通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
こいわすれ (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

こいわすれ (文春文庫) 文庫 – 2014/4/10

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • こいわすれ (文春文庫)
  • +
  • こいしり (文春文庫)
  • +
  • ときぐすり (文春文庫)
総額: ¥1,911
ポイントの合計: 100pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

麻之助もとうとう人の親に?! 江戸町名主の跡取り息子高橋麻之助が親友とともに様々な謎と揉め事に立ち向かう好評シリーズ第3弾。

内容(「BOOK」データベースより)

江戸町名主の跡取り息子・麻之助が、幼なじみの色男・清十郎、堅物・吉五郎とともに、さまざまな謎や揉め事の解決に立ち向かう好評シリーズ第三弾!妻のお寿ずから懐妊を知らされ、驚きつつ大喜びする麻之助には、思いもよらぬ運命が待ち受けており―江戸情緒とともに、切ない幕切れが心にしみる一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 362ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2014/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416790067X
  • ISBN-13: 978-4167900670
  • 発売日: 2014/4/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 95,012位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
江戸町名主の跡取り息子の麻之助が、幼なじみの町名主で色男の清十郎、堅物の同心見習いの吉五郎とともに挑んだ謎は「置いてけ掘」だった。はたしてその堀に本当に河童はいるのか?「おさかなばなし」を含む6編を収録。「まんまこと」シリーズ3。

喪った子供をいつまでも追い求める父親、ひとりの女性を巡る意地の張り合い、麻之助に届いた差出人不明の恋文らしきもの、”離縁”にからむ策略、富くじ騒動などなど。このシリーズもさまざまな揉め事や事件が起きる。解決策をあれこれと思案する、麻之助、清十郎、吉五郎、この3人のやり取りも面白い。一方、麻之助自身にも、妻のお寿ずのおめでたといううれしい出来事がある。生まれてくる子供のためによき父親になろうとする麻之助の姿はほほえましい。ずっと楽しく読んでいたはずなのだが、ラストには思わぬ事件が待っていた。あまりの衝撃にしばし呆然・・・といった感じだった。作者はなぜこんな展開にしたのか?こういう展開にする必要があったのか?ほのぼのとした作品だと思っていただけにショックだった。これからこのシリーズはどういう方向に進んでいくのだろうか?楽しみでもあり、心配でもあり、不安でもある。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
こいしり
というひらがなのまま読んだ前作。

こいわすれ
で、初めて意味がわかった気がしました。

でも。

そういう展開がいったのか?
このシリーズを続ける気がなかったのか?

「しゃばけ」の若旦那が短かそうな命を永らえながら成長するように
この作者はどの主人公もどら○もんやさざ○さんのようにする気持ちは
無いのでしょうね。

皆がちゃんと成長して老成して死んでいく

生きたものとして描いていくつもりなんでしょうね。。。

キャラを立てただけで永遠があってもいいかもなんですがねぇ
小説としては、、、

結構寂しい
出てくるキャラが
成長して老成して死んで逝く
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一つ一つの小話の作り方と、謎解きと、三人の友情と馬鹿騒ぎはいつもどおり冴えていて面白いんですが、
大きな話の流れが、全く予想していない方向に。
えええ???と思ってしまいました。
…そうくるかぁ。。。いやぁ、私には予想できませんでした、この展開。

ちょっと、後半から急に前作とテイストが違ってきた気がします。
そして、表紙の挿絵と内容が、ギャップありすぎる気がします。
次作ではもうちょっと光が見えてきてほしい…切にそう思います。。。
飄々とした主人公と悪友たちのかけあいを楽しむような書きぶりがベースにあるんだし、小ネタ自体は全部きれいにまとめてあるんだし、無理してこんな結末にしなくても良かったんじゃと思いつつ、このほろ苦さがこのシリーズらしさなのかなという気もします。
でも私はハッピーエンドが読みたいです。。。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/2/15
形式: 文庫
 2011年に出た単行本の文庫化。
 『まんまこと』『こいしり』に続くシリーズ第3弾。6話が収録されている。
 終盤で、人間関係という点で意外な結末が待ち受けており、衝撃的だった。畠中さんには珍しい悲劇的な話となっているが、この先どう展開していくのか。
 ミステリとしての側面はあいかわらず物足りない。
 また、「いかにもありそうな場面」を描こうとするのだが、どうにもそれがはまっていない気がしてならない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
畠中さんの本は全部読んでます。
読み始めると本の世界にグイグイひきこまれて
一日で読んでしまう事が多かったのですが
これは休み休みで3日かかりました(^^;)

私は基本ハッピーエンドが好きなので
今作の終わり方はなんとも後味悪かったです。

前作で主人公が結婚となったら
お有宇のご主人が急死。
二人はくっつくかなぁと思っていたら
結局そのままお寿ずと結婚してしまったので
ちょっと残念に思っていました。
「お有宇と結婚するにはもうお寿ずが死んでしまうしかないよね〜けどその展開は嫌だなぁ・・・。」
と勝手に想像しておりましたが
読んでみたら溜息でちゃいました。

全体的に笑えませんが最後の話が特にかわいそう。
たぶん続編あるのでしょうけど
主人公があんな状態でぷっつり終わっちゃったので
あぁぁ・・・って感じでした。
ただくっつけるより苦難を乗り越えた方が話が盛り上がるんでしょうけど
ここは想像を裏切って欲しかったです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー