通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

げんしけん 二代目の八(17) (アフタヌーンKC) コミックス – 2014/12/22

5つ星のうち 4.6 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • げんしけん 二代目の八(17) (アフタヌーンKC)
  • +
  • げんしけん 二代目の九(18) (アフタヌーンKC)
  • +
  • げんしけん 二代目の七(16) (アフタヌーンKC)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

開き直った波戸くんのもと、斑目の周りのハーレムは維持されることになった。吉武妹の再登場を経て、バレンタインデーにも一波乱! そして斑目は深く悩むことに……。そこに現れるのは笹原の妹・恵子。彼女が働くキャバクラへ斑目が突撃!? 毎度おなじみ、単行本でしか読めない各話のその後を描いた4コマなど、描き下ろしのおまけページも大量に収録! 今巻は4コマ以外のおまけマンガが2本立ての大増量!!


登録情報

  • コミック: 178ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/12/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063880214
  • ISBN-13: 978-4063880212
  • 発売日: 2014/12/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
キャラが、生きて歳をとっている
あのコミュ障気味だった久我山が
仕事を頑張り、キャバの味を覚え
斑目に、道を説くアドバイスをした

このシーンをみて、自分も歳をとったな
と痛感した

俺も、久我山が学生の頃は高校生でした

げんしけんのキャラはもはや、同級生みたいなもんです

皆に幸せになってほしいよ
いや、久我山、ほんといい奴に成長した。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カンナ 投稿日 2014/12/29
形式: コミック
げんしけんを初代から追いかけていると、
「げんしけんとはオタクとリア充の間で揺れ動く、悲喜交々の人間模様」
といった、この漫画だからこそできる深みのようなものに、読者としては期待してしまう。

ただこの巻は、上記のことはすっかり忘れて読み、純粋にラブコメとして面白かった。
初代もそうだったが、キャラの魅せ方がほんと上手いのだ。
紋切り型の「属性キャラ」がいるのではなく、各キャラそれぞれに人生があって、それでもちゃんと漫画になっててぐいぐい引き込まれる。

萌えの点でいえば、積極的になったハトくんは予想以上の破壊力だったし、その破壊力を受けて後ろで涙目になったり、みそ汁を飲んで一喜一憂してるスーもやばい。
矢島っちも、まだ一歩踏み込めていない感じはあるものの実はいちばん乙女だし、笹原妹は外道のようでいて時折ちらっと純粋さが見えて、しかしやっぱり外道でオチがついてる(笑)

こういうバランスのよさ、魅力の引き出し方は、作者が本当にキャラを愛していないときっとできない。
個人的にはスーがどんな風に発展していくが楽しみだが、どのキャラもみんな応援してあげたい。
次巻もめちゃくちゃ楽しみだ。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
斑目と波戸くんと笹原妹の恋模様が、見ていて楽しすぎます。個人的には大満足

一方で、斑目の恋物語に興味がない方、げんしけん初期の頃の作風が好きな方からすると、あまり楽しめないのではないかなと思います。

一番みんなが幸せになれるのは、斑目と笹原妹がくっつく事なのかなと思いつつ、さてどうなるんでしょう。

そして、この恋模様に決着が付いたら恐らく「げんしけん」作品は完結になりそうな予感。どんなENDを迎えるのか、次巻も楽しみにしています。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
いやー、いたたまれない(笑)
読んでいて一番いたたまれない巻でした。

斑目ハーレム展開中ですが、16巻でスルーした方も多い笹妹=恵子が動きます。
ハーレム展開の中では、アンジェラは発火点。
起爆剤となり得るのは恵子であるのは16巻であきらか(銭湯の女湯トーク等)。
波戸くんに対して彼女の感情がブレないのも好感もてますね。
一個人として、波戸くんを見ていることも。

このお話、木尾先生の中では「斑目に関しては着地点は見えている」と
アフタヌーン本誌でサラッと書かれていましたが、
恵子の今回の立ち回りは、いろいろ考えさせられました。

波戸くんにムカつくのはよくわかるなー
斑目さん乙。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
マダラメハーレム展開といっても、考えれば、4人とも相当の難有り物件で、
マダラメさんが受けだからとか、ヘタレだからということではなく、この4人の中から一人選ぶことは相当に難しいことのように思います。
ハトくんや矢島っちの片想いが切ないだけでなく、そんな4人にしか好かれないマダラメさんも可哀そうな気がします。

クガピーが連載開始12年目にして、やっと出番らしい出番がありました。めでたいことです。
しかし、げんしけんOBで、大卒社会人らしい就職をした人という消極的な理由での出演だと思いますので、これでお終いかもしれません。

あと、吉武妹が入学すると朽木先輩並みに目障りなキャラクターになる気がして、今から少し憂鬱です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 「めぞん一刻」で主人公の男がソープランドに行ったとほのめかされるシーンがあり、読者から批判的な反応が多かった、というエピソードがある。要は、作者の高橋留美子はヒロインと対等な「大人の男」になるのに、そういう経験が必要だと考えたわけだが、同じようなことを本作でも狙っているのかなと思った。(久我山は「汚れた大人」になるルートか、「魔法使い」になるルートか、どっちだか)

 「脱オタ」について語るなら、オタクについて定義しないといけないわけだが、初代のころ(2000年代前半)と現代では、ファッションの面では「ギャル(ギャル男)」がいなくなって(恵子の変化!)、ジャストサイズの服を着るのが良しとされて、オタクと非オタクの違いというのが薄れてきたり、ライト化が進むなど状況も変わってきたが、内面的な部分ではそう変わらないのかなと個人的には思う。特にライトオタクではなくコアなオタクについては。
 結局、オタク向けコンテンツの消費に生活のエネルギーの大部分を注ぎ、妄想し、理論武装し、現実世界への適応を重視しない、ということの結果が「オタクっぽい」という周囲の印象や軋轢、恵まれない異性関係なわけだが(久我山「彼女なんかできるわけねえし一生童貞のつもりだったさ」)(卵が先か鶏が先か、という話でもある)、「ハーレム」状況ではあれ、斑目は「オタク」活動よりも現実の人間相手の
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー