中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

くもはち 単行本 – 2003/7/1

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

怪談の夏。ポップでおちゃめな新・妖怪ノベルズの誕生

義眼で三文文士の妖怪くもはちと挿絵描きののっぺらぼう・むじな。ラフカディオ・ハーンに田山花袋、柳田國男の秘話がいま二人のずっこけ妖怪コンビによって明らかに…

内容(「BOOK」データベースより)

本格妖怪小説!怪談作家くもはちと、のっぺら坊のむじなが大活躍!私があの男と初めて出会ったのは私がまだのっぺら坊であった頃の話だ。いや、のっぺら坊になったばかりと言った方が正確なのかもしれないが、気がつけばその時、私はのっぺら坊になっていたのである。その男は私の顔を初対面にしてはいささか不作法にしげしげと見つめると「ひょっとして君はのっぺら坊なんじゃないかい?」と屈託なく言ったのだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 246ページ
  • 出版社: 角川書店 (2003/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048734784
  • ISBN-13: 978-4048734783
  • 発売日: 2003/7/1
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,440,092位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 のっぺら坊になってしまった駆け出しの挿絵画家むじなが、怪談作家くもはちと赤坂の紀伊国坂で出会うところから物語は始まる。その日は怪談で有名な小泉八雲の葬儀が行われていた。三流怪談作家であるくもはち小泉の死を怪談仕立てにした小説を書かねばならないため、二人は葬儀を取材する必要があったのだ。二人は首尾よく葬列に紛れ込むが、むじなが葬列を監視する男を発見する。男はなんと神経症のあまり小泉八雲に雇われた探偵に追われていると錯覚する帝大教師夏目金之助だった。
 売れない二人は怪談の種を、出版社とのつてを、また小遣い稼ぎにと東奔西走するが、その度に奇妙な人々と出会う。怪談の種を売ろうとする不気味な文学青年に、不思議な力を持つ法制局参事官、大手出版社博文館の編集主任にして女学生に取り憑かれた自然主義文学の先駆者。そして妻が妖精にさらわれたという英国人アーサー氏。二人の妖怪をめぐる冒険が始まる。
 妖怪というと恐ろしさを感じさせるために殺伐とした描写が多くなりそうなものだが、内容は表紙のイラストのようにユーモラスそのもの。歴史的事実かどうかはさておき、裏付けがなされた文士たちは一人一人特徴的でどのキャラクターも印象的である。また、登場する妖怪たちもいかにも『出そう』な時代が与えられた上、様々な資料から推し量られた妖怪の正体や能力は荒唐無稽な存在に一定のリアリズムを与える事に成功
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ラフカディオ・ハーンの葬儀の場で出会う、のっぺらぼうのむじなと、正体不明のくもはち。二人の役回りは大塚作品を読んでいる人ならなじみの深いものである。もしかしたら、京極夏彦の京極堂シリーズの読者にもすっと入りやすいものかもしれない。
個人的な好みとしては木島日記などのほうが面白いと思ったのだが、くもはちの正体には思わずうなってしまった。そこは間違いなく面白かった。
あの時代の複雑な著名人の交友関係をうまく利用しているなと思った。
国語便覧などを読んでから読むとより面白く感じるかもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告