¥842
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ことばのトリセツ (インターナショナル新書) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

ことばのトリセツ (インターナショナル新書) 新書 – 2019/6/7

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書, 2019/6/7
¥ 842
¥ 842 ¥ 748

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ことばのトリセツ (インターナショナル新書)
  • +
  • 妻語を学ぶ (幻冬舎新書)
  • +
  • 共感障害 :「話が通じない」の正体
総額: ¥2,764
ポイントの合計: 42pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

<その「ことば」取扱注意!>

よかれと思って発した言葉、意味は合っていても、その印象は語感でまったく変わります。
「感謝します」は距離感を作り、「ありがとう」は親愛の情を伝え、「はい」は忠誠心、「ええ」は知性を感じさせます。
本書は著者が人工知能研究において「ことば」の感性に着目して以来、28年にも及ぶ「語感分析」の成果をまとめた1冊です。
たとえば、「さぁ、帰ろう」「そろそろだね」などのS音は爽やかな印象を与えますが、デートの最後にはNG。包み込む音オを使った「送るよ」「おやすみを言わなきゃね」などを使ったほうが効果的です。
また、「ポルシェ」のP音は光を、「ひかり」は圧倒的なスピード感を、「のぞみ」は居心地の良さを感じさせるなど、名前の「音」がもたらす影響や効果も論じます。
男女関係、職場の上下関係、ネーミング会議、あらゆる場で役に立つことばづかいの極意が満載の、まさに「ことばのトリセツ」です。

(目次より抜粋)
第一章 語感の正体
イホコという名に生まれて/ことばの音には意味がない?
ヒトが人生最初に発音する子音/サクラの秘密
母語喪失の恐ろしさ/「はい」は迷いのない忠誠心
「ええ」は思慮深さ/「そう」は優しく包み込む
最も怖い愛人の名/職務と名前の、素敵な関係

第二章 ことばのトリセツ
D音を多用すると、人生が止まる/「そだねー」のコントラスト効果
対話をぶち壊すクラッシャー/立ち上がるヨッシャ、持ち上げるヨイショ
担ぎ上げるワッショイ、投げ出すセイヤ/漢語で激励し、大和言葉でねぎらう
一番好きな映画のセリフ/「の」のファンタジー効果/オでほめる? アでほめる?

第三章 感性ネーミングの法則
語感の双方向性/はじめに、発音体感ありき/世界は、脳の中にある
語感の普遍性/ソクラテスの語感論/語感を数値化する

一、感性ネーミングの第一法則
車はC表記の名前が売れる/ひかりVSのぞみ

二、感性ネーミングの第二法則
子どもたちのお気に入り/若い男子のお気に入り/若い女子のお気に入り
大人男子、キャリアウーマンのお気に入り/大人女子のお気に入り

三、感性ネーミングの第三法則
ことばにもトレンドがある/尖りデザインの時代/時代を超えて残ることば

第四章 脳にとって「ことば」とは何か
胎内の記憶/子は母を選んで生まれてくる/耳じゃなくて、揺れ/「ありがとう」の本当の意味/命の転写

(著者プロフィール)
くろかわ いほこ 人工知能研究者、脳科学コメンテーター。1959年、長野県生まれ。奈良女子大学理学部物理学科卒業。(株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリにて人工知能(AI)の研究開発に従事した後、2003年(株)感性リサーチ設立。著書に『女の機嫌の直し方』(インターナショナル新書)、『日本語はなぜ美しいのか』(集英社新書)、『怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか』(新潮新書)、『妻のトリセツ』(講談社+α新書)など。

内容(「BOOK」データベースより)

「感謝します」と「ありがとう」、「はい」と「ええ」など、同じ意味でも届く気持ちは語感でまったく変わる。人工知能研究において「ことば」の感性に着目して以来、二八年にも及ぶ「語感分析」の成果をまとめた渾身の一冊。たとえば「あー、いいね」は憧れを伝え、「おー、いいね」は感動を伝える…etc.男女関係、職場の上下関係、ネーミングなど、あらゆる場で役に立つ「ことばづかい」の極意が満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 集英社インターナショナル (2019/6/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797680407
  • ISBN-13: 978-4797680409
  • 発売日: 2019/6/7
  • 商品パッケージの寸法: 10.6 x 1 x 17.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,000位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2019年6月15日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2019年6月7日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告