通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑... がカートに入りました
+ ¥340 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 1998年116刷。カバー欠品。表紙少ヤケあり。比較的きれいな状態です。  …日本郵便または佐川急便にて発送をいたします。当店はamazonコンディションガイドラインに準じて出品を行っておりますので、ご理解の上お買い求めください。ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集) (日本語) ハードカバー – 1967/1/20

5つ星のうち4.6 373個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ハードカバー
¥990
¥990 ¥105
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
  • +
  • しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
  • +
  • おおきなかぶ
総額: ¥2,860
ポイントの合計: 29pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   1963年に「こどものとも」誌上で発表されて以来、日本だけでなく世界各国で愛され続けるふたごの野ネズミ「ぐり」と「ぐら」のお話。
ぼくらの なまえは ぐりと ぐら
このよで いちばん すきなのは
おりょうりすること たべること
ぐり ぐら ぐり ぐら

   歌いながら森へでかけたぐりとぐら。大きなたまごを発見し「あさから ばんまで たべても、まだ のこるぐらいの おおきい かすてら」を焼くことにした。甘いにおいにつられて、森の動物たちが次々と集まってくる。「けちじゃないよ ぐりとぐら ごちそうするから まっていて」。さあ、できあがり。おなべのふたをとると、ふんわり黄色いかすてらが顔を出す。

   たまごが大きすぎて運べないなら、この場で作ろう。たまごのカラが残ったら、自動車を作って乗って帰ろう。次々と楽しいことを思いつき、軽やかに実行してみせるふたり。「(ぐりとぐらに)苦手なものはあるの?」という読者からの質問に、著者の中川李枝子は「失敗しても、間違っていても平気。やりなおせばいいもの」(『ぼくらのなまえはぐりとぐら 絵本「ぐりとぐら」のすべて』より)と答えている。ぐりとぐらの、この大らかな性格が、読み手の気持ちをやわらかくほぐしてくれる。

   そして、誰もが夢中になるのはなんといってもあの「かすてら」。どれだけ時がたっても、甘い、幸せな記憶としてほかほかと胸に残る。

   「ぐりとぐら」は、本書以降シリーズ化されており、クリスマスや海水浴など、いろいろな場面でのふたりの活躍を見ることができる。(門倉紫麻)

出版社からのコメント

今から50年以上前に、20代の姉妹、中川李枝子さんと山脇百合子さんによって生み出されたこの絵本は、今や、世代を越え、国をこえて、世界中の子どもたちに読み継がれています。「とにかく子どもたちをびっくりさせたい! 」と考えた、当時保育士だった中川さんは、大きな卵の存在を際立たせるために主人公を小さなのねずみにしたのだそうです。ぐりとぐらの絵本は、他に『ぐりとぐらのおきゃくさま』『ぐりとぐらのかいすいよく』『ぐりとぐらのえんそく』『ぐりとぐらとくるりくら』『ぐりとぐらとすみれちゃん』『ぐりとぐらのおおそうじ』『ぐりとぐらのあいうえお』『ぐりとぐらの1・2・3』『ぐりとぐらのしりとりうた』『ぐりとぐらのおまじない』『ぐりとぐらの1ねんかん』『ぐりとぐらの うたうた12つき』などがあります。
読んであげるなら:3才から
自分で読むなら:小学低学年から

出版社より

ぐりとぐらと一緒に出かけよう

ぐりとぐら

子どもたちに圧倒的な人気の絵本です。食べることの大好きな子どもたちにとって、自分の身体より大きいお鍋で作ったカステラを食べて、しかも、お友達みんなに分けてあげることもできるなんて、とても素敵な事ですよね。みんなでご飯やおやつを食べるのが楽しくなってきた頃の子どもに、ぜひ読んであげてみてください。

ぐりとぐら

「ぼくらの名前はぐりとぐら。この世で一番好きなのはお料理すること食べる事ぐりぐらぐりぐら」というフレーズは、子どもの耳にも、もちろん大人の耳にも心地よく響きます。この歌に正解はありませんから、親子で一緒にオリジナルのメロディーをつけて歌ってみてください。

えんそく えんそく くるりくら かいすいよく すみれちゃん おおそうじ
ぐりとぐらのおきゃくさま ぐりとぐらのえんそく ぐりとぐらとくるりくら ぐりとぐらのかいすいよく ぐりとぐらとすみれちゃん ぐりとぐらのおおそうじ
ぐりとぐらサンタクロースにであう!? 遠足に出かけ、マラソンを始めたぐりとぐら。あれれっ! ぐりとぐらの新しい友だち、手長うさぎのくるりくら。 ぐりとぐらの海での大冒険物語。 とびきり大きなかぼちゃで、ごちそうをたくさん作って……。 ぐりとぐらの大掃除は楽しくてダイナミック

登録情報

  • 発売日 : 1967/1/20
  • ハードカバー : 28ページ
  • ISBN-10 : 9784834000825
  • ISBN-13 : 978-4834000825
  • 出版社 : 福音館書店 (1967/1/20)
  • 商品の寸法 : 26.8 x 0.7 x 19.5 cm
  • 言語: : 日本語
  • ASIN : 4834000826
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 373個の評価
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。絵本 送料無料絵本 通販