¥ 1,512
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
くじらとくっかるの島めぐり あまみの甘み あまみの... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

くじらとくっかるの島めぐり あまみの甘み あまみの香り 奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島と黒糖焼酎をつくる全25蔵の話 単行本 – 2016/9/3

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/9/3
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,300 ¥ 997
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • くじらとくっかるの島めぐり あまみの甘み あまみの香り 奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島と黒糖焼酎をつくる全25蔵の話
  • +
  • TRANSIT  特別編集号 美しき奄美・琉球/秘密の島旅へ ―世界自然遺産に向けて― (講談社 Mook(J))
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

黒糖焼酎は、実は奄美大島でしか造られていないお酒なのです。奄美大島中にある全25蔵を、島女子ブームの仕掛人である「離島経済新聞」編集長鯨本あつこが紹介。九州とは違い、沖縄とも違う奄美群島の魅力満載、島好き・酒好きの方必読の蔵と島めぐりのイラストエッセイです。

内容(「BOOK」データベースより)

奄美黒糖焼酎の作り方、歴史はもちろん、マメ知識、そして全蔵の情報も掲載。なんて面白いんだ。奄美の島々と黒糖焼酎。離島経済新聞社の名物編集長と島酒担当記者が綴る奄美群島5島と奄美の島酒をめぐるイラスト満載のほろ酔い旅エッセイ。


登録情報

  • 単行本: 293ページ
  • 出版社: 西日本出版社 (2016/9/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4908443025
  • ISBN-13: 978-4908443022
  • 発売日: 2016/9/3
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80,966位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 旅人を、その土地のより深い魅力へ導くのがガイド本の役割であるとすると、まさにこの本は、奄美群島のガイド本である。一般的な観光案内の冊子は、島の観光名所や宿泊先、食事処を紹介するのに留まるが、この本は、黒糖焼酎という奄美群島でしか製造が許されていないお酒と酒蔵を通して、その背景にある歴史、周りにある文化、周りにいる人をチラリと見せてくれる。
 私も長く、奄美大島に暮らしているが、この本に出てくる方々が大好きで、遠くから島を訪れるゲストには一番に紹介したい方たちばかりで驚く。宿も食事処も、どちらかというと秘密にしておきたい場所ばかりである。
 初めて奄美群島を旅する方には、地名も土地の感じもピンとこないかもしれないが、亜熱帯気候の静かな南の島々を思い浮かべながら読んでいただくと良いと思う。2度目以降の方、出身者の方、在住の方々にも、是非読んでいただきたい一冊である。あなたの知らない奄美群島の魅力が見つかるはずだ。
 別の側面として、黒糖焼酎の酒蔵や製造方法に関するデータに基づいた解説書としても本書は秀逸である。私がこれまで読んできた焼酎関連の本の中でも、一つのジャンルの蔵を網羅し、製法、機器、原料調達先、分量をこれほど詳細に記述した本はない。本に出てくる黒糖焼酎を用意して、読み進めることをお勧めしたい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
黒糖焼酎は奄美群島でしか作られていない(作ることができない)お酒で、その個性と美味しさは素晴らしいものなのですが、なかなか世に広まらないのが残念。そんな黒糖焼酎にフォーカスした本書は、お店で飲めたり酒屋で見かけるさまざまな黒糖焼酎について、蔵元への訪問記として一歩深く掘り下げて作り手の「顔」を紹介しています。知っている人は蔵に行きたくなるし、飲んだことない人は飲みたくなる、そんな良書です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
タイトルを見ていまひとつピンと来なかったが、「黒糖焼酎」の本だった。「黒糖焼酎」はお酒の法律の関係で、奄美諸島でしか作られていないのだという。その25の蔵を網羅。しかも、読んでいるうちに「ふしぎの島・奄美」の実に楽しげな暮らしが見えてくる。島の人の「余興」のレベルがめちゃめちゃ高い、なんて知らなかった。楽しみは自分で作るしかないからだそうだ。これを読んでから島に行けば、何倍も楽しめそう! 読んでいるうちに黒糖焼酎が飲みたくなってきた。酒好きにも、旅好きにも、島マニアにもお勧め。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
眺めるガイドブックならぬ、読ませる黒糖焼酎指南本。島へ足を踏み入れる前に読むのもよし、旅を終えてふり返るのもよし。島在住者も手元にあると便利。杜氏の顔が浮かび、応援したくなります。頁下にあるイラストがパラパラマンガのようで、酢卵など焼酎のつまみのレシピは嬉しい。ただ酒飲みからすれば、焼酎ラベルを眺める楽しみが無いのが残念なので星4つにしました。ラベル写真一覧があればなお良いです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
読みながら奄美群島の島々の情景が浮かんでくる1冊。
そして奄美が近く感じられます。
奄美を知る人、訪れたことがない人、焼酎に興味がある人にも奄美や奄美黒糖焼酎の入門編、新しいガイドブックとしておすすめしたいです。
それぞれの島の黒糖焼酎(グラス)を片手にページをめくってみるのも楽しそうです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す