通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この世界の片隅に 上 (アクションコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス) コミックス – 2008/1/12

5つ星のうち 4.8 119件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 337
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
  • +
  • この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)
  • +
  • この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)
総額: ¥2,100
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 142ページ
  • 出版社: 双葉社 (2008/1/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575941468
  • ISBN-13: 978-4575941463
  • 発売日: 2008/1/12
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 119件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
豊かな画を見ると、心が温まる。なんとも言えない想いがよぎり、優しさに包まれた。ほんとオススメ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer トップ500レビュアー 投稿日 2016/11/20
形式: コミック Amazonで購入
アニメーション作家、片渕須直さんが本作を映画化した作品を観ました。とてもすばらしかったのですが、登場人物や小道具、なじみのない慣習や言葉など情報量が多く、一回ですべて理解できませんでした。そのためもう一度鑑賞する前に原作を読んでみたくなり、本作を手にとってみました。評者はこうの史代さんの作品を読むのははじめてで、全3巻とおしての感想です。

作中では、昭和19年(1944)に広島市から呉市へと嫁いだ18歳のす女性すずの姿をとおして、戦時下にあった市井の人々の暮らしが描かれます。上巻では物語の前日譚(「冬の記憶」「大潮の頃」「波のうさぎ」)である、すずの幼少時のエピソードが収録されています。また漫画全体は緻密な考証にもとづいており、ところどころ欄外に註釈が書き込まれていたり、遊び心あふれる図解が挿入されているため、作中の世界観をより詳しく知ることができました。
以下は収録内容。

・上巻……「冬の記憶」(昭和9年1月)、「大潮の頃」(昭和10年8月)、「波のうさぎ」(昭和13年2月)、「この世界の片隅で」第1~11回(昭和18年12月~19年7月)
・中巻……「この世界の片隅で」第12~28回(昭和19年7月~20年4月)
・下巻……「この世界の片隅で」第29~45回(昭和年20月4月~21年1月)
...続きを読む ›
コメント 402人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この絵のタッチが儚いと言うか切ないと言うか。
映画が良かったので原作も買った。
良い。
すずちゃんの様な嫁さん最高!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
映画を観て、りんさんのエピソードが気になって上中下を買いました。
映画は原作にかなり忠実なんだなと驚きました。
漫画の絵も素晴らしかったです。
小さい可愛い絵があったり、大きな見開きのダイナミックな絵があったり読んでて楽しかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
映画化もされ、非常に評価が高いのも頷ける。
私の祖父母も含めて 多くの日本人が この主人公「すずさん」のような暮らしを当時していたんだろうと思う。
基本的に現代人も当時の人々も心情は変わらない。
そうして親近感が湧く分、なおさら悲劇に心が痛む。
だが、どんな状況下に置かれても常に前を向き、「生きよう」としたからこそ、今の我々があるのだ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
故郷の呉について書かれていると言うこともあり、すごく親しみを覚えながら読みました。
ほのぼのしながらも戦争の悲惨さについて、とても身に染みます。
一度は読んでもらいたい作品ですね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひろ トップ500レビュアー 投稿日 2016/11/13
形式: コミック Amazonで購入
全巻読み終えてのレビューです。
読むと人生観が変わるような作品です。

普通の庶民が、普通に、当たり前に生きていく。

それが、かけがえのない、素晴らしいことなのだと、
気付かせてくれます。
ぜひ、全巻最後まで読んでみてください。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
あの戦争は何だったのか、経験した当事者ですら未だによくわからないというのが庶民の正直な感想なのではないでしょうか。
現在は構成が変わって上下巻の2巻になっています。
これからもずっと語り継がれて欲しい話の一つです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
映画を見て1ヶ月くらいですかね…
Amazonさんで購入しました(田舎なので売ってるところがなくて)
すごいですね…言葉に出ないですが、
暖かさというものがあります。
映画見たから先わかってるからいいやとかではなく、
初めて見るような感覚です。
買ってよかったので★5です
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
太平洋戦争末期。一人の女性が、結婚をして広島の呉で生活をする。

大体の戦争作品ですと、貧しく、登場人物達の顔色も悪く、「戦争はいけないんだ」と言う台詞が出てくるのでしょう。

ですが、この作品はそういう描写はありません。戦時中なのですが、ほのぼのとしています。

主人公すずが、そういう雰囲気を出しているからなのでしょう。

戦後生まれの私は、日本で起きた過去の出来事を、大体は知っています。ですが、どんな暮らしをして、どんな心境だったのかは、あまりわかりません。

ですから、すずを見ていると、「ああ、こういう人も、いたかもしれないよな」と、新しい発見のような、改めて気づかせてくれる作品です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー