¥ 9,180
通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ここまでわかる頭部救急のCT・MRI がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ここまでわかる頭部救急のCT・MRI 単行本 – 2013/2/28

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/2/28
"もう一度試してください。"
¥ 9,180
¥ 9,180 ¥ 12,959

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ここまでわかる頭部救急のCT・MRI
  • +
  • ここまでわかる急性腹症のCT 第2版
  • +
  • 腹部CT診断120ステップ
総額: ¥25,272
ポイントの合計: 575pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

臨場感あふれる解説で、救急画像のプロフェッショナルが間違わない診断のすべてを解き明かす。

著者について

井田正博(荏原病院放射線科部長)


登録情報

  • 単行本: 536ページ
  • 出版社: メディカルサイエンスインターナショナル (2013/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4895927296
  • ISBN-13: 978-4895927291
  • 発売日: 2013/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 87,887位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
画像診断を学ぶ初期研修医の立場からレビューしたいと思います。
やはり特筆すべきは、脳血管疾患のページ数がこの本の大部分を占めることでしょう。
半分以上は、脳出血、くも膜下出血、脳梗塞にページが割かれています。
こと急性期病院においては、こういった疾患に遭遇する頻度が高いので、この本はまさに自分のような研修医にはピッタリな内容でした。
典型例から非典型例、見逃しやすい症例まで非常に幅広く書かれています。
画像の数も多く解説も非常に丁寧で、読影を始めたばかりのドクターでも理解はしやすいと思います。
この本片手にたくさん勉強していきます!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
頭部MRIについては、秀潤社のKEY BOOKシリーズも持っておりますが、この本は、CTも適度に載っており、この2冊をマスターするとかなり実践的ではないかなと思います。(自分は現場を離れた出来の悪い画像診断医ですが)

特に脳の画像診断の場合、頻度的に日常遭遇する疾患としては、この本で丁寧に書かれている、血管障害(出血、梗塞等)がほとんどと思われますので、初学者の自分もこの2冊以外にももっていますが、まずはこの2冊をマスターできたらなあと考えています。

脳の画像診断は奥が深いですが色々な方にお勧めの一冊だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 脳CT/MRIに関する本は多数あるが比較的希な疾患まで網羅的に記載しようとする
あまり日常臨床で遭遇することが多い脳出血、脳梗塞について典型的な症例のみ
記載されている場合が多い。
本書は脳神経領域のcommon diseaseについて多数の症例を通じて理解を深めていける
ように工夫されており脳卒中を専門としない医師にも役立つ内容となっている。ノー
トという形で挿入されたコラムにはearly CT signの活用の仕方といった内容からDWI
の原理といった内容まで幅広く記載されており知識の抜けがないか確認することがで
きる。
 若干値段は高めであるが救急外来に携わる医師であれば手元に持っておいて損はな
いと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
頭部救急疾患に特化した教科書です。なかなかの分厚さですが、写真やシェーマ、表が豊富で読みやすいです。
特筆すべきは、頭部CT所見についてかなりの紙面と数多くの症例を使って丁寧に説明されている点です。
救急の現場で迅速かつ適切な判断が必要となるearly CT signや微小出血の検出について、系統立てて学ぶことが出来ます。
脳MRIの教科書は数多くありますが、頭部CTについて詳述したものは少なく、貴重な教科書です。
放射線科医のみならず、CTのある施設で当直を行う全ての方にお薦めできます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック