通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯なし。 カバー少し痛みあり。 中古品納得の上お買い求めください。A3
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講 単行本(ソフトカバー) – 2012/6/1

5つ星のうち 3.5 28件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 138

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「まさか失業やインフレ、不況のことを爆笑しながら学べるとは!
それでいてマクロ経済学の格好のガイドにもなる、画期的な1冊」
――エリック・マスキン(2007年ノーベル経済学賞受賞)

■「あのややこしいマクロ経済学が、こんなにおもしろく学べるなんて! 」
――マンキューも認めた「お笑い経済学者」バウマン、待望の第2弾!

全編おバカな(ちょっとだけカワイイ)マンガとシニカルな笑いで突っ走りながらも、
べらぼうに役に立つ驚きの構成で「お笑いと経済学を両立」した『この世で一番おもしろいミクロ経済学』。
この度ついに「マクロ経済学編」が登場!

そんな本書の著者バウマンは、自称・世界でただ一人の「お笑いエコノミスト(Stand-Up Economist)」。
マンキューの「経済学の10大原理」をパロったプレゼンで爆笑をかっさらい、
マンキュー本人から絶賛されるという一件で一躍名を馳せた、異色の経済学者だ。
■「失業」「お金」から始めて、「グローバル経済」が最後?
――最大の魅力は、やっぱり「とっつきやすさ」にあり!

少しマジメな話になるが、この本がすごいのはややこしさを噛み砕くための工夫がなされていることだ。

ひとつは、やはり「とっつきやすい」構成を実現したことだ。
本書では、あらゆるマクロ経済学的要素を、
一つの国に関わるマクロ経済(Part1:失業、GDPなど)、
国どうしのやりとり(Part2:貿易や為替、援助など)、
そしてグローバルなマクロ経済(Part3:景気変動、貧困、高齢化など)に切り分けて解説している。
徐々に視点を上げていくこの順序こそ、本書を魅力的かつとっつきやすくしている最大のポイントだ。
(詳細は、もう少し下の段の「目次を見る」からどうぞ)

■「訳者・山形浩生」の視点
――日本、いや世界の経済政策を考えるヒントとして

もうひとつは、マクロ経済学というものがいかに移ろいやすいか(だから“ややこしい")を、
様々な派閥の両論を併記することで示していること。
ギャグとは裏腹なこの冷静なバウマンの姿勢は、
「これだけまとまらないマクロ経済学が、それでも共有している各種の教訓」の重要さと、
各国の経済政策がいかにその教訓を無視しがちなのかをあぶりだすかのよう。

―― 本書に書かれた程度の、マクロ経済学の基本的な処方箋を、日本の――そして世界の――経済官僚たちは実施できていないのだ。(本書「訳者解説」より)

さああなたもマクロ経済学を学んで、
失業、GDP、為替から、経済危機&財政問題、環境破壊、貧困、高齢化……などなど、
今われわれを悩ませる大問題をちょっと深く理解してみませんか?

内容(「BOOK」データベースより)

GDP、雇用、貿易、為替…ややこしいマクロ経済学がシンプルに学べる。あのマンキューも認めた「お笑いエコノミスト」(自称)による最強の入門書第2弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2012/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478017832
  • ISBN-13: 978-4478017838
  • 発売日: 2012/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,342位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/7/31
形式: 単行本(ソフトカバー)
 この本の前に「この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講」が出版され、好評を博したとのことです。私は、「ミクロ経済...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
マンガというより、参考のイメージイラストが散りばめられているという本です。
文字数がかなり少ないので、要点だけまとめてあってスッと読めますし、
カンタンに理解できます。

ただ、前著の「この世で一番おもしろいミクロ経済学」を読んでいる前提で、
話す場面があったので、
セットで買ったほうがよさそうです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
そう言いながらスウェーデンの王様が
メダルを掲げている。
これが何人も繰り返されるのでノーベル経済学賞を
おちょくっているようにしか見えない
まあ気のせいだと思う
ポール・クルーグマンの「そして異星との貿易だって
ぼくは説明できるぜ!」というセリフは
イグノーベル賞授賞式でのスピーチの事なんだろうか。

ミクロに比べてマクロはこれが正解だって言えることが
少ないのだな。ミクロ版に比べて切れ味が悪いのは
もともとなのだろう。

これ一冊でどうにかなるものではなく
ある程度知っている人が笑うための本
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
これは、、、おもしろい!!!

なにがおもしろいって2時間そこいらで読めるのに、
読み終わったあとには、マクロ経済学について(さわりだけかもしれないが)、
人に語れる点である。

神の見えざる手なんて、正直単語レベルでテスト用に暗記しかしていなかった。

しかし、、、理解するとおもしろい。。。

おすすめです!!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 I am that I am. トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/6/30
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
この世で一番おもしろいかどうかはわかりませんが、マンガで平易にマクロ経済学を解説しています。
また、様々な経済思想の対立を極力排して解説していますので、偏らずにマクロ経済学を理解できると思います。

主要な経済学者・経済思想からマクロ経済学を学ぼうとするとどうしても、そのバイアスにとらわれてしまいます。
ですので、本書を先ず読んで、それから主要な経済学者・経済思想を読まれるほうがよいと思います。
(如何なる経済思想も、それが生まれた時代や場所や現象に基づいていますので、普遍的ではありません)

主要な経済学者・経済思想の信奉者たちは、
自身が信奉する経済思想の利点と、それに反する経済思想の欠点を比較して、
自身が進歩する経済思想が正しい、といったおよそ科学とは思えないことをよくやっていますので、
(特に、ケインズ信奉者がミルトン・フリードマンを攻撃するときに目立ちます)
特定の経済学者・経済思想とは縁の無い人が解説した本が役に立ちます。

そのうえで、
アダム・スミス、カール・マルクス、フリードリヒ・ハイエク、ジョン・メイナード・ケインズ・ミルトン・フリードマンなど、
を読まれると理解が進むと思います。
それも、できれば本人
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー