通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫) 文庫 – 2011/5/18

5つ星のうち 4.0 22件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫)
  • +
  • 月光 (電撃文庫)
  • +
  • 雨の日のアイリス (電撃文庫)
総額: ¥1,911
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「鳥肌モノ」と麻枝准が賞賛した、青春小説!!

「他に好きな人ができたんだ」
「い、嫌だっ」
彼氏のアメくんにフラれて生きる希望を失った私は、衝動的に学校の屋上へと向かう。身を投げるために。
けれどそこで私は、「ライオン」「ブリキ」「カカシ」と『オズの魔法使い』になぞらえて呼び合う奇妙な3人と出会う。みんな私と同じように死にたいと思っていて、だけど3人は「復讐してから死ぬんだ、あなたもそうしませんか」なんてあっけらかんと言う。拍子抜けして、自殺する気がしぼむ私。そして、アメくんとの思い出に彩られていない唯一の場所である屋上へと、日々、私の足は向くことになる――。

「独特の空気感を纏ったジュブナイル小説(あえてライトノベルとは呼びません)。オズの魔法使いに登場するキャラクター名で記号的に呼び合う仲間たちの物語なので、その空気が後半まで壊れない。そしてそれを壊す時=その隠されていた登場キャラクターの名前が一気に明かされるシーンは、鳥肌モノでした」と
『CLANNAD』『AngelBeats!』の麻枝准氏が賞賛した、第5回小学館ライトノベル大賞・ガガガ大賞受賞作。誰もが経験する恋愛の痛みを、こぼれ落ちそうな思春期の内面を描き切った、青春小説。

内容(「BOOK」データベースより)

彼氏にフラれた私・三浦加奈は、死のうと決意して屋上へ向かう。けれどそこで「カカシ」と名乗る不思議な少女、毒舌の「ブリキ」、ニコニコ顔の「ライオン」と出会う。ライオンは言う。「どうせ死ぬなら、復讐してからにしませんか?」そうして私は「ドロシー」になった。西の悪い魔女を殺すことと引き替えに、願いを叶える『オズの魔法使い』のキャラクターに。広い空の下、屋上にしか居場所のない私たちは、自分に欠けているものを手に入れる。第5回小学館ライトノベル大賞・ガガガ大賞受賞作。心に残る、青春ジュブナイル。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 280ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094512705
  • ISBN-13: 978-4094512700
  • 発売日: 2011/5/18
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 131,527位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
恋人に別れを告げられた女子高生が、自殺しようと学校の屋上に上ったところで
人生に悲観し復讐を果たそうと決行日を待ち続ける3人の高校生に出会い
一緒に行動するお話。

全体的に小綺麗にまとまっており、それなりにいい話なのではないかと思う。
だが、全体的にあっさりすぎる。もっとクセが、アクが欲しい。
過激なタイトルに興味を引かれて手に取ったのだが、肩すかしだ。
残念ながら個人的な趣味から、こういった恋愛ものとか青春ものは合わないので
のめり込むことはできなかった。

話が進むにつれ、それぞれが抱える問題が解決されてゆくのだが
その解決もそれほど凝った話ではない。悪くいえばありがち。
唯一、おどろかされたのは3人の因縁に関してだけだった。

それにしても、死を決意してフェンスを越えた主人公の女子高生が
次の日から3人とへらへら遊んでる。その気持ちの切替?がどうしても違和感として残ってしまう。
まあ、振られたくらいで死のうと思う女子高生の行動なんてそんなもので
その方がリアルなのかもしれない。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 もしこんな学校があるのならば、自分では絶対に通いたくないし、もし子供がいたとしても通わせたくない。すごいマンモス校みたいだしね。

 それはさておき。彼氏にふられた三浦加奈が向かった学校の屋上には、3人の少年少女がいた。死のうとする彼女をただ引き止めるのではなく、死ぬ前に復讐したらどうかと提案してくる。しきりにスカートを引っ張って引きとめて来る小さな女の子、カカシに勢いをそがれてしまった彼女は、ひとまず家に帰ることにした。
 それから何となく通うようになった学校の屋上には、いつも彼らがいた。いつも寝てばかりいる少年、ライオン。神経質そうに針仕事をしているか本を読んでいる少年、ブリキ。そしていつも楽しそうに飛び跳ねている少女、カカシ。だけれどそんな彼らも、一度は死のうとして、その前に復讐を決意した人たちなのだ。

 ここからドロドロ陰惨な復讐劇が始まるのかというと、そういうわけでもない。新しい仲間が出来て何となく気持ちが上向いて来た加奈は、ライオン、カカシ、ブリキという順番で、それぞれの事情に首を突っ込んでいく。そして彼らにかけているというもの、勇気、脳みそ、心を手に入れていくのだ。
 じゃあ、ハートフルな青春物語かというと、そういうわけでもない。彼らが抱える悩みはかなりハードで、その背景にあるのは陰惨な物語だ。ゆえに彼ら
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
全体的に話が非常に綺麗に纏まっている作品。
主人公の視点で四つの物語が進み、最後に一つの話にまとまる構成。
主人公である加奈の青臭くも真っ直ぐな考え方と行動によって問題が解決されていく様は、まるで活劇物を読んでいるかのような爽快感を覚える。

全体を通して読み易いのは、ライトノベルに共通する分かり易い表現や会話が多い構成というだけでなく、恐らく各章における起承転結のバランス感覚が優れているからだろう。

微笑ましいちょっとしたキャラの仕草。
四人の主要キャラが背負う過去。
その過去に対する思い切った主人公の行動と他のキャラとのぶつかり合い。
清々しさを感じさせる結末。

これらの要素が各章隔たり無く鏤められていて、よくありがちな導入部分の物語への入りにくさや物語中盤の停滞感も感じることもない。

気になった点は、全体的に少しご都合主義が目立ち過ぎること。
予め定められた物語の終着点から逆算されたかのように進む物語の進行には、結末に意外性を求めている人にとっては肩透しを食らうかも知れない。

また、物語の主軸となる各登場人物の悩みも(少なくとも本人にとっては)切実なはずなのだが、物語が綺麗に流れ過ぎているせいで共感を十分に得ら
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
読みだしたらあっという間に最後まで読んでしまった。
というか読める。
こんな学校ないだろう・・・と、思うところもあるのだが。現実にありそうな事。
そして、それぞれの思い。
200ページくらい読んだときに、物語がつながり、
そこからは。。。あっという間。
最後は何かいい感じ・・・とは言えないのかもしれないが。
個人的には何か気持ちいいお話だった。

そんなものに触れたい人は読んでみてください。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー