くちびるに歌を DVD 通常版 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆こちらの商品はレンタルUP品になります~ケース良好です♪(ブックレット等は付属しておりません)盤面に僅かに薄い小キズが見られますが再生には支障ありません~再生確認済みです♪プチプチ包装にて発送します♪(^-^)v
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

くちびるに歌を DVD 通常版

5つ星のうち 4.5 30件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,175より 中古品の出品:8¥ 1,250より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • くちびるに歌を DVD 通常版
  • +
  • マエストロ! [DVD]
  • +
  • 映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション
総額: ¥8,677
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 新垣結衣, 木村文乃, 桐谷健太, 恒松祐里, 下田翔大
  • 監督: 三木孝浩
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2015/09/02
  • 時間: 132 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00ZBWQ1I2
  • JAN: 4988013332485
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,551位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

主演:新垣結衣×監督:三木孝浩
孤独なピアニストと離島の生徒が奏でる最高の[合唱(うた)]
”15歳”だったすべての人へ--生涯忘れない、涙の感動作が遂に発売!  


●主演:新垣結衣×監督:三木孝浩で贈る感動作。
新垣結衣は初の教師役でピアノに挑戦!!監督は『ソラニン』『僕らがいた』『陽だまりの彼女』『アオハライド』など大ヒット作品を連発する青春映画の名手・三木孝浩!
●劇場公開時にはぴあ満足度ランキング第一位!(2015/2/27-28 ぴあ調べ)yahooレビューでも平均4.43点!15歳の人も15歳だった人も、圧倒的な感動と共感を呼んだ。
●国民的合唱曲である主題歌アンジェラ・アキ「手紙~拝啓十五の君へ~」がモチーフ
●原作は本屋大賞ノミネート&読書メーターおすすめランキング1位!中田永一のベストセラー小説
●新垣結衣をはじめとしたキャスト監督のオーディオコメンタリーの他、限定生産の愛蔵版は豪華映像特典や卒業アルバムブックレットが付いてくる!
さらに邦画作品で初となるDTS Headphone:X仕様!お手持ちのヘッドフォン、イヤフォンでマルチサラウンドが体感でき、
あの感動の歌声がまるで劇場にいるような臨場感で楽しめる!


[内容解説]
長崎県の離島・中五島中学校。産休に入る音楽教師の代理として、数年ぶりに故郷に戻った柏木ユリ。
東京でピアニストとして活躍していたという美人の柏木に興奮する生徒たちをよそに、柏木はなぜか冷たい態度で頑なにピアノを弾こうとしない。
嫌々合唱部の顧問になった柏木は、もともと女子だけの合唱部に男子を入部させ、混声での全国コンクール出場を決めてしまい、合唱部は大混乱。
そんなある日、柏木は課題曲の「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の練習のため、“15年後の自分へ手紙を書く”という宿題を出す。
責任感が強い部長のナズナ。引っ込み思案だが合唱に魅せられた新人サトル。
柏木は、明るくふるまう15歳の生徒たちが、実は誰にも言えない悩みを抱え、みんながひとつになる合唱に救いを求めていたことを知る。
そして、自らの悲しい過去から弾けなくなっていたピアノにも生徒たちにも向き合うようになっていく。
しかし、待ちに待ったコンクール当日、ある事件が起こり・・・柏木と中五島中学合唱部による、最初で最後のステージの幕が上がる。

[特殊内容/特典]
●本編 
●オーディオ・コメンタリー(新垣結衣/三木孝浩監督ほか)
●予告編集

[スタッフキャスト]
【CAST】:新垣結衣
木村文乃
桐谷健太
恒松祐里
下田翔大
葵わかな
柴田杏花
山口まゆ
佐野勇斗
室井響
渡辺大知
眞島秀和
石田ひかり(特別出演)
木村多江
小木茂光
角替和枝
井川比佐志

【STAFF】
監督:三木孝浩
原作:中田永一「くちびるに歌を」(小学館刊)
主題歌:アンジェラ・アキ「手紙~拝啓 十五の君へ」(EPICレコードジャパン)
音楽:松谷 卓
脚本:持地佑季子 登米裕一
製作:長澤修一 水口昌彦 都築伸一郎 中村理一郎 本間憲
江守 徹 高橋誠 宮本直人
エグゼクティブ・プロデューサー:豊島雅郎
プロデューサー:宇田 充
音楽プロデューサー:安井輝
ライン・プロデューサー:山本礼二
撮影:中山光一
照明:松本憲人
録音:矢野正人
美術:花谷秀文
装飾:西尾共未
スクリプター:古保美友紀
編集:伊藤潤一
音響効果:岡瀬晶彦
VFXスーパーバイザー:鎌田康介
ヘアメイク:内城千栄子
スタイリスト:望月恵
方言指導:ベベンコビッチ ナカムラタエ
合唱指導:和田一樹 熱田 哲 酒井真美 林 美菜子 湯浅ゆう子 岩永崇史
ピアノ指導:西川幾子
俳優担当:疋田理紗
制作担当:松村隆司
助監督:清水勇気
宣伝プロデューサー:笹部優子
製作:アスミック・エース ポニーキャニオン 小学館 電通
レプロエンタテインメント 巌本金属 KDDI GYAO!
制作プロダクション:アスミック・エース
協力:長崎県フィルムコミッション 五島市 新上五島町
長崎市教育委員会 長崎県教育委員会
特別協力:九州商船 キャンパス ソラシド エア
後援:全日本合唱連盟
配給:アスミック・エース




[発売元]アスミック・エース/小学館

(C)2015『くちびるに歌を』製作委員会 (C)2011中田永一/小学館

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

中田永一のベストセラー小説を『ソラニン』の三木孝浩監督が新垣結衣主演で映画化した感動作。東京から柏木ユリが長崎県五島列島の中学校へ音楽の臨時教員として赴任。生徒は彼女の話題で持ち切りになる。当の柏木は嫌々合唱部の顧問を引き受け…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 MAMA 投稿日 2017/6/4
Amazonで購入
娘と見た映画でとても良かったので購入しました。見た後ほんわかする映画です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
逃げ恥とは違った役、先生役もはまってしまいました。ありがとう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
何気に借りて観たのですが、捨てられた仔犬のような目をしたサトル君にやられました。自分の産まれてきた意味を子供なりに理解し、自閉症の兄の為に生きている。サトル君の15年後がどうか幸せでありますようにと願わずにはいられませんでした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「リーガルハイ」以外の新垣結衣の作品は、殆ど駄作だったが、これは良かった。それは長崎を舞台に出演する中学生たちがのびのびと演技しているからだと思う。合唱部を通して日々成長していく若き男女の演技が素晴らしく、サポーターとしての新垣結衣の先生は悩みを抱えながらも珍しく本気で頑張っていたと思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちも 投稿日 2016/9/11
Amazonで購入
感動しました。静かな画面が多いのですが、それがまた気持ちを和らげてくれます。
息子が欲しくて買ったのですが、わたしも気に入りました。こうした映画は沢山の人に見て欲しい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
映画のラストで、主人公(なずな)の亡くなった母親の言葉「なずな、なずな、前進、前進」が意外な人物が語ります。
長崎県の上五島は隠れキリシタンの島です。映画でも教会が重要な場面で出てきて、主人公(なずな)もたぶんクリスチャンです。
主人公は母親の死、父親から捨てられ、「神」を確信できない体験をしてきました。
ラストに聞いた「なずな、なずな、前進、前進」は、主人公にとって、「神」の不在ゆえの「神」の存在を証明しました。
とても、感心する物語で、「神」の存在を問うた遠藤周作の長崎舞台の「沈黙」にたいする回答でもあるように思います。
ガッキーが良い。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
CMや最近のドラマなどでは明るい元気印の女の子のイメージが
強いガッキーですが、
今回はノリが悪く、嫌な奴っぽく、そしてクールに決めています。
全然笑いません。
それが段々ほぐれてくるんだろうなぁとは思われますが、
なんかね、ほぐれなくてもいい、かっこいいクールさって
あるじゃないですか。
ゴルゴ13とかブラックジャック先生とか、
そーゆー方向でもよかったんじゃないかな・・・
こんなんクールに決める意味というか、訳が
いまひとつ伝わらない。ので、ガッキーに感情移入が
できない。
なんで、ピアノが弾けないのか?
なんで、ボロボロのトラックに乗っているのか?
そもそも、なんで親友木村文乃の依頼を引き受けて
島に帰ってきたのか?
生徒たちはかなり丁寧に描かれていて
彼らサイドの話だからといってしまえばそれまでですが、
折角新垣結衣が、新キャラクターをー演じているならば
もう少し深く彫ってあげてもよかったのでは?
やる気になって一生懸命協力し始める男子たちに
なんかシンパシーを感じてしまう。
あまりテーマを追求しないで、
島の空気と、雰囲気と、頑張ったみんなの清々しさに
気持ちよくなる、そんな映画です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
新垣結衣が先生役で、地方の中学の合唱部の青春映画。先生には辛い過去があって…。という内容だけを聞くと、背中のあたりがかゆくなってきて、自分の観る種類の映画ではないかな…と思っていましたが、さにあらず。
映画の男子学生のように、ガッキー目当てで観始めた方もその丹念な話の紡ぎ方で、少しずつ笑顔を戻していく過程に引き込まれていくと思います。

一回観て気に入ったら、是非もう一度観ることをおすすめします。

ラスト辺りでやや唐突に感じられる巡り合わせが、実はトップシーンから丹念に伏線が敷かれていることがわかると思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
特定の俳優に合わせたキャラクターやストーリーを設定して本を書くのが「当て書き」だけど、
この作品は主題歌(アンジェラアキ「手紙」)への当て書き。
必然的に生まれた主題はもちろん「15歳の葛藤」ってことになるんだけど、
この映画は、その15歳の葛藤が実は人間の一生の葛藤であるように描かれているので、
世代を問わず心に訴えかけてくるものがある。
なぜ生まれてきたのか、何のために生きているのか、
自分が生まれたのは偶然か必然か。。
いろんな偶然や必然が重なって生まれた人たちが、
これまた偶然や必然に絡まれて繋がり、助け合って生きていく。
これこそ人生で、喜び感謝するものだと教えてくれる。
だからこれは15歳と30歳のための映画ではないんですね。
ガッキーはとても真摯にキャラクターと向き合っているし、
監督も丁寧な演出と編集を行っている。
五島の美しく素朴な風景も脚本にピッタリ。
それにしても音楽って映画の重要な要素なんだなぁって、
つくずく感じさせてくれる映画でした。
アンジェラアキのセンスの良さを改めて感じました。
ラスト、エンドロールが終わってブラックアウトするまで涙が止まりませんでした。
観た人にだけ分かる邦画の秀作。
ぜひ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す