この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

こうふく あかの 単行本 – 2008/3/27

5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 53,014 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494 ¥ 34
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

二ヶ月連続作品「こうふく」シリーズ第二作
結婚して十二年、三十九歳の調査会社中間管理職の「俺」の妻が、ある日他の男の子どもを宿す話。
二〇三五年、小さなプロレス団体に所属する無敵の王者、アムンゼン・スコットの闘いの物語。二つの話が響き合う。

内容(「BOOK」データベースより)

お前は誰だ。俺の子ではない、お前は誰だ。39歳。男は、妻から妊娠を告げられた。それが、すべての始まりだった。30年の時間が流れた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 178ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/3/27)
  • ISBN-10: 4093862095
  • ISBN-13: 978-4093862097
  • 発売日: 2008/3/27
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 399,777位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ぱん 投稿日 2017/3/27
形式: 単行本 Amazonで購入
こうふくのあかの、あかとはなんでしょう。「血」をイメージするんですが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
誰かと誰かの繋がり、道とはこういうことだったか!みどりより、あかのほうが面白かった。この小説も、普通のサラリーマンの夫婦の日常をコミカルに描いているだけの物語かと思わせて、未来のプロレスの描写もあり、何がどう繋がるのかと考えていましたが、最後の最後でビックリさせられました。一気に読めて、最高でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2011/11/26
形式: 文庫
日垣隆氏が「つながる読書術」 (講談社現代新書)でこの著者の作品を絶賛していたのがこの作品との出合いのきっかけ。
日垣氏の感想と同様に今後が非常に楽しみな作家だと思った(まだ若い)。

2つの物語が同時に描かれ徐々に近づき終盤に見事に一つとなる部分で「繋がった」という感じして心地良かった。
血の繋がりのない親子(しかも妻の不貞で出来た子供)であっても長く一緒に暮らすことで我が子と呼べる日がくることをこの作品から強く伝わり読後感が非常に良かった。

巻末に収録している西原理恵子との対談も面白い。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
人生の全てをあきらめがちに、期待することなく己を少し離れたところから見て『こんな風にやってきた自分なら今はこのくらいかな?』という感じで日々を過ごしているサラリーマン男性のお話とプロレスラーの話とが交互に書かれている。
ともすれば鼻に付きそうな男だが、生い立ちや想定外の不幸も無理やり計算の中に押し込む姿を読み進むうちに目が離せなくなり、私は興味のないプロレス部分は飛ばしてサラリーマンのエピソードだけを読み進んでしまった。
この作者はいつも、内容になんのひねりもないので、途中でラストがわかってしまうが、それでも読み進まずには居られなくなった。
最後までサラリーマンの話を読んでから、やはりプロレスラーの話を、最初に戻って読む必要があり、、ひとは選択肢が少ない方が生き易いのかな~なんて今どきのニートな若者たちの事を思った。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
そうきたか〜と思わず声が出てしまいました。

2007年の物語は、全ての人を見下している、39歳の中間管理職靖男が主人公。
自分はあらゆる面でイケテいると思っているこの男の妻国子が、覚えの無い子供を身篭ることで、
カレの危うい均衡が崩れていきます。
2035年の物語は、プロレスラーアムンゼン・スコット48歳が主人公。
プロレス人気は衰退の一途を辿っていましたが、彼は無敗のチャンピオンとして活躍を続けています。

この全く無関係に見える物語が、アントニオ猪木時代のプロレスをキーワードに、見事に繋がるのです。
面白かったです。『こうふくみどりの』も読んでみたいと思いました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『こうふくのみどりの』に続いて読みました。
コチラも面白かったですが、私はみどりの、の方が好きでした。

夫以外の男性の子供を産む、と言う設定がそもそも受入れ難かったです。

みどりの、ともほんの少しリンクしててそこはチョットお得感でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私はいま、精神的に消耗している。他人を見下したり、考え過ぎて消耗している主人公に自分を重ねた。生き別れたまま30年会っていない父親のことを思い出した。それでも繋がっているのだ。彼とは。孤独が少し吹っ飛んだ。心に一条の光が走った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 zzyu 投稿日 2010/10/21
形式: 単行本
移動中に一気読み。内容も難しくなくすらすら〜と読破。男性の嫉妬って意外とこわいw
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー