残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
くるりのこと (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥350 配送料
お届け日 (配送料: ¥350 ): 4月17日 - 18日 詳細を見る
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 PitBox
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ◆中古商品となりますため、通常使用による若干の使用感はありますが、 良好なコンディションです。丁寧な検品を心がけています。◆簡易クリーニング済。◆ポスト投函。注文確定後、当日ないし翌日に防水封筒にてゆうメールで出荷致します。 ◆万一商品に不具合がある場合は全額返金保証等ございますので、ご安心してお買い求めください。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

くるりのこと (新潮文庫) (日本語) 文庫 – 2019/4/26

5つ星のうち4.7 24個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥1,430 ¥1
文庫
¥649
¥649 ¥17
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • くるりのこと (新潮文庫)
  • +
  • 石、転がっといたらええやん。
  • +
  • ソングライン <初回限定盤B:CD+DVD>
総額: ¥5,318
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

くるり―1996年に京都で誕生し、日本の音楽シーンを変えた唯一無二のロック・バンド。岸田繁と佐藤征史の友情の始まり、結成、デビュー、出会いと別れ。バンドの変遷を辿りながら、経験した様々な出来事とその真相をメンバーが語り尽くした。世代を超えて愛され、20年を越える歳月に鍛えられた、彼らの軌跡がここにある。岸田、佐藤、ファンファンへの新たな取材を加えた、決定版。

登録情報

  • 出版社 : 新潮社 (2019/4/26)
  • 発売日 : 2019/4/26
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 352ページ
  • ISBN-10 : 4101013713
  • ISBN-13 : 978-4101013718
  • 寸法 : 10.6 x 1.4 x 15.1 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.7 24個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
24 件のグローバル評価
星5つ
79%
星4つ
13%
星3つ
8%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト1000レビュアー
2019年9月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2016年11月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年10月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年10月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年12月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2016年11月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年11月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月4日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 BGMも含めた最高の読書体験
ユーザー名: sarumarudayu、日付: 2019年5月4日
本書は、本文で語られるくるりというバンドの時系列に沿ってSpotifyなどのストリーミングサービスでアルバムを聴きながら読むことでその楽しさが10倍にも100倍にも膨らみます。
今ではなかなか資料を検索することも難しくなったデビュー当時のエピソードなど、くるりファンにはたまらない内容が目白押しです。あのアルバムの舞台裏はこんな感じだったのかとか(クリストファー・マグワイア脱退につながる破天荒すぎる私生活が気になる…)、あーこの頃のライブ通ったなとか、読みながらくるりの音楽とともにあった自身の過去の記憶がどんどん蘇ってきました。
10年程前に世界一周旅行へ出る友人に数千曲のiTunesリストを丸々iPodにコピーして渡したことがあり、1年後に帰国した友人が旅行中一番聴き込んだのがくるりの楽曲だったそうです。個人的には、くるりの魅力ってそういうものだと思います。
固有名詞に対する注釈が丁寧なのも気が利いていて嬉しいポイントでした。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告