通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫) 文庫 – 2000/12

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫)
  • +
  • ここはグリーン・ウッド (第2巻) (白泉社文庫)
  • +
  • ここはグリーン・ウッド (第3巻) (白泉社文庫)
総額: ¥1,903
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 298ページ
  • 出版社: 白泉社 (2000/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4592881745
  • ISBN-13: 978-4592881742
  • 発売日: 2000/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 208,721位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
少女漫画に出てくる男性キャラクターは、えてして女性読者の憧れの的で決まってみんなかっこいいものだけど、この『グリーンウッド』面々は少し違う。
もちろん、顔はかっこよっかったりかわいかったり、なにしろ男子寮の話だからよりどりみどり、ってなもんだけど、どういう訳か皆が皆、少しずつかっこ悪い。
このかっこ悪さが『ここはグリーンウッド』の最大の魅力なんじゃないかな。
駅ひとつ行ったら彼らがそこにいるような、どこか自分の高校時代にかぶるような、ちょっと切なくて最高に笑える、一生モノの漫画です。
かつて高校生だった人たちにももちろんお勧めだけど、やっぱり、これから高校生になる人たちに読んで欲しいな。彼らに負けない青春がおくれるように。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 昔読んでいて、コミックスも持っていましたが引越しの際手放してしまい数年。でも久々にどうしても読み返したくなり、結局文庫版を再購入しました。
 既に初出(1986年)から四半世紀が経過していることにビックリでしたが、私的には今でもやっぱり面白かった。
 内容については他の皆様のレビューで触れられているので、私のように再購入を検討される方のために収録作品について記させていただきます。

 1巻の収録作品は、「ここはグリーン・ウッド」(連載の第1シリーズ)、「再会のグリーン・ウッド」「LIVE OFF グリーン・ウッド」「みんな愛のせいね」「白い日」「頭のいたいネメシス」「ボーイ・ミーツ・ボーイ」です。
 旧コミックスの1〜2巻の内容から、グリーンウッド以外の短編を抜いて、「ボーイ・ミーツ・ボーイ」を入れた感じ。
1/4スペースと、あとがきマンガの再録はありません。

 旧コミックス版と違い、花ゆめ掲載時の順番どおりに収録されており、この方が流れが自然で読みやすいなあと思いました。今読むと第1巻は異様にテンション高くて笑えます。

 解説はOVA監督の望月智充さんです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 paco 投稿日 2006/4/6
形式: 文庫
緑林寮、通称グリーン・ウッド。

兄の嫁であるお義姉さんを好きになってしまったという

かな〜り不幸な少年蓮川やっくんを中心に

この物語は進みます。

その不幸な少年をさらに不幸のどん底へと突き落とすのは

男の癖に長くて美しい髪、可愛らしい外見とは裏腹に男らしい

ルームメイトの如月瞬。

隣の部屋には生徒会長で寮内で一番怖い人と言われている

手塚忍先輩。

やっかいな連中の親玉である美少年

鉄の面の皮をもつガキ大将のような池田光流寮長!!

他にも幽霊、病弱なアイドル、レ○、思い込みの激しい少女

などなど愛すべき連中が此処にいます。

永遠に続くと錯覚してしまうようなドタバタな生活に

どっぷりとはまってください。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 未設定 投稿日 2009/5/30
形式: 文庫
学園寮を舞台とした、良い意味での狭い世界の物語。コメディちっくな話なので気軽に読んでほしい。登場キャラの忍が話した一里塚のエピソードそのままに、世の中に出る前の、学生たちのネバーランドといった趣きだ。あまりに居心地が良くて、読者もその世界から立ち去り難い。男性にも薦められる数少ない少女マンガのひとつだろう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告