中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ことこと。‾子と孤島‾ 1巻 Flex Comix コミックス – 2007/1/12

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 160ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2007/1/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797339373
  • ISBN-13: 978-4797339376
  • 発売日: 2007/1/12
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 TERIOS トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/8/5
形式: コミック Amazonで購入
<1巻のみの評価>

南の島を舞台に新任教師・渚青子と生徒達の触れ合いを描く、所謂「ヒューマン・コメディ」。

基本的にはコメディ中心だが、ちょっとした事件や事故といったシリアスなイベントも挟みつつ、それを乗り越えて感動させる、という物語構成。

全体的に丁寧な仕事なので、そう言う点では好感の持てる作品ではあるが、そのシナリオ構成や絵柄、ギャグセンスなどは、良くも悪くも古典的。「ここで笑わせよう」とか「ここで感動させよう」という作者の「狙い」が露骨に見えるので個人的には興醒めしてしまうタイプの作品。本来はいかにその辺の「計算」を見せないようにするかがポイントだと思うが、残念ながら「作者の設計図」を意識させないところまでは至っていない。

そんな中でも、一番気になったのはギャグセンス。やたら表情過多でオーバーなリアクションが目立つベタな笑いの表現法は、失礼を承知で言うが、センスが二十年は古臭い。と言うか、かなり子供向けのノリ。そのせいで「ドラマは大人視点」、「ギャグは子供視点」という、どっちつかずな「対象年齢」が分からないものになっている。

また、南の島の爽やかな雰囲気は良く描けているが、やはり漫画の舞台とするには狭さを感じるし、登場人物も多くないので話に広がりや意外性が出ていない。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
小笠原の孤島にやってきた新米教師が、島の子供たちと共に過ごすというお話です。

南国特有の雰囲気に加え、舞台の時期が夏休みということもあって穏やかな空気の作品になっています。

しかしギャグ部分は非常にノリが良く、メリハリが付いていてとても面白いです。

気さくで優しい島民の人々との関わりも良いと思いました。

南の島の風景や生き物が良く描きこまれているので、島好きの人には「お!」と思うのでは。

登場人物も強い個性を持っているので、今後の展開にも期待です。

表紙にカエルが描かれている理由は読んでのお楽しみ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
小笠原の孤島にやってきた新米教師の渚青子が、島民と共に過ごしていくお話。

主人公の性格が底抜けに明るく、読んでいて非常に楽しくなれる。

今回はシリアスな部分があまり無いが、まったりとした日常が『生きて』描かれている。

昨今なかなかない気持ちの良い物語で読み始めると止まらなくなりました。

作者の『遊び』も作中にきちんと描かれているので非常に笑えたりもします。

今回は伏線が色々とありましたので今後の展開が非常に楽しみです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mocha 投稿日 2008/5/27
形式: コミック
 ターゲットとしている年代が低めなのか、やたら子供っぽい
表現をしますね。ギャグ路線で行きたいのかもしれませんが、
ベタ過ぎで笑わせよう感満々で逆にスベってるように感じ
ます。
 ストーリーや題名もしっかり練ってつくられていることが
伝わってきますし、むしろ大人向きのテーマを扱っている
んじゃないでしょうか。もっと大人っぽいシリアスな絵を
描ける方のようだし、無理せず普通に淡々とした絵と
ストーリー展開で十分読ませてくれるだけの力を持った
漫画家さんだと思います。
今後に期待ですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
正直なところ、小笠原についてある程度知る私から言わせて頂くと、
ここに描かれている島の風景はちょっと違う、という印象を持ちました。
小笠原というより、沖縄の雰囲気を醸しだしており
おそらくは資料が不足していたか、作者がイメージを混同していたのでしょう。
もしくは、小笠原諸島の架空の島での物語と言うことで
あえて違った表現を用いたのか。

しかし、それも最初の頃だけで、
現地取材が反映されてからはところどころに小笠原らしさが感じられるようになり、
また作者さんも各キャラクターを描くのにこなれてきたのか、
どんどん魅力的なものになってきました。

またコミックだけで読める短編も追加収録されており、
とても楽しく、今後もこのような体裁の継続していただきたいものです。
今では1巻2巻と買い揃え、愛着を持って本棚に並べています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告