通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

こいつら100%伝説 (1) (りぼんマスコットコミックス (530)) コミック – 1990/7

5つ星のうち 4.5 39件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • こいつら100%伝説 (1) (りぼんマスコットコミックス (530))
  • +
  • こいつら100%伝説 (2) (りぼんマスコットコミックス (577))
  • +
  • こいつら100%伝説 (3) (りぼんマスコットコミックス (642))
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

時は戦国の世。忍者道場の老先生のもとで技をみがく見習い忍者3人組・極丸、危脳丸、満丸。そんな彼らの道場に刺客に追われる美しい姫・白鳥姫子がやってきた。すかさずひと目ボレした3人組が争奪戦を展開するが。


登録情報

  • コミック: 176ページ
  • 出版社: 集英社 (1990/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088535308
  • ISBN-13: 978-4088535302
  • 発売日: 1990/07
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
あーみん様が休筆されてそろそろ10年。

「ルナの4巻出せ」とか「全集だせ」など、いまだネットではあーみん信者の熱狂的書き込みが絶えません。

あーみん読みたさに、いい年をしてリボンを買っていたあなたも、妹のリボンをむさぼる様に読んだあなたも、アマゾンならば遠慮はいりません。

伝道用に2,3冊余分に買っときましょう。

やっぱり、あーみん様の力は認めざるをえないよね?
コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
連載時から問題作と言われていたマンガ。
少年漫画並の展開の早さと太い黒インクの線、単純なストーリーとハチャメチャな展開がどこまでも続く。
異常なキャラクターが次々出てくるが、段階を追って異常さがましている所等、今読んでも思わず笑ってしまう。
その時はいいと思えても、後で笑えなくなってしまうギャグが多いことを考えると、すごいことではないだろうか。
ギャグに毒の強いものが多いのだが、少女漫画雑誌連載のせいかキャラクターがかわいらしく、それほどでもないように感じる。
そして、読んだ人に善くも悪くも影響を与えずにいられないこともギャグ作品には珍しい。
ただ、耽美ものが好きな人は拒絶反応を起こす恐れがあるので読まないほうがいい。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
何年経っても面白いものは面白い!
絵が特別上手いわけでもないし、ギャグに筋道も感じられない。
なのに何故こんなに面白いのか。
嫌味がなくストレートな勢い重視のギャグ漫画。
理屈で笑わせるのではなく、そのまま作者の感性が生きた作品だ。
どんなギャグ漫画でも何処かに作者の思慮が見え隠れしたりするので、純粋に笑えないのだがこれは違う。
たった1ページに何回も笑える。はっきり言って読者を無視とも言える内容だが、心地よく、なんもかも忘れたい時はこの漫画に限る。
先生は全部で三作品描いているが、これが一番おすすめ。
この方は天才としか言いようがない。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「お父さんは心配症」にてブレイクした岡田あーみんの連載漫画第2弾。
当時の「りぼん」の作品内で異色を放っていた迷作です。

戦国時代の忍者学校にやってきた白鳥城のお姫様と、
彼女のボディーガードの任務を請け負った忍者学校の先生と3人の弟子、
そして未来からやってきた某スナイパー似のターミネーターの
ドタバタな日常を綴った作品……なのですが、
全てが全て全力で描かれた凄まじいギャグの為に、笑わずにはいられません。
正にジェットコースターギャグといわんばかりの勢いがあります。

元ネタの危険性や、他作品や時事からのインスパイアも凄まじく、
多分今の「りぼん」では掲載不可の領域に達してしまうのではないでしょうか?

とにかく、息もつかせぬ不条理ギャグが連発される作品なので、
自宅やネカフェの個室に篭って読みましょう。
電車等の公共の場で読むのは大変危険です。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
大抵ギャグ漫画というのは全編に渡って笑い続けることができず、途中中だるみがあったり時折笑ったり・・というサイクルですが、この岡田あーみんの作品は全編抱腹絶倒ものです。

普通のギャグ漫画と思って読むと大変なことになります。簡単に描かれた絵が却って味を出し、さらに笑わせてくれますし、さりげなく書かれた手描きの台詞も最高です。

初めてこの作品を読んでから10年以上立ちますが未だに思い出し笑いできるくらいインパクトの強いものでした。

そして、りぼん掲載時、あまりにも過激なセリフは単行本化の際変更になったそうですがそれでもギリギリだと思います(笑)
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
三十路になった今もたまに読み返して爆笑しています。
好き嫌いの別れる作品だと思いますが、大人になるにつれて笑うポイントも変化していきますので、子供の頃読んで笑えなかったという方も、今読んでみると違った印象を受けるのではないでしょうか。
主人公グループの少年3人の中に、中年のおっさんサイボーグが仲間入りって・・・何で「りぼん」で連載してたのか不思議です。
作者はこの漫画を、酔った状態で書いていたのかな?と思います。とてもスピード感のあるギャグです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック