通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集) ハードカバー – 1967/1/20

5つ星のうち 4.7 160件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 864 ¥ 233

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
  • +
  • おおきなかぶ
  • +
  • ぐるんぱのようちえん
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 90pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   1963年に「こどものとも」誌上で発表されて以来、日本だけでなく世界各国で愛され続けるふたごの野ネズミ「ぐり」と「ぐら」のお話。

ぼくらの なまえは ぐりと ぐら
このよで いちばん すきなのは
おりょうりすること たべること
ぐり ぐら ぐり ぐら

   歌いながら森へでかけたぐりとぐら。大きなたまごを発見し「あさから ばんまで たべても、まだ のこるぐらいの おおきい かすてら」を焼くことにした。甘いにおいにつられて、森の動物たちが次々と集まってくる。「けちじゃないよ ぐりとぐら ごちそうするから まっていて」。さあ、できあがり。おなべのふたをとると、ふんわり黄色いかすてらが顔を出す。

   たまごが大きすぎて運べないなら、この場で作ろう。たまごのカラが残ったら、自動車を作って乗って帰ろう。次々と楽しいことを思いつき、軽やかに実行してみせるふたり。「(ぐりとぐらに)苦手なものはあるの?」という読者からの質問に、著者の中川李枝子は「失敗しても、間違っていても平気。やりなおせばいいもの」(『ぼくらのなまえはぐりとぐら 絵本「ぐりとぐら」のすべて』より)と答えている。ぐりとぐらの、この大らかな性格が、読み手の気持ちをやわらかくほぐしてくれる。

   そして、誰もが夢中になるのはなんといってもあの「かすてら」。どれだけ時がたっても、甘い、幸せな記憶としてほかほかと胸に残る。

   「ぐりとぐら」は、本書以降シリーズ化されており、クリスマスや海水浴など、いろいろな場面でのふたりの活躍を見ることができる。(門倉紫麻)

内容紹介

お料理することと食べることが何より好きな野ねずみのぐりとぐらは、森で大きな卵を見つけました。目玉焼きにしようか卵焼きにしようか考えたすえ、カステラを作ることにしました。でも、卵があまり大きくて運べません。そこでフライパンをもってきて、その場で料理することにしました。カステラを焼くにおいにつられて、森じゅうの動物たちも集まってきます……。みんなの人気者ぐりとぐらは、この絵本で登場しました。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 28ページ
  • 出版社: 福音館書店 (1967/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834000826
  • ISBN-13: 978-4834000825
  • 発売日: 1967/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 25.8 x 18.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 160件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 535位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー Amazonで購入
久しく名前は知っていたが、子供時代に自分も読まなかったので、これといって積極的に買う機会が無かったので買う予定ではなかったが、おじいちゃんが孫の誕生日にプレゼントをした。
発想をいろいろな角度で考えて結果に至るプロセスや寛大な気持ちでシェアをする心は幼い子供がはぐぐむべき要素。やはり歴史的に優良な本は時代を超えて優良な本だと認識した。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
子どもの頃から大好きなぐりとぐらです。
大きなカステラはみんなが大好きなお菓子です。
動物達も本当にうれしそうにおよばれします。

あの卵の殻はいったいどうなるの?と思ったら、
最期のさいごには車に大変身です。
子ども心をつかんではなさない
ぐりとぐらは永遠の絵本のアイドルですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
2歳の子に内容が難しいかなー?と思いましたが、ぐりぐらという響きが気に入ったようで口ずさんでいました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 桜吉 投稿日 2017/4/15
形式: ハードカバー Amazonで購入
図書館で読んだら気に入ったようでネットで調べたら人気のようで
購入しました。気に入っているようです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
子供の頃の強烈な記憶として、残っています。
***おいしそう!***
いまとなっては台詞まわりの古さ?硬さ?
「おお、いたい、なんてかたいんだろう」ってのがいいですね。
少なくても私は25年以上記憶に残してました。こういう本は大事ですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yopita 投稿日 2004/8/20
形式: ハードカバー Amazonで購入
3歳になるお姉ちゃんのために購入しました。
弟はまだ1歳半は落ち着いて聞く事が難しい年頃。
(もちろんゆくゆくは弟にも良いと思っていました)
案の定お姉ちゃんは気に入ってくれました。
弟はまだと思っていたら…
森のみんなが集まってきてカステラを
食べるシーンで、動物の名前あてっこ大会に早や代わり!!
最近はお姉ちゃんが読み聞かせる…とまではいきませんが
2人だけでも楽しんでいる様子!!
これをきっかけに「ぐりとぐらのカルタ」と
お出かけ用の小さい絵本「ぐりとぐらのあいうえお」も
手に入れてしまいました。
いまや2人の合言葉は「♪ぐりぐらぐりぐら♪」
ケンカばかりの2人ですが、『「ぐりとぐら」読むよー』の
お姉ちゃんの声には、素直に『ハーイ』とお返事しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
ぐりとぐらの、のほほんとした優しい時間の中で、楽しいお話が展開していくのに、
大人も子供もくぎ付けです。子供が3歳の時からよんだ本ですが、暗記するほど何回も
よみました。本が大好きになるきっかけの1冊だったとお思います!

卵をはっけんする!なにを作るか話し合う、準備をする、良い匂いと仲間が集まってくる
そして、みんなでたべる。ぐりとぐらのこのお話で幸せな気持ちまで匂いと一緒に運んで
きてくれるそんなお話ですね。冒険心もくすぐられるみたいです。

心の栄養になる良い本です。手に取ると、長く愛されている理由がよくわかります。
親子でぐりとぐらの大ファンになってしまいました♪
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
 ぐりとぐら
 知らない人の方が珍しいのでは?
 あのカステラのおいしそうだったこと。
 大きな卵の行方は?
 その後の説明が絵のみというところも面白くて
子供の頃、何度も何度も読んだ絵本です。
 今度は、自分の娘に読んであげてます。
 
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
絵本『ぐりとぐら』が大好きでした。

2人のねずみが作るふかふかのホットケーキがとにかく美味しそうで
子ども心にも印象深かったのですが、
2人の子どものお父さんになって、何十年ぶりに読み返してみたら、
ホットケーキではなくてカステラでした!

そっかー、ライオンや象たちと分けて食べてたのはふんわり黄色のカステラだったのか。

シブいな、ぐりとぐら!

閑話休題。

「歩こう歩こう わたしは元気♪ 」

日本中の子どもに親しまれているこの『さんぽ』という歌は
『となりのトトロ』のオープニングテーマですが、
なんとこの作詞も『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんでした。

知らなかったな。

宮崎監督が昔から中川さんのファンで
「子どもが大きな声で歌える歌を」という希望で依頼したそうです。

宮崎駿と中川李枝子。

僕が子どものころから大好きなこの2人が、この歌で結びついているなんて。
そして、僕の子どもがやっぱり大好きになるなんて。

人生ってやっぱりおもしろい。
1 コメント 122人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す