通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
このチャンスを逃すと10年待ち! マンションを今... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。ff1868
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

このチャンスを逃すと10年待ち! マンションを今すぐ買いなさい 単行本(ソフトカバー) – 2013/12/13

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,000 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • このチャンスを逃すと10年待ち!  マンションを今すぐ買いなさい
  • +
  • マンションは10年で買い替えなさい 人口減少時代の新・住宅すごろく (朝日新書)
  • +
  • 2018年までのマンション戦略バイブル
総額: ¥4,406
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『会社四季報 2017年 2集春号』特集
業界担当記者が独自取材・独自分析で上場企業の業績を先読み。「会社四季報」で、好調会社や有望銘柄を探す。 『会社四季報 2017年 2集春号』特集はこちら。

商品の説明

内容紹介

◆2015年、不動産価格は高騰する! 今こそ「資産インフレ」の波に乗ろう!
今こそチャンス到来! ついに「資産インフレ」時代へ突入、価値あるマンションを買って、資産を大きく増やすチャンス! 日銀の金融緩和政策、東京五輪、再開発地域の増加、そして山手線新駅など、これからは土地の値段は上がる要因ばかり。2014年までが新築マンションのギリギリの買いどき。まだ今のところ金利が低く、条件が優遇されている住宅ローンを利用して、これから人気化する「儲かるマンション」を買えば、自宅を手にするだけでなく、大きな資産も作れます!

◆2014年がギリギリ! デフレ→インフレに流れが変わりつつある今がラストチャンス!
失われた20年と言われ続け、ずっとデフレ基調だった日本経済がついに復活をし始めました。そう「資産インフレ」の波がそこまでやってきています。長らく価格が上がらないデフレ時代に慣れてしまった若い皆さんには、感覚的にわかりづらいかもしれませんが、これからじわりじわりと、土地や建物などの不動産、そして株式や金などの現金以外の「資産」の価値が上がっていくはずです。それが資産インフレです。
今、この流れに乗って「儲かるマンション」を購入することができれば、そのマンションの資産価値があがっていくため、わざわざ資産運用などしなくても将来の安心を手に入れられます。これから自宅を購入しようと思っている人はもちろん、余裕資金があればぜひ「儲かるマンション」を買っておくことをお勧めします。

◆日本最大の不動産データベースから導き出される『儲かるマンション』の選び方とは?
著者が提唱するのは、「買い手がつきやすいマンションを選べば、値段は下がらない」ということ。これを具体的にいうと、マンション購入時に売却するときの「出口戦略」をイメージすることが大事なのです。その証拠にデフレ時代でも「値段が下がらないマンション」や「1000万円以上値段が上がったマンション」もありました。
著者が代表をつとめる会社が運営している「住まいサーフィン」の会員数は延べ16万人、そしてマンションは100万戸超のデータを保有。そこから導き出される値段が下がらないマンションの選びや買い方を本書では詳しく紹介します。ほかに、一戸建てやリノベーション物件はなぜダメなのか、新築同士でマンション価格は比較してはいけないのはなぜか、など具体的でためになる情報も満載。

不動産価格が上がり始めた今こそ、ぜひ読んでおきたい1冊です!

内容(「BOOK」データベースより)

「2年で新築マンションは25%、中古マンションは15%値上がりする!」これから息の長い「資産インフレ」時代へ突入します。今こそ、価値あるマンションを買って、資産を大きく増やす!本書で示す「儲かるマンション」を買えば、自宅を手にするだけでなく、大きな資産も作れます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 218ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2013/12/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478026378
  • ISBN-13: 978-4478026373
  • 発売日: 2013/12/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 360,035位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
値下がりしないマンションを買いましょう、というのは解ったが、中~低所得層の人間はどうしようもない。
そういう物件は、そもそも買える値段ではないので。
4,000万円以上のマンションを買える人間って、人口比で幾らくらいいるのだろう。

前著では「全員が損しない不動産業界を作るのが夢~」みたいなことを仰っていたが、それが実現したら得をする人間も居なくなるのでは。
理屈を突き詰めて行ったら、自己矛盾に陥る気がするのは私だけ?

あと、前著で疑問だった「中古マンション値下がりの法則」の矛盾が本書で解決されているのではと期待したが、残念ながらその答えはなかった。
「どんなマンションでも1年でこれだけ下がる!!」と断言しているのに、「値上がりするマンションを買いましょう」とか、どういうことなのだろう。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Boba 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/1/13
形式: Kindle版 Amazonで購入
「出口を考えて買うように」「周辺部よりも高くても都心を買いなさい」という論調は
旧著「マンションは10年で買い替えなさい」同じ。

異なるのは「アベノミクス」「オリンピック誘致決定」を受け、今が絶好の買い時と主張する点と、
「2年で新築25%、中古は15%値上がりする」という値上がり幅予想の2点。

値上がり幅の根拠は、2006年からリーマンショック迄の上げ幅からの類推なのだが
周知の通りその後は大きく調整している。それでは、「今を逃したら次は10年後」
は違うのでは?と思ってしまうが、著者は2016年以降は建築コストアップと地主の
土地売渋りでマンション供給が減少に転じる=マンション価格高止まりと予想。

五輪関係・派生的な投資や円安による海外マネー流入で少なくも都区部というか、都心の
価格は暫く高止まりという予想には多分異論をとなえにくい。

消費者や業界人の関心事は「いつまで続くのか」だと思うのだが、こればかりは
神のみぞ知る、だろうか。いずれにせよ、都心を買えるお金があるのにまだ買ってない人は
背中を押してくれる一冊だろう。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
視点として納得できる部分も多いが、タイトルにも端的に示されている結論については、
商業的意図が見え透いており残念な内容となっている。

書籍を自らのビジネスを有利に運ぶために用いようとするのは、どの分野でも昔から
よくある手法だが、度を超すとビジネスそのものに対する信頼性が損なわれてしまう。
そうした場合、レビュー履歴が浅い称賛レビューの件数が多くみられるという特徴も。

ただし、意図を十分に理解したうえで、ひとつの視点として受け入れることができる
のであれば、有益な書籍だと思う。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
やや自分の会社のサイトや誘導が気になりますが、今の時点で読むには良い情報が書かれています。別の言い方をするとこの数年後価値がないでしょう。
タワーマンションが今のところ儲かりやすい。個数が多い物件を儲かりやすい。分譲価格がありやすい時期に売り出された物件を借りやすい。ディベロッパーの特性。財閥系は土地の仕入れに強い。
当たり前の事に混じって、著者著者の経験を通じたノーハウが垣間見れます。例えば、リノベーション物件はお買い得ではないとか、新築マンションでは場合によっては可能とか、初めての人が読むには短期間に良い経験値を積むことができると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告