通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講 単行本(ソフトカバー) – 2011/11/26

5つ星のうち 3.9 28件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 30

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講
  • +
  • この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講
  • +
  • この世で一番おもしろい統計学――誰も「データ」でダマされなくなるかもしれない16講+α
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

■「あのクソつまらないミクロ経済学が、こんなにおもしろく学べるなんて!」
――お笑いと経済学を両立した、ありそうでなかった最強の入門書、誕生!!

経済学に「ミクロ」とつくだけで、反射的に拒否反応を起こしてしまう……。
そんなオカタイ印象のある「ミクロ経済学」のイメージをふっ飛ばしてくれるのが、この本だ。
全編おバカな(ちょっとだけカワイイ)マンガとシニカルな笑いで突っ走りながらも、
べらぼうに役に立つ驚きの構成で、入門書としても最高の仕上がりに。
まさに「お笑いと経済学を両立」した1冊だ。

そんな本書の著者バウマンは、自称・世界でただ一人の「お笑いエコノミスト(Stand-Up Economist)」。
マンキューの「経済学の10大原理」をパロったプレゼンで爆笑をかっさらい、
マンキュー本人から絶賛されるという一件で一躍名を馳せた、異色の経済学者だ。

■マンキュー絶賛! マスキン脱帽!!
 ――ノーベル賞経済学者も舌を巻いた!? 続々寄せられる絶賛の声!

もちろん、ただおもしろくて役に立つだけではない。
世界の名だたる経済学者(もちろんその中にはマンキューも!)から絶賛の声、声、声。

「経済学の勉強は楽しくなくちゃ。バウマンとクラインはそれを見事に実現した!」
 ――グレゴリー・マンキュー(ハーバード大学経済学部教授)

「お笑いと経済学ってなかなか両立しない。でもこの本にはそれがある!
経済学の重要な考え方について、シンプルに、正確に、そして楽しく説明した素晴らしい仕事。これは偉業だ!」
 ――エリック・マスキン(2007年ノーベル経済学賞受賞)

■「ゲーム理論」を盛り込み、「需要と供給」がアンカー!?
 ――未だかつてない「とっつきやすさ」。それこそ本書の最大の魅力。

さて最後にうんとマジメな話を。
この本で一番すごいのは、なんでミクロ経済学がおもしろくないか、を
バウマンたちが考え抜いていて、
最も「とっつきやすい」構成を実現したことだ。
その意志が顕著に現れているのは、「需要と供給」の話が後半になるまで登場しないこと。
そう、市場という抽象的でイメージしにくいものから入ることを意図的に回避しているのだ。
バウマンは、市場を構成する「合理的な個人」に焦点を当て(Part1:意思決定やリスク)、
数人の間でのやりとり(Part2:ゲーム理論や公平の問題)を経由し、
最後に「需要と供給」を含む抽象的な枠組みの解説(Part3)へと進んでいく。
この順序こそ、本書をとっつきやすくしている最大のポイントなのだ。
(詳細は、もう少し下の段の「目次を見る」をクリックしてほしい)

さああなたもミクロ経済学を学んで、
地球温暖化、増え続ける税金、似たりよったりの保険、マグロを絶滅から守る……などなど、
今われわれを悩ませる大問題をちょっと深く理解してみませんか?

内容(「BOOK」データベースより)

ノーベル賞経済学者も舌を巻いた、マンガで読むミクロ経済学。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2011/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478013241
  • ISBN-13: 978-4478013243
  • 発売日: 2011/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 55,685位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ミクロ経済学を分かりやすく解説したマンガの訳本。
最適化する個人、取引、ゲーム理論、パレート改善、囚人のジレンマ、市場、需要と供給、弾力性など、ミクロ経済の概要を理解するための概念を解説している。

今まで、経済学の教科書などで勉強しても理解できなかった人には、とてもよいかもしれない。

しかし、概念のきちんとした定義が後半の「用語集」にしかないので、ある程度は経済学を勉強したことがあり、言葉について聞きかじったことのある、もしくは既にだいたい理解した人でないと難しいかもしれない。
ミクロ経済の知識のない人が、ゼロから勉強するための本ではない。

自分はミクロ経済について断片的にしか学んでいなかったので、最適化する個人、取引、ゲーム理論など、元々ある程度の知識があった概念については理解が深まったが、よく理解していない概念については、分からず仕舞いであった。

また、本書の解説でも触れられているが、本書はあくまでもミクロ経済学の基礎について取り扱っているので、行動経済学的な知見はあまり出てこないし、個別具体的な事象についても取り扱っていない。あくまで、基礎的な理論を理解しましょうというのが目的である。

本書を読んだだけで、ミクロ経済学を理解できる訳ではないが、途中で挫折した人や、ある程度勉強した人が全体を俯瞰するためには、一助となる一冊。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
これまでまともに経済の専門書を完読したことのなかった私にとって、本書が最初の最後まで読み切ったミクロ経済学の本となりました。親しみやすいイラストと分かりやすい構成でスイスイ読み進められました。

本書の構成は
1.個人の最適化戦略(合理的個人)
2.相互関係における最適化戦略(ゲーム理論)
3.市場のおける最適化戦略(需要と供給、競争市場)
と3部構成になっていてこの順に読み進めてスムーズに理解が進みます。他のミクロ経済本ではここでの3部から始めるものが多い気がします。ゲーム理論に大きなスペースを割いており、ゲーム理論の経済学における役割と位置づけがよく分かりました。

また、各所でこの理論はノーベル賞を取った成果といった紹介もあり、経済への興味をより深めてくれました。

本書はあくまで入門書なので、本書の理解をきっかけに他のミクロ経済学の本でより理解を深める必要はもちろんあります。原書では既に続本となるマクロ経済本が出ているそうです。続いて日本語の訳本が出るのを楽しみに待ちたいと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本の題名どおりかどうかは、正直疑問があります。
低い評価をしている人の意見にも同意できます。

ミクロ経済学の基本は押さえられていると思いますが、
題名から察するに初心者向け?と感じる割にマンガの構成には???です。
経済学に興味の薄い知人に少し読んでもらいましたが、
説明の流れが分からない、読みづらい(用語解説が巻末なので煩わしい)という返答ばかりでした。
ある程度の知識がなければ分からない、ということなのでしょう。
しかし、ある程度の知識を持っている方がこの本を買う意義があるのか???です。
復習の意味で読むということなんでしょうかね。

本来なら興味のない人にこそ読んでもらいたいという著者の意図があるはずですが、
絶賛する方々が経済学の知識を持つ人ばかりでは正当な評価かどうか疑いたくなります。
「知識のない人に教育する」ということがどういうことかを理解していない感じがします。
私は経済学を仕事として説明する機会があることから、
分かり易く解説するための手助けにとこの本を購入しましたが、
このまま引用してしまうと決して分かり易くはありません。

マンガ形式になってはいますが、一般的なマンガを想像して購
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は、還暦をだいぶ過ぎ、最近、分厚い経済学の入門書を何冊か読み始め(クルーグマンや
マンキュー、スティグリッツ等)、充分には判らないながらも、もっと若い時から読んで居ればと
後悔してる。
理解を深めるには、繰返し又他の色々な本も読まねばとも。

当本は、本屋で何回かペラペラ見て買うのを躊躇って居たが、帯に書いてある
『ノーベル賞経済学者も舌を巻いた、・・・』云々に釣られて思い切って買った(入門書と
しても良いかと。又翻訳本だし。)。
又、当『商品の説明』にも、あたかも面白く・楽しく読め、理解出来る様な、絶賛の
推奨文が羅列されて居たので・・・。

私が読んだ率直な感想は、これらとは程遠いものだった!!

他のレビューア、★1つの『経済学の知識がないとさっぱりわからない・・・』の
byダイナ "ダイナ"さんのコメントに全く同感です!!
(同じ内容を繰返しても無駄なので。)

他のレビューアが、
『小学生でも読めます。』
『経済学を全く知らなくても読めます。』
『経済学部への進学を考えている高校生にぜひ読んで欲しい。』
なんて書いてますが、私は、全く逆の感想です。
...続きを読む ›
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック