中古品
¥ 379
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。カバーに多少のイタミがあります。中身は概ね良好な状態です。万が一、不備の見落としがあった際はご容赦ください。so
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

くそ長ーいプロフィール 単行本 – 2004/5

5つ星のうち 4.3 26件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 379

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

13歳の誕生日を目前に家を飛び出し、代々木公園の歩道橋の下で野宿を始めた俺が、ひょんなことからジャニーズに拾われ一躍日本のトップアイドルの座に躍り出た-。光GENJI解散、NYでの生活までを語る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

諸星/和己
1970年、静岡県生まれ。1987年、光GENJIのメンバーとしてデビュー。1988年には「パラダイス銀河」で第30回レコード大賞を受賞。1995年、光GENJI解散。同年、自ら個人事務所を立ち上げ、ソロアーティストの道へ。現在はニューヨークと東京を拠点として幅広い分野で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 215ページ
  • 出版社: 主婦と生活社 (2004/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4391128950
  • ISBN-13: 978-4391128956
  • 発売日: 2004/05
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 244,769位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 em 投稿日 2004/5/16
形式: 単行本
芸能人が書く本といったら大体が「暴露」だったりするものだが、
この本はまたそれとも違う。
諸星和己さんの生きてきた足跡の伺える1冊になっていた。
自分のマイナス面をここまで前面に書ける事に何より凄い事だと感じました。
生きていく上でためになるようなことは一切書いてない・・・・
そう帯にありましたが、生きていく上で読んでおきたい一冊だと思います。
改めて諸星さんの魅力の再確認出来た本でした。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
彼だからこそ書けたジャニーズの表側・裏側。30代以降のジャニーズファン必読の著と強く推薦します。
ジャニーさん、メリーさん、トシちゃん、マッチ、少年隊、もちろん光GENJIについても素直な気持ちで綴られているので、いわゆる暴露的な部分も読んでいて不思議と不快になりません。むしろ時に笑いすら誘うあたりに彼のすぐれたエンターテイナーとしてのサービス精神を感じます。
これらのエピソードが嘘でも本当でも構いません。嘘も本当もジャニーズですからね。ちなみに私は本当だと思います。傑作です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
常々読みたいと思ってました。別にこの人のファンでも何でもないけど、80年代に活躍した人の体験談に興味があるので。

けっこうサービス精神たっぷりと言うか、かっこつけてない文章で面白かった。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2006/10/29
形式: 単行本
諸星くんと同い年の私はリアルタイムでその活躍を見てきました。その中にあって、いつも笑ってるな〜なんか脳天気っぽいな〜なんて思ってた自分を恥じました。テレビ向けの作ったキャラだったんだな〜って。いろいろ悩んだり葛藤したりしてたのですね。昔の自分をとても客観視して書いてるとこがすごいです。笑えるエピソードもたくさんあって爽快でした。
かぁくん、普通の暮らしができるようになって良かったね。これからも頑張って! 今でもスター性は充分健在だよ!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ご存知、光GENJIのかーくんの自伝。家出をし、ホームレスからトップアイドルというシンデレラサクセスストーリーを
ユーモアたっぷりに語る。かーくんの自慢話は何故か全く嫌味に聞こえず、新鮮な感覚を覚えました。
それはかーくんの人柄なんでしょう。失敗談も同じくらい語るあたりも好感が持てました。
しかし、先輩や恩師にも容赦なく悪びれ、生意気まっしぐらなデビュー時代。
ジャニーズ1番のワルの名を欲しいままにし、まさに傍若無人に振舞って芸能界を駆け抜ける。
男がのどから手が出るほど欲しい、「名声」「金」「女」の10代で全て手にいれたかーくん。
しかし、彼自身自分の力で手に入れたものではないことに気付き、悩み、苦しみ、そしてグループの解散。
このあたりから、文面がとても真面目になっていき、個人になってからの普通の生活では
ハンバーガー一つ買えずに悩む(笑)

ニューヨークに行き、今に至るかーくんはある意味、かつてのトップアイドル時代よりも幸せなのかもしれません。
わかりやすく、とても面白い、いい本でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/8/29
形式: 単行本
笑えます!自分の事をまったく美化していないところが実に良い。  「たまご」のエピソードには思わず、腹を抱えて笑ってしまう。彼は文書を書くのが実に上手く、とても判りやすいし読みやすい。芸能人の「告白本」といえばだいたいが「悪口」や「実は仲が悪かった・・」。などという「くだらぬ告白」だったりするのだが、この本は違う!悪口などなく読んでいるこちらとしても、良い気分で読んでいける。お勧めです。
  
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 りっぱなエッセイ本です。かなり面白い。著者について、または著者の活躍を知らない人でも楽しめる域に達しています。
  
 建物が傾いたら川に落っこちそうなほど貧しい実家から原宿へ出て、ホームレス寸前の13歳の時奇跡的にジャニーさんに出会う。
 その後日本一のトップスターにまで上り詰める著者。
 毎年全国からトラックに何台分ものバレンタインチョコレートが集まり、まわりはちやほや、欲しいものは何でも手に入る、「港区いくら?」と聞くほどの天狗ぶり。

 しかし本人は、あの当時の状況じゃそんな態度になってもしょうがないよね、子供だったし、というリラックス感を持って肯定している。

 子供から成長し、一時頂点を極めたグループの人気も一定のところに収まり、時代は移り変わる。
 グループとして行き詰まりを感じて解散、事務所を離れると、まわりの様子ががらりと変わったという。かつて熱狂していたファンは離れ、よいしょよいしょしていたスタッフは離れ。
 
 紙袋一つ、たった一人でのNYでの生活。公園でホームレスのおじさんに英会話を習ったり、ピザの配達のバイトをしたり、公園でローラースケートをしていた子供に「プロの技」を見せてやったり。
 とにかくどんな状況でも活き活きとしている。まずい
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック