こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,127
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Bomber's Shop
カートに入れる
¥ 1,127
11pt  (1%)
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: IFKA通販事業部
カートに入れる
¥ 1,936
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~ DVD通常版

5つ星のうち 2.8 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 1,104 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,920 (63%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆Remedia OUTLET★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 香取慎吾, 香里奈, 速水もこみち, 深田恭子, 谷原章介
  • 監督: 川村泰祐
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2012/02/08
  • 時間: 112 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0063AV6AE
  • EAN: 4571390724174
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 98,701位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

香取慎吾演じる両津勘吉が帰ってきた!
史上最悪の大事件!史上最大のロマンス!!笑いあり涙ありの誰も見たことのない「こち亀」が始まる!

★初回限定版にはポストカードが2枚ついてくる!ご予約はお早めに!!

【特典映像】
★特報/予告/TVスポット
★「三百六十五歩のマーチ」をみんなで踊ろう!

【あらすじ】
警察庁史上最悪の事件。
背後に潜む冤罪事件の真相。勝どき橋にこめられた両津勘吉の初恋と想い・・・。
友情、愛情、地元愛に溢れる両津勘吉だからこそ、守れるものがある!

葛飾区亀有公園前派出所の巡査長・両津勘吉(香取慎吾)は、破天荒で豪快で型破り、
やることなすことすべてハチャメチャで毎日がトラブル続き。
同じ派出所の後輩である秋本・カトリーヌ・麗子(香里奈)や中川圭一(速水もこみち)をヒヤヒヤさせたり、
上司である大原部長(伊武雅刀)にカミナリを落とされる毎日を送っていた。
そんなある日、両津は小学校時代のあこがれの同級生・桃子(深田恭子)と偶然再会し、心をときめかせる。
ところが突如、警察庁長官の孫娘が誘拐されるという大事件が勃発し、
さらに桃子がその事件に巻き込まれていることを知った両津は、彼女のために事件解決に乗り出す。
しかし事件は意外な展開を見せ、両津は絶体絶命の危機に…。
果たして両津は事件の真相を暴き、彼女を救うことができるのか!?
そして、両津のせつない恋心の行方は――?

【キャスト】
香取慎吾 香里奈 速水もこみち
深田恭子 谷原章介
沢村一樹 夏八木勲 平田満・柴田理恵 ラサール石井 伊武雅刀

【スタッフ】
監督:川村泰祐
原作:秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
脚本:森下佳子ほか
音楽:菅野祐悟
主題歌:「三百六十五歩のマーチ」両さん(ビクターエンタテインメント)

【商品内容】
2011年/日本/カラー/本編112分+特典映像19分/16:9 LB ビスタサイズ/片面2層/字幕:日本語(本編のみ)/
音声:本編(日本語 ドルビーデジタル6.1chサラウンドEX),特典(日本語 ドルビーデジタル2.0chステレオ)/1枚組

※ジャケットデザイン・商品内容は変更となる場合がございます

(c)秋本治・アトリエびーだま/集英社 (c)2011「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE」製作委員会

【発売元】TBS
【販売元】TCエンタテインメント

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「週刊少年ジャンプ」で“少年誌の最長連載記録のギネス記録”を更新し続ける国民的人気コミックを、香取慎吾主演で映画化。亀有公園前派出所の巡査長・両津勘吉は、小学校時代の同級生・桃子と再会し胸ときめかせるが、彼女はある事件に巻き込まれ…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8

トップカスタマーレビュー

私が本作に対して本作で感じた点は二点。「こち亀」という作品には程遠いという事、そして映画としても駄作という点。

まず、一点目。この作品は本当に秋本治氏のこち亀なのであろうか?それほどかけ離れている。香取氏が演じる両津勘吉は「わしは〜」という口調、何故か歯を食いしばったような表情と低い声、時々「ほぎゃー」という奇声を上げるキャラである。はてさて、原作のどこにそんな要素を見出したのであろうか。

そもそも両津は胴長短足、繋がり眉毛のおっさんキャラ。それに反して容姿をウリにしている香取氏を起用したのは、まさしく原作こち亀の話における、「中川が両津を演じるドラマ」そのものである。視聴者は両津でも、こち亀を見る為でもなく、演じる中川=つまりイケメン俳優を見ている。言うまでもなく本作はキャストの名前だけで塗り固められている。演技や適役かなどは二の次、俳優の名前とTV局の関係でしか考慮させられていない。

と、似せられない姿、演技面でも疑問を感じるのだが、香取氏の両津には原作の両津らしさがそもそもない。強欲な面や不器用だが他人に気遣う面等々、映画の中にも多少表現されているが、あくまで断片的な一面を此処に散りばめたようにしか思えないのだ。何故か。

ネタバレ的要素は伏せるが、本作における両津は商店街の借金取りに追われ
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
  自分も見ててなんでこれをドラマ化した?と思ってた
ドラマ版の悪評を聞いてからこの映画に挑んだけど
ヘンなCGの連発とか 捕鯨ならぬほげ〜連発と思いきや子供を想う
思ったよりはいい映画だったけどドラマを引き延ばしたような薄さ?を感じた
感動とギャグパートに大きさが生まれてればよかったのかもしれないが
クスッとするギャグが今回の映画の持ち味かもしれないとは思う
  そもそもあってないようなこち亀の設定がますます関係ない謎はある
 こち亀のスピンオフってレベルじゃなく
せめて両津や中川の漫画の設定を1つ忍ばせおくだけでも印象がだいぶ違ったと思う
 設定はかなり古くalways三丁目の夕日っぽいようなノスタルジックさを感じた
それは両津の…著者の秋本治の背景があるんだろう
 

まあ、それらを無視してみればそれなりには見れる
これよりもひどい邦画は確実に多いと思うからだ
ひねりとかは特になく誰が見てもそれなりに楽しめる
こち亀は酷いギャグで終わるときといい話で終わるときがあるがこれはいい話で終わるほう

勝鬨橋開く話はこち亀ファンには有名で濃いファンだとあのエピソードでこれか?と思われそうだが
まあまあ好きなくらいな私や多くの視聴者には
悪くはないエピソードの組み立てなのではと思う
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
正直、実写化は失敗だったと思う。というか、実写すべき作品ではない。漫画やアニメだから楽しめる作品であって、実写で再現すべきでなかった。流行に乗っただけなかんじがする。さらに言えば、香取慎吾の両さん起用も失敗だったと思う。正直、演技が下手なのではないか。西遊記のゴクウと服装が違うだけにしか思えない。声優担当しているからというのもあるが、ラサールさんが良かったと思う。

実写が存在したことも、何年か後には忘れられているだろう。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ジャケ写から漂う強烈な駄作臭に誰も本作に何かを期待して見る人はいないと思うが、期待値を思いっきり下げて鑑賞するとこれが以外と悪くはない。少なくとも退屈はしない。
ネタは踊る大捜査線・・・というより黒澤明の天国と地獄だが、連続ドラマの時の原作準拠の人情ドタバタ路線が失敗に終わっているので、映画らしいサスペンス大作(風・・・)の作りにしたのはまあ成功したと言えるだろう。
取り違え誘拐という最大のポイントが後後効果をあまり上げていないのは気になるが。
別に主人公が両津でなくても成立してしまい、部長を始め、中川や特に麗子の出番が殆どなく、これをこち亀というフォーマットでやる必要があるのかという疑問はあるが、まあそこそこ誘拐ものと、両津の初恋人情もとしてはまとまっている。
酷評されているが、そこまで悪くはない出来である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。深田恭子


フィードバック