¥ 1,404
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

このまま死んでる場合じゃない! がん生存率0%から「治ったわけ」「治せるわけ」 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/2

5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 950

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • このまま死んでる場合じゃない! がん生存率0%から「治ったわけ」「治せるわけ」
  • +
  • がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 63pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

これは、みんな患者さんがお医者さんにいわれたことです、あなたならどうしますか?
「再発したら絶対に治らない。延命治療しかない」「あなたの治療のためにほかの人の治療が後回しになる、セカンドを希望するなら次の抗がん剤の予約はキャンセルする」「もう化学療法しかない」「抗がん剤治療は全国どこでやっても同じだから、地元に帰ったら。こっちで死なれても困るし」「薬に効き目がなくなったら余命一年」「もうしばらく様子を見ましょう」
――余命三ヵ月、全身多発転移から、治したお医者さんと治った患者さんの「がんと闘う武器と盾対談」。再発したら治らない? そんなこといったい誰が決めたのでしょう? 治らない理由がわかれば、治る理由がわかる。希望は常識の向こうにあった!

内容(「BOOK」データベースより)

「抗がん剤は全国どこでやっても同じだから地元に帰ったら?こっち(東京)で死なれても困るし」(主治医)と言われて、一念発起!!「わたし、このまま死んでる場合じゃない!」がん治療の常識と闘ったら、がんが治った!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 242ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062186101
  • ISBN-13: 978-4062186100
  • 発売日: 2016/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,003位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
再発がん・転移がんでもあきらめなくて良いんだという、希望を持てる内容です。
現在の標準治療では、がんが再発・転移すると、全身の抗がん剤治療のみで、その抗がん剤も効かなくなったら後は緩和ケアとなってしまう。
これに対して、岡田医師は、再発・転移がんでもあきらめずに、抗がん剤の動注塞栓療法や重粒子線治療などを使って積極的に治療してくれる。
がんが再発したり転移した人は、あきらめずにこの本を読んで希望を持って欲しいと思う。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
がんで闘病中の友人に勧められて書店で購入しました。
私もがん患者です。

医者と患者の共著であるということで、今までと違った切り口で、現在のがん治療が抱える問題とその解決法を展開していて、非常に興味深かったです。

がんに関する本は、何を読んでも現実を突きつけられた気がして、気分が凹んでしまいますが、この本は希望に溢れています。

著者の方だけではなく、他の患者のケースも複数掲載されており、全ての方が既存の保険内診療と、一部の認可済みの先進医療で治療されています。

治療の組み合わせとタイミング、先生に治したいと思わせる患者力の育み方。内容が盛りだくさんで、大変勉強になりました。

病院の待合室に置いたら、患者の心構えが変わって、診察の時間が有意義になるのではないかと思いました。

家族にも読んでもらおうと思います。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は子宮頚がん再再発で、身体よりも先に心が死にかけているところを、この本を読んでハッと目が覚めました!タイトルどおり、このまま死んでる場合じゃない!と思わせてくれる一冊です! ある日突然ガン患者になり、わけもわからない事だらけで不安に陥りましたが、この本がわかりやすく冷静に色んな事をクリアにしてくれました。こんな素晴らしい患者想いの先生がいる事に希望がもてるし、こんなしっかりしていて愛される患者に自分もなりたいと思いました 大事な事や心に響く事が多すぎて、本が付箋だらけになります笑
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「生存率0%から…」という本の帯を見て、何やら怪しい民間療法を進める本か?と思いきや。
全く違いました。
標準的に認められている治療法を駆使し、全身のリンパ節や肝臓などに転移、再々々々発?したがんを完治させた事実が掲載されていました。
何故そんなことが出来たのかを、患者、医療従事者両サイドからのアプローチで、説明されています。
私自身、再発がんを抱える身ですので、「がん」に関する本は色々読んだのですが、医者が自論を述べたものか、患者の経験談(多いのは、食事療法や代替療法などで「がん」が消えたというもの)などが多かったように思います。
ですが、この本は実際に治療を行った医師と、その患者が対談形式でその治療過程を語りながら、「がん細胞とは?」「再発転移とは?」などの基本的なことから、セカンドオピニオンを成功させる秘訣まで書かれています。
こういう本って、今までに無かった気がします。
患者も、他力本願ではなく、医師をここまでやる気にさせる力があれば、再発転移がんも怖くないかもしれない…。
と希望が湧きました。
「がん」という病気の正体を知り、病気を克服したいと思っている方にお勧めしたいです。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本を読み終えて、はらはらと涙が止まらなかった。
こんな本を早く読めていたら、何か変われたかもしれない。
医師の心を動かす患者力、助けたいと思う医師力について、読みごたえがある。
再発癌と闘い尽くされた具体的な数例も、治療法も考え方も示されている。
私も、こんな本が図書館や待合室に置いてあったら良いと思う。
再発転移の方だけでなく、初発の癌の方にもお勧めしたい。

大切な人が、70〜90%は大丈夫と言われたがんの手術後に、
再発転移するなどと考える事は、一切なかった。怖いから調べてもみなかった。
実際には、手術後の3ヶ月毎の検査で、ある日大きな腫瘍が見つかると、考える間も無くなる。
標準治療のガイドラインでは、大きな再発癌は、調べ尽くしても、幾つかの治療法が効かない
場合は、手立てがないとされていたのは、ショックだった。

しかしこの本やブログでは、実際に今 再発癌の患者さん達が治療されていて、局所治療が
奏功された例もあり、諦めないで生きられる希望が見えて来ている。
再発癌は治らないと思い込まないで、より良い治療を選べる可能性を知らせてくれる本である。
お金持ちだけが選べる治療でなく、保険診療と一部の先進医療を組み合わせ
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー