通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
くたばれパヨク がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。表紙カバーに多少スレキズがあります。※アマゾン配送センターからの発送となりますので、安心・迅速です。※アマゾン管理用バーコードシールが貼付されています。(バーコードシールは剥がしやすい素材を使用しております)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

くたばれパヨク 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/10

5つ星のうち 4.3 70件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 615

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • くたばれパヨク
  • +
  • さよならパヨク
  • +
  • 日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)2
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 111pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

皆、戻っておいで!
理想やきれいごとに流されて、
日本を不幸にするのはもうやめよう!

桜井誠日本第一党党首との対談も収録、
ここでしか言えない芸能界の裏話もあり!

綺麗事の陰にデマと暴力……、
チバレイの実体験に基づくパヨクの実態
パヨク震撼、止めの一撃!

〈目次〉
第1章 芸能界とパヨク
第2章 教育とパヨク
第3章 若者とパヨク
第4章 チバレイ式、日本再生への処方箋
特別対談 桜井誠×千葉麗子
日本第一! 若者達の未来に光を!

〈著者プロフィール〉 千葉麗子、愛称チバレイ。大阪生まれ、福島育ち。平成3年アイドル女優としてデビュー。「電脳アイドル」としても有名に。20歳で芸能界を引退、ベンチャー企業を立ち上げる。結婚、出産・育児を機にヨーガをはじめ、インドでの修行などを経て「インテグラル・ヨーガ」のメソッドを確立、ヨーガの普及にも務めている。パソコン・ヨーガ関連の著書多数。東日本大震災での原発事故をきっかけに反原発運動に参加するも疑問を持ち、離れる。現在はそのときの体験をもとに、日本のための活動や情報発信を行っている。今年、4月に新著「さよならパヨク」(青林堂)を出版。パヨク(=劣化左翼)という言葉が話題になり、2016年上半期のネット流行語大賞にもノミネートされた。

内容(「BOOK」データベースより)

綺麗事の陰にデマと暴力…、チバレイの実体験に基づくパヨクの実態。桜井誠日本第一党党首との対談も収録、ここだけの芸能界裏話も!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 235ページ
  • 出版社: 青林堂 (2016/12/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4792605733
  • ISBN-13: 978-4792605735
  • 発売日: 2016/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.9 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 70件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,447位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
この本の存在を全く知らなかったのですが、有田芳生参院議員の宣伝のおかげで買ってしまいました(笑)
すべて、本当のことかどうかまではわかりませんが、行き過ぎたパヨクは日本にとって、いらないとだけわかりました。
8 コメント 793人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
国会議員であられる有田先生の御墨付きが出たので、とても良い本だと思います♪
2 コメント 653人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
サイン会がパヨクの脅迫電話で中止になったとのこと。腹立ちまぎれに思わず注文してしまいましたw。
2 コメント 729人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
あまりに振り幅広くて、
少し戸惑ってしまいましたが、
行動力に関心しました。
そして色々わきまえてきているなぁとも。
前作を含めて、カンパ感覚でしたが、
買って読んでみて、面白いですよ、!
コメント 328人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 南天群星 トップ50レビュアー 投稿日 2017/1/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
チバレイこと千葉麗子氏による左翼暴露本第2弾だが、正直言って、
第1弾ほどのインパクトはなかった。
2016年末の時点では、近所の書店では残念ながら取り扱いすらなかった。
だが、2017年に入ってから本書のサイン会に対する脅迫電話などが相次ぎ、
さらにはパヨク巨頭の有田先生からの「お言葉」もあった。
そのせいか、話題となり、連休中に書店で手に取ることが出来た。
ハッキリ言って、前著「さよならパヨク」を読み、JAPANISM誌を普段読ん
でいる方にとっては、新たに得るところはあまりない。

本書の真の価値は、直にパヨクの生態をあぶりだしたところにある。
昨日の時点で、近所の書店3店舗のうち、2店に本書が置かれていた。
アマゾンでのランキングも1位になっている(20170109現在)。
有田先生をはじめとするパヨクの方々のブーメランの切れ味にはおどろく
ばかりである。
彼らの妨害のおかげで、ごく普通のサイン会がごく普通のサイン会ではな
くなった。サイン会そのものは幻と消えたが、より大きな価値を持った。
そして、本書が手に取る価値のある本だと世間に知らせている。
2 コメント 474人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者の千葉麗子氏のサイン会が、パヨク団体や個人パヨクらの弾圧によって中止との報道を受け、
早急に、Amazonに注文をした。
実を言えば、このパヨクによる弾圧がきっかけでこの書籍だけではなく、青林堂の本を購入したことは、
一度や二度ではない。
「ヘイトスピーチ」や「差別」コールがパヨクにとって最大の武器であろうが、
唯一の武器でしかない。
奴らは「ヘイワ」「反戦」「寛容」「キョウセイ社会」の声高な主張をしているが、
あくまで、これらの言葉の前に隠れた文字が存在する。
それは、「自分たちが目指す、認める」という言葉だ。
つまり、あくまで自分にとってのヘイワという、狭窄した目標でしかないため、
本来の「平和」の主張や行動に対しては、まったく受け入れることができない。

パヨクが唱える「非暴力」も言葉だけがイデオロギー化してしまっており、
「ヘイワ」を唱える、「反戦」を唱える(当然これらの言葉の前には「自分たちが目指す」の言葉が入るのだが、)
上で、共有しない主張や行動に対しては「闘争」という聖戦化した「暴力」を手段に選ぶ。
その「非暴力」の裏に隠した「暴力」を世間に知らしめる行為をした者に対して、
パヨクらは「ヘイト」という文字
...続きを読む ›
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 今年4月に刊行された『さよならパヨク』に続き、元アイドルの著者が、パヨクから足を洗った自らの体験を交え、メディアや教育現場に巣食うパヨク勢力の実態を暴くとともに、彼らの巧言令色に誑かされない心構えを説く一冊。巻末には、『ジャパニズム33』に掲載された桜井誠氏との対談が再録されている。前著同様、読みやすい内容であり、また、一児の母でもある著者が、これから日本を担う若い世代の人たちへと向ける温かい眼差しが全篇に満ちている。
 本書 117ページには、パヨクの集合図が載っており、主張内容や行動に基づく分類としてはなかなか的を射ているように思えたが、わたくしは、本書を読むうちに、このような分類とは別に、パヨクには、大きく分けて、「コアなパヨク」と、「何となくのパヨク」の2種類があるように思えた。前者は、自分自身を愛せず、日本という国を愛せず、自分が日本人であるという事実を愛せず、自らの置かれた境遇への不平不満で凝り固まり、日本という国を亡ぼしたいというどす黒い願望に燃える、世にも憐れむべき人たちであり、後者は、前者の甘言に釣られるなどしてパヨク活動に従事しているが、それほど強い思想を懐いているわけではない人たちである。第1章で取り上げられているような、芸能界で生き抜くために魂を売り渡したり、反原発・戦争反対などの綺麗事を述べたりしているような人は、ほぼ全員が後者であり、ここで名
...続きを読む ›
1 コメント 590人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー