中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

こうふく みどりの 単行本 – 2008/2/28

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 64,853 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「こうふく」二部作、二ヶ月連続刊行!
十四歳の緑が語る物語と、棟田さんという謎の中年女性が語る物語の、二つの物語で構成される本作は、
「女の生きる道」を大きなテーマとし、西氏にとって挑戦作ともいえる作品です。

内容(「BOOK」データベースより)

お前んち、いっつもええ匂いするのう。おばあちゃん、夫(おじいちゃん)失踪中。お母さん、妻子ある男性を愛し、緑を出産。藍ちゃん、バツイチ(予定)、子持ち。好きになったら年齢問わず。桃ちゃん、4歳なのに、まだおっぱい吸いに来る。辰巳緑、14歳、女未満。初恋まであともう少し。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 258ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/2/28)
  • ISBN-10: 4093862060
  • ISBN-13: 978-4093862066
  • 発売日: 2008/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 531,179位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
西加奈子さんは、普通の家族、といっても一風変わった家族の日常を描くのが巧いですね。次は、勿論、『こうふく あかの』を読みますが、何がどう繋がっているのか考えながら読みたいと思います。さて、この作品の感想ですが、この作品のだけでも、あるエピソードに関係したあかの他人との繋がりも描かれていますが、地味ですが、良い感じにスっと入ってきました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
西加奈子さんの小説を始めて読みました。読みやすい。ストーリーはわかりやすいし、人物像も鮮明。ちょっとくどい感じもありますが、若者を対象にしているのでしょう。構造的にしっかりしているので、最後に納得できます。それでいて驚きもある。うまいです。

中二の少女・緑の家族は、祖母、母、従姉、その娘と女だらけ。その女だらけの家族のなかで自分を見つめ直す緑の話がメイン。そこにいれば癒されるあまーい世界が展開されています。そこに還っていくか、そこから出て行くかというのが、日本の青年や少女を主人公にした小説の王道テーマ。その意味では基本に忠実です。普通に読むと癒し小説に読める。

でも、この小説では、その母性世界のうさん臭さがだんだん明らかになっていきます。そこがうまい。だから、挿入されるいろんな人の告白が命です。二つの殺人事件、年齢差のある恋。物語を直線的に語らないのが流行とはいえ、よく練られていると思います。

ある年齢以上の人は、最後のアントニオ猪木で絶対泣けます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『こうふくあかの』に続き、読みました。是非一気に読んでください。
思いっきりの大阪弁、二つの物語が交錯しながらの進行は、
『こうふくあかの』と同様です、内容は全く別物ですが。
最後には繋がると解っていながら、どんどんはまっていきます。

14歳の辰巳緑をとりまく家庭環境は、かなり特殊。
3代同居の女ばかりの家族がかもしだす雰囲気は何とも言えない心地よさですが、
本当のところは・・・

この2冊で間違いなくファンになりました。
そして、なぜアントニオ猪木がいまだに崇拝されているのかも、ちょっと理解できました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本屋でもなかなか見つからず探していて古本を買いました
状態もきれいで梱包も良かったです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告