通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
こちら葛飾区亀有公園前派出所 1 (ジャンプコミッ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

こちら葛飾区亀有公園前派出所 1 (ジャンプコミックス) コミックス – 1977/7/1

5つ星のうち 4.4 42件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756 ¥ 1
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 1 (ジャンプコミックス)
  • +
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 2 (ジャンプコミックス)
  • +
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 3 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

両さんがコンバット・シューティング・クラブの顧問に!ところが暴走族の出現に、頭にきた両さんは早速拳銃をぶっぱなすが、最後は上からの命令で水鉄砲に!?初期作品山止たつひこ笑劇場も掲載。


登録情報

  • コミック: 197ページ
  • 出版社: 集英社 (1977/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088528115
  • ISBN-13: 978-4088528113
  • 発売日: 1977/7/1
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
本当に昔の漫画です。

考えられないくらい、言いたいことを言って、やりたいことをやる。

ストレス解消に漫画を読んでいた時代の作品の好例ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あい 投稿日 2017/5/4
形式: Kindle版 Amazonで購入
数十年前の両さんてこんなにも違うのか!あと街中で箱の中に電話の受話器のようなものの描写があったりちょっと理解し難い所もありますが面白さは変わりませんでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 NOS 投稿日 2017/5/21
形式: コミック Amazonで購入
やっぱり当時の絵は良いですな(四十路なものでして)。まるでアルバムを開くように楽しんで読ませて頂きました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2016/9/30
形式: Kindle版 Amazonで購入
無料で読むことができなつかしかったです(^o^)/ハーイ(^o^)/ハーイ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
お試し無料で読んでみたのですが、今では信じられないほどバイオレンスな作風です。
あまり指摘する人がいませんが、当時大ヒットしていた山上たつひこのこまわりくんのパロディなので
極端なアクションや大げさな擬音、怒ると両さんの顔にくまが出るなど昔を思い出しながら笑ってしまいました。
ジャンプで人気のあった東大一直線のキャラクターもさりげなく登場したりオールドコミックファンにお勧めです。
警察用語が頻繁に登場するのですがほとんど解説がないのでその辺はご愛嬌ということで。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ナシュカ VINE メンバー 投稿日 2004/6/8
形式: コミック
劇画的ギャグ漫画。劇画ブームに育った作者はさいとうたかをのような劇画漫画を目指していたらしいが、何度投稿してもうからず劇画でギャグ漫画を書いて集英社に送ってみたところ、見事通ったらしい。軽く書いたために作者のペンネームも当時は山止たつひこを使っていてこんなに長い作品になるとは思わなかったらしい。両さんや背景も思いっきり劇画で今の細い線の両さんとはだいぶ違う。両さん自身もだいぶ若く痩せている。まだどれが大原部長かよくわからない。今のメンバーとは違う派出所で起こるどたばたも面白い。麗子にいたっては出てこない。確か11巻で初登場。年はまだ10代で出てた。でも大学いってたはずだけど。両さんも煙草を吸ってたり今とは違う設定もたくさんあるので比べると面白いと思います。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
50巻ぐらいまでは文句なしにお勧めします。

高校時代何度読み返したか・・・

菓子を食い、ジュースを飲みながらの「こち亀」はまさに至福の一時でした・・・

色んな意味で血となり肉となってますな。アハハ・・・
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
あの超長寿漫画こち亀の第1巻です。
内容は・・・表紙見ても分かると思いますがとにかくすごい!
まず両さんたちが過激(笑)
死刑とかキ○ガイなんて単語が普通に出てきます。
両さんも凶暴で拳銃を民間人に乱射したり勤務中に酒を飲んだり
極めつけは刃物を振り回して警察に通報されるとやじ馬を刃物で脅迫・・・(確か5巻だと思います)
劇画中川・初代部長・レギュラーの戸塚など見所満載で買って損は無い作品。是非。
ただしお子さんにはオススメできません(笑)
追記 フジテレビに火をつけてやる!って落書きはやりすぎだと思いました(笑)
(4巻のことです)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
劇画タッチの絵に破天荒な主人公、魅力溢れるサブキャラの面々、オリジナリティー満載のエピソード、当時の週刊少年ジャンプでもこれだけの強烈な個性を持った漫画はなかったし、この頃は少年誌の中でもこち亀はアダルト向きの硬派な漫画だった。
平気で民間人に拳銃をぶっぱなすような鬼畜っぷりの両津勘吉には、まだ幼かった私は衝撃を受けた。
これ以降、上り調子でピークの60巻くらいまではコミックスがボロボロになるくらい何度も何度も読み返した。
両津のいい加減さが私自身にも染み付くくらいに愛すべきキャラクター。
現在のこち亀とは画風も両津の人格も全てが別物だが、漫画の中の世界が実際に存在しているんじゃないだろうか とゆうような妙な現実味があった。
現実離れした世界でも独特で抜群のギャグセンスと話の展開で現実味を帯びさせるなんて、これこそがギャグ漫画なんだろうなと思わされる。
初期の葛飾区亀有公園前派出所を描いていた頃の秋本氏は神憑り的な才能を発揮していた。
連載は現在も続いているが、牙を抜かれた両津を始めその他主要キャラ達には魅力を感じない。
こち亀の人気は最早過去の産物か…。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー