通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
きょうの おやつは かがみのえほん (福音館の単行... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表と裏表紙にスレがあります。汚れはなく、きれいです。★クリスタルパックと封筒に入れて、ご入金確認後1~2日以内に発送致します。土日祝日も発送しています。 ★Amazonマーケットプレイス専用出品です。★万が一配送事故があった場合、配送の追跡調査の依頼をして探します。【他サイトでの出品で"良い"の評価450件以上、"普通・悪い"の評価は0件頂いています】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

きょうの おやつは かがみのえほん (福音館の単行本) 単行本 – 2014/10/9

5つ星のうち 4.4 74件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,178

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • きょうの おやつは かがみのえほん (福音館の単行本)
  • +
  • ふしぎな にじ かがみのえほん (福音館の単行本)
  • +
  • さわってごらん ふしぎなふしぎなまほうの木
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 141pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

鏡のように反射するピカピカの紙でつくられた絵本です。絵本を90度に開くと、両側のページの絵が互いに映りこみ、驚くほど立体的に見えます。ともかく百聞は一見に如かず。ぜひ手にとって、未だかつてない視覚体験をお楽しみください。
卵をわって、小麦粉、砂糖、牛乳を入れて…さあ、なにをつくるんでしょう。ページに自分の姿が映りこみ、臨場感あふれるおやつづくりのはじまり、はじまり。 5才から。

出版社からのコメント

泡立て器にスプーン、銀色のボウル…次々登場するおやつづくりの道具。でも、それを持つ手は描かれていません。実はこれ、「読む人自身におやつづくりを楽しんでいただきたい」という著者の遊び心なのです。道具の端に手を添えれば、おやつづくりに参加している気分を味わえます。年齢を問わず楽しんでいただける本です。プレゼントにも最適。美しいにじが七変化する姉妹本『ふしぎな にじ』もおすすめです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 20ページ
  • 出版社: 福音館書店 (2014/10/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834081230
  • ISBN-13: 978-4834081237
  • 発売日: 2014/10/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 15.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 74件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,098位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
いままでありそうでなかった原理で、読者を驚かせる絵本。すばらしい。

子供には、お母さんがひざのうえで見せると良い、きっと楽しめる。
絵本が好きなら、大人もあっと驚かせる。リアルなのに優しい絵で作られた
そこにあるような3D空間。何度も見たくなる。

この本の楽しさは、文字では表現できない。書店でその3D空間をのぞいて
みる価値あり。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
インスタで見つけて、おっしゃれ〜と思い購入しました。
1歳1ヶ月の息子にはいまいち理解しがたいようですが(鏡は分かるけど、例えば一つのコップの絵が鏡に映ってコップが二つあるんだよ、というのは分からない様子…。)4歳の息子は、嬉しそうに見ていました。が、4歳には内容が幼稚?なのでやはり小さい子向きなのかな?
角度をきっちりしないと、うまく絵にならない感じはありますが、膝に座らせて一緒に読むと、絵本の鏡に私と赤ちゃんが映っておもしろいです。
お値段が高いので、☆4個です。出産祝い等に良さそうです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
立体感があるので、まるで自分がそこにいるようです。1歳の息子も4歳の息子も楽しんで読んでいます。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
出産祝いで友人の子供さん(生後2ヶ月)にプレゼントで購入しました。
同シリーズの「ふしぎなにじ」とどちらを購入するか迷いましたがふしぎなにじは全ページにいろいろな形の虹だけしか
出てこないのでストーリー性が薄く、鏡と虹以外の部分が全て黒一色で暗い印象だったので「きょうのおやつは」を選びました。
飼い主がホットケーキを作っているのを猫が見ているという話です。
焼く前の生地を猫がつまみ食いしようとして叱られていたりしていて可愛いです。
子供が読んだら自分がホットケーキを作っているような感覚になり、上手く作れるかな?とワクワクしたりホットケーキを
食べたくなったりすると思います。
コントラストがはっきりしている絵の方が生後6ヶ月の乳児はよく注目するらしいので本当に迷ったのですがプレゼントする前に
きょうのおやつはがたまたまテレビで紹介されたのを友人が見ていたようで喜んでもらえました。
私もこの本を知ったキッカケはテレビだったのでふしぎなにじよりも紹介されている率が高いのかなと思いました。
生後2ヶ月のお子さんには少し早いかなと思いましたがイラストが可愛く優しい雰囲気でいい歳の私でも自分用に購入したく
なってしまったので長く大切にしてもらえるのではないかと思いました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
アマゾンでランキングに入っていたし、レビューもよかったので試しに購入。
もうすぐ3歳の子供は1回よんであげましたが特に感動もなく、寝る前の読んでほしい本にはその後1度も選ばれず、本棚のすみに追いやられています。。。
親からすると、たしかにこのような鏡の仕掛けはものすごく新鮮ですが、子供からしたらそんなに新鮮というものでもないのかもしれません。
仕掛けではなく、その内容はといえば、「ホットケーキをつくって食卓に並べる。」ただそれだけの流れを書いた内容です。
ホットケーキを焼くときの「音の表現」などについては、もっと秀逸な作品がありますので、言葉の音を楽しみたい方にも特段おすすめしません。
また、鏡の絵本なので、本を開く角度に気をつけながら読んであげないと、絵がきれいに立体に見えない点もやや面倒です。
鏡という新しい見せ方は評価しますが、それだけといってしまえばそれだけでがっかりでした。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 南米小路尼存麻呂 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/5/19
形式: 単行本
この本は子供が図書館で入手してきました。

副題に「かがみのえほん」とあるように、一種の仕掛け絵本になっています。
普通の絵本のように左→右(或いは逆に右→左)と開くのではなく、縦に開いていきます。
上の方にくるページが鏡状になっており、そこに下のページを映りこませて、立体的に動きを楽しむような仕組みになっています。

全体の話の流れは「ホットケーキの作り方」になっています。既にこの分野では『しろくまちゃんのほっとけーき』という巨星があるわけですが(爆)
ただ、他の方のレビューにもありますが、せっかくの工夫の凝らされたイラストも、見る角度によって全然役に立ってません。個人的には本を90度に立て、やや上から見下ろすように見ると、うまくイラストを効果的に見られますが、子供に読ませる本(特に寝るまえのおやすみ用絵本)としては不適でしょうね。

小学生の我が家の子は効果が面白いのか何回も読んでいますが、話の内容自体は幼児向けだし、なかなか扱いが難しい一冊かと。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す