一覧。
11.すずの生活(料理など)をスタッフが実体験!
12.宣伝用ビジュアルギャラリー。
13.こうの史代インタビュー。
14.すずの歩いた風景。(実際にある景色なんですね~!)
15.呉と軍艦。
16.すずの体験した空襲(映像のリアリティに関心します!)
17.スタッフらの対談やインタビュー。
18.レイアウト原画。
19.美術監督と美術。
20.音楽とコトリンゴ。
21.片淵監督インタビュー。
22.ビジュアルつきストーリー 後編。
23.巻末を飾る…美し
...続きを読む ›
コメント 155人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
なぜか定価1800円が既にプレミア価格になってしまっている点は残念ですが、それでも買って良かったと思える内容でした。
映画自体は今のところ3回観に行ってますが、このガイドブックに目を通してみると、3回観ても見過ごしていたところが多いことに驚いています。それほど映画本編の内容が濃いということでもあるのですが、、、
映画館で買えるパンフレットでも結構な情報量はあるのですが、本書ではパンフレットには掲載されていないレイアウト設定や、当時の街並みや建物についての考証の詳細など、やはり情報量は遥かに上です。
特に街並みや建物・景色についての考証は、その実際(戦争で破壊される前の街並みや建物)を映画を観る人のほとんどは知らないわけですから、このガイドブックを見ないと、映画の中でどれほど詳細に考証されて描かれているかわかるはずがないのです。
原作では最初のシーンが昭和9年1月なのに、映画では昭和8年12月とした理由も時代考証の結果ということで、なぜそうしたのかについても本書の中で説明されています。

「この世界の片隅に」という作品は、すずさんという普通の庶民の生活が戦争によって徐々に蝕まれていく姿を、日常の生活を通して描いていますが、そのリアリティからくる説得力は、まぎれもなくこの時代の生活や街並み・風景などの徹底した考証から得られてい
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー